嚥下困難の高齢者はどうすればいいの?メカニズムは?予防は?

高齢者が嚥下困難になると食べものが気管に入り、出そうとする力が弱いため、そのまま気管にたまり、誤嚥性肺炎になるリスクが高くなります。嚥下障害を理解して、食事に気をつけることが大切です。

嚥下とは

私たちは、食べ物を見てから、口に入れて噛み砕いて唾液と一緒に飲み込み胃で消化します。その飲み込むまでの動作を摂食嚥下といいます。正常な人の嚥下は、食べ物を見て口の中で噛んで飲み込みやすくして、その後、のどから食道へと行く過程で気管に流れないように気道を閉鎖します。
ごっくんと飲み込むときに、のどに手を当てると、のどの突起部分が動くことがわかります。30秒間、食べ物を飲み込んで2回以上の見込めた人は正常で、飲み込みが2回以下の人は嚥下困難の可能性があります。

若い間はのどの筋肉が発達しているので、咀嚼した食べ物はのどから食道へと流れて食べている間むせることも少ないですが、加齢とともに、食事中むせることが多くなります。それは、咽頭には食べるときに器官へ行かないように弁のような働きをしていますが、それがしっかり閉じなくなり、次第に気管の方へ入るようになるからです。

 

嚥下困難とは

嚥下困難とは、水分や食べ物を食べても加齢や病気などで飲み込みが悪くなることを嚥下困難と言います。飲み込んでよくむせるようになったら要注意です。その時は、水分や食べたものが肺の方へ入っている可能性があるからです。

すると誤嚥が生じ、急性肺炎になる可能性があります。誤嚥が長期間生じると、慢性肺疾患になり、食事がとりにくいので栄養不足や体重が減少する可能性があります。それだけでなく嚥下艱難になると、様々な疾患が生じる可能性がでてくるので、気をつけたい点です。

加齢の他に嚥下困難がおきる原因としては、器質的原因、機能的原因、心理的原因があげられます。

嚥下困難の器質的原因

器質的原因には腫瘍や炎症などで飲み込むときに舌やのどが損傷している場合や食堂の収縮運動が減少して食道の中で食べ物が流れにくくなったアカラシアや食堂けいれんがあります。

嚥下困難の機能的原因

機能的原因では、嚥下機能は正常でもそれを動かす筋肉や神経に問題がある場合は、嚥下困難に陥ります。代表的な原因は加齢で筋肉が衰え、食道へ流れず気管へ流れてしまうのです。神経系や脳の疾患である脳卒中やパーキンソン病、ALS、多発性硬化症などの疾患のために嚥下困難がおきている場合もあります。

全身の筋肉の病気では、重症筋無力症、進行性筋ジストロフィー、皮膚筋炎などがあり、いずれも嚥下困難を引き起こします。薬の影響で嚥下困難になる場合もあります。

嚥下困難の心理的原因

心理的原因では鬱病などにより、食欲の低下や、のどの飲み込み機能が働きにくくなることがあります。

嚥下のメカニズム

摂食嚥下の過程は、先行期、口腔準備期、口腔期、咽頭期、食道期の5期にわけられます。

第1期 先行期

目の前にある食べものを認知して、見て、臭いで判断してどんな食べ物か認識します。

第2期 口腔準備期

食べ物を口の中でしっかりと咀嚼して、どんな味かを認識し、脳へ認識したことを伝達します。

第3期 口腔期

咀嚼した食べ物をのどの奥へと送り込む時期。舌をうまく使って前方から喉の方へと送り込み、咽頭へと押し込みます。

第4期 咽頭期

食べ物のかたまりを咽頭から食道へ送り込む時期です。咽頭から気管に入らないように防ぎながら、括約筋が弛緩して咽頭の食物のかたまりを食道の方向へ押し流します。

第5期 食道期

食道の括約筋を閉じて蠕動運動を行って食物のかたまりを食道から胃の方へ送り出します。

高齢者の嚥下障害

高齢者になると、食べ物を飲み込んで胃まで送り込む嚥下機能が低下して、食べ物がうまく呑み込めなくなる嚥下障害になりやすいです。すると、うまく飲み込めないので、低栄養になったり、脱水になったりします。のどから送り出す機能が弱いので、食べ物がのどにつまって窒息死することもあります。

嚥下障害を症状で見分ける

嚥下障害になると、次のような症状があらわれます。

①食事がうまく飲み込めなくなる

漬物や野菜や肉などの硬い食物は食べにくく、次第に食べなくなります。すると、柔らかいものばかりを好むので、次第に栄養が偏ってきます。そのうちに低栄養に陥り、脱水症状も現れることがあります。

②食事中によくむせる

うまく飲み込めずに嚥下困難に陥ると、咽頭期に食道へ入る食べものが気管に入ってしまいます。すると、気管に入った異物を出そうとしてむせます。特に、水分を飲むときに器官に入りやすく、むせやすいです。

むせて出せるときはいいですが、出せなくなると次第に異物である食物が気管にたまり誤嚥性肺炎になる可能性があります。

③体重が減ってくる

飲み込みにくいので、柔らかいものだけを選んで食べるようになり、低栄養状態に陥り、体重も減ってきます。時々体重を測ってチェックしましょう。

④食欲が低下している

食欲が低下して、以前ほど食べられなくなり、時間をかけて咀嚼しなければ飲み込むことができず、そのうちに食べることに疲れてしまい、食べることが嫌になり、食欲も低下します。たくさんのメニューを出されても食べきれなくなります。

⑤食事のあと声がかれてくる

食べ物を飲み込むと、声がかれ、たんがたまりやすくなります。ガラガラ声になることもあります。

⑥口の中にいつまでも食べ物がたまっている

飲み込みが悪いので、口の中にいつまでもたまっていて、もぐもぐしています。

⑦飲み薬を飲みたがらない

飲み薬が飲みこみにくく、出してしまうことが多くなります。飲み込みが悪くなると、大きい錠剤やカプセルが飲めなくなります。

⑧発熱を繰り返す

誤嚥性肺炎になると発熱し、その時は抗生物質でおさまっても、しばらくするとまた発熱することを繰り返します。

嚥下障害を予防するには

嚥下障害にならないように、毎日食べる前に嚥下体操をすることで嚥下障害にならないように予防することができます。

●嚥下体操のやり方

①腹式呼吸をする

手をお腹にあてて、口をすぼめてゆっくりと息を吐きだしてお腹が凹ませます。次にゆっくりと息を吸ってお腹をいっぱい膨らませます。それを数回繰り返します。

②呼吸しながら首をゆっくりと回す

右回りを1回、左回りを1回、左右に1回ずつゆっくりと首を曲げます。

③肩の運動

ぎゅっと肩をすくめてから、力をすとんと抜いて肩を下ろします。2~3回繰り返して、肩回りを両手で回します。

④上体を左右にゆらす

下半身を動かさないで上半身をゆっくり左右にたおします。

⑤頬をひっこめて膨らませる

頬をひっこめたり膨らませたりする

⑥舌の運動

口を大きく開いて舌を出したりひっこめたりし、左右にもそれぞれ数回ずつ動かします。

⑦声を出す練習

嚥下の動きや舌の動きが似ている「パパパ、ラララ、カカカ」とか「パラカ、パラカ、パラカ」と5~6回繰り返します。

⑧口をすぼめて息を強く吸って、のどに刺激を与える

⑨食事前に行う運動

額に手を当ててぎゅっと押し出し、おへそを覗き込むようにゆっくりと5~7向きます秒で下を向きます。

 

まとめ

嚥下困難だと飲み込みが悪く、食事をとる楽しみが減ってしまいます。そのため、嚥下障害になる前に嚥下体操を行い、嚥下障害を防ぎましょう。嚥下障害になったら、食事にとろみをつけるとか、刻み食やミキサー食など、食べやすいように工夫をすることで食欲低下を防ぎ、低栄養になることも防ぎます。かなり飲み込みが悪い場合は、歯科や耳鼻咽喉科の嚥下障害専門外来や摂食嚥下障害専門の病院で受診しリハビリテーションを受けるといいでしょう。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

日本摂食嚥下リハビリテーション学会について教えて!

嚥下(えんげ)障害ってどんな状態?メカニズムは?

咀嚼することの意味ってなに?影響、効果は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら