睡眠障害の症状について教えて!サインは?チェック項目は?

睡眠は、身体の疲労を回復して毎日の健康を保つために非常に大切です。日本では、成人の5人に1人は不眠の症状を訴えています。眠れないことが続くと、それは睡眠障害かもしれません。眠れない人は睡眠障害にかかっているかチェックしてみましょう。

 

睡眠障害の症状とは

睡眠障害とは、睡眠障害国際分類には睡眠障害とは不眠症、睡眠関連呼吸障害、過眠症、概日リズム睡眠障害、睡眠時随伴症、睡眠関連運動障害などに分類されます。

不眠症とは

不眠症は、眠りに入りにくい「入眠障害」、朝が早すぎる目覚めでその後眠れない「早期覚醒」、熟睡できていない「熟眠覚醒」があり、ぐっすりと夜に眠れない障害があります。不眠症になると、夜は覚醒するけれど昼間に眠いということが続きます。

人間は交感神経と副交感神経が働いて、交感神経が優位だと目が覚めて活動的になり、副交感神経が優位だとリラックスして眠くなります。入眠するときにスマホの光をみたり、暑いお風呂に入ったり、脳に刺激を与えることをすると、交感神経が活発になり眠くなくなります。不眠症は睡眠障害の中で最も多い障害です。

睡眠関連呼吸障害

睡眠関連呼吸障害とは、睡眠中に呼吸停止と再開を繰り返す状態が続き、年齢を重ねるとともに重症化します。特に、高齢者の場合、日中に眠くなるとか睡眠中にイビキをかくことがあり、不眠になったり、夜間に何度も起きてトイレに行ったり、認知機能が低下したり、心不全などの症状があらわれます。

過眠症

過眠症とは、夜はしっかり寝ているにも関わらず、日中に強い睡魔に襲われて社会生活や学校生活に支障が出る症状がでます。過眠症には、睡眠時無呼吸症候群や中枢性の過眠症など色々な原因があります。

思春期前後に多く現れるのがナルコレプシーです。それは睡眠覚醒の調整をするオレキシンの分泌に障害があるとなりやすいとされています。ナルコレプシーの症状には睡眠後すぐにレム睡眠になり、驚いたり笑ったりなど興奮すると両ひざが抜けてろれつが回りにくくなります。

眠気を感じるときに記憶や意識がなくなる、入眠時の金縛りがある、大きな音が聞こえるなどを感じることがあります。また、夜は夢をよく見て途中でよく目が覚めるという特徴もあります。

概日リズム睡眠障害

一時的に時差ボケや交代制勤務だと、睡眠覚醒障害や疲労感などがおきることがありますが、概日リズム障害の人は、いつも昼夜逆転などの正常なリズムとは違う体内時計で動いています。一般の時間帯より遅く寝て遅く起きるパターンは睡眠相後退症候群で、一般の時間帯より早く寝て早く起きるパターンは睡眠相前進症候群、次第に入眠や覚醒時間が遅れて、24時間以上のサイクルで毎日を送ることを非24時間睡眠覚醒症候群と言います。

睡眠時随伴症

睡眠時游行症は、小児や青年に多く表れる症状でノンレム睡眠からの覚醒時に起こり、突然起きて30分ほどウロウロしたり、繰り返しぼそぼそとつぶやいたりしますが、おきた時に記憶がありません。夜間驚愕症は、小児に多く起こり、夜間突然大声で叫ぶ、手足を振り回すといった症状があり、睡眠時夜行症になる場合もあります。

また、レム睡眠行動障害は、言葉を話すとかパンチやキックなどをするなどがあり、目が覚めた時に夢をおぼえています。

睡眠関連運動障害

症状は、足のムズムズする、けいれんがおこる、歯ぎしりをするなどの行為が見られます。特に下肢の異常感覚により眠れない障害です。ムズムズ、ズキズキなど人によって現れる障害は様々です。

 

 

睡眠障害の症状のサイン

厚生労働省のHPには睡眠障害によってあらわれる症状のサインには、不眠症状、日中の過剰な眠気の症状、睡眠時に異常行動や異常知覚・運動がおきる、睡眠や覚醒リズムに問題がある場合があげられています。

自覚できる症状のサイン

睡眠障害になると、次のようなサインがみられます。

●不眠症状

寝つきが悪い
朝早く覚醒する
途中で目が覚めると眠れなくなる
熟睡できない

●過眠

日中でも眠くて仕方がない
学校や職場で居眠りを注意される

●寝ているときの異常感覚症状

足がむずむずして眠れない
足が火照る
足をじっとできず眠れない
脚が夕方以降に異常感覚が強くなる

人から指摘される症状のサイン

●いびきや無呼吸になる

就寝中にいびきをかく
呼吸がとまることがある
いびきをかいていて、息がつまってしゃくりあげるように途切れる

●睡眠中に異常行動がある

寝言を言う
睡眠中に大声や叫び声をあげる
寝ぼけた行動をとる(本人は覚えていない)

●睡眠中の異常運動

入眠時や寝ている最中に脚がぴくぴくと動いている

睡眠障害の症状のチェック項目

睡眠中に睡眠障害をしめす症状があったときは、睡眠の質や量、覚醒リズムなどをチェックします。

●不眠症状がある場合のチェック項目

精神的な病はないか
身体疾患は(痛みなどを伴う)はないか
服用薬の中で、睡眠障害の副作用がある薬はないか
不眠症ではないか

●過眠のときのチェック項目

睡眠不足や睡眠の質の低下を引き起こす病気はないか
過眠症になっていないか

●就寝時におきる脚の異常感覚があるときのチェック項目

ムズムズ脚症候群ではないかチェック

●睡眠や覚醒リズムの問題のときのチェック項目

睡眠、覚醒リズムを毎日日誌につける
概日リズム障害がないか調べる

●イビキや無呼吸がある場合のチェック項目

服用薬を調べる
飲酒をしていないか
体重を調べる
睡眠時無呼吸症候群ではないか

●睡眠中の異常行動がある場合のチェック項目

起こして覚醒するかチェックする
夢と行動との関連性を調べる
睡眠時随伴症を調べる

●睡眠中の異常運動がある場合のチェック項目

睡眠時にどのような運動をしているか見てチェックする
周期性四肢運動障害について調べる

 

睡眠障害の症状の注意点

睡眠時の様々な症状から睡眠障害が疑われる可能性があります。睡眠障害は、原因によって治療法が異なるので原因に応じた治療を行います。生活環境や食べ物が睡眠に影響を与えている可能性もあるので、注意する点について述べていきます。

睡眠障害の治療

●不眠症

睡眠薬での治療や、原因により抗うつ薬や抗不安薬、抗精神薬も処方されることがあります。睡眠薬服用時は、飲酒をすることは厳禁です。

●睡眠時無呼吸症候群

症状により治療が異なり、経鼻的持続陽圧呼吸療法や口腔内装置が使って治療が行われます。飲酒をしたり、睡眠薬を服用したりすることはかえって症状を悪化させる恐れがあります。肥満の人はダイエットが勧められています。

●過眠症

夜の睡眠を十分にとることと、規則的な生活を送り、昼休みに短時間の睡眠をとります。専門医による診察や検査結果によっては眠気に対して中枢神経系を刺激する薬が用いられることがあります。

●ムズムズ症候群や周期性四肢運動障害

専門医の診察の下に、抗パーキンソン薬や抗てんかん薬が使われます。

●睡眠時随伴症

危険な物を置かないことで睡眠中の行動によるケガなどを防げます。ストレスからきていることがあるので、リラックスタイムをつくります。薬物療法では、睡眠薬、抗うつ薬、抗てんかん薬、抗パーキンソン病薬が使われます。

●概日リズム運動障害

起きたら、カーテンを開けて朝日をしっかりと浴びます。そして、休日でも同じ時刻に起床して、リズムを整えます。夜は、ぬるめの入浴でリラックスしたり、カモミールティ―などで精神を静めリラックスタイムをつくったりして、夜寝て朝起きるといった通常のリズムに戻します。

生活環境や生活習慣で注意する点

静かな環境をつくる、寝る前にはスマホやテレビ、読書を避ける、部屋を暗くするなどで生活環境を眠れる環境にします。眠れなくてもあまり気にしないで、朝起きる時刻は同じ時刻に起床します。

夜眠れないときは、昼に15分以内の昼寝をすると、頭がすっきりとします。それ以上眠ると、夜が眠れなくなります。また昼寝は夕方にすると、夜が眠れなくなる可能性があるので避けます。寝る前にコーヒーやお茶を飲んだり、喫煙や飲酒をしたりすると眠れなくなることがあります。睡眠前は水やカフェインが入っていない飲み物を飲むようにしましょう。

 

まとめ

夜に熟睡できないと、日中に眠くなることや健康への影響がでます。睡眠障害には様々症状がありますが、時には睡眠時無呼吸症候群のように息が止まり命の危険性がある病気もあります。睡眠障害と診断されたときは、症状や疾患にあった正しい治療を受ける必要があります。上記のような症状がある場合は、一度専門医の診察を受けましょう。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

睡眠障害での病院はどう探したらいいの?診療科は?探し方のポイントは?

睡眠障害の診断はどこでしたらいいの?受ける前にすることは?

睡眠障害にはどう対処したら良いの?原因は?注意点は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら