aedについて詳しく教えて!仕組みは?使用方法は?

aedは、公共施設や百貨店、駅や空港、プールや学校など、色々な場所で見られるようになってきました。aedとは、急に倒れたり、事故にあったりして心肺停止の人を救命する装置です。以前は、医師しか使用できませんでしたが、次第に技術が進み、2004年以降は一般市民も利用できるようになりました。

 

aedとは

aedとは、心臓の働きを元に戻す役割をしている機械です。心臓はポンプのように血液を送り出す役割をしていますが、心室がけいれんで震えて、うまく血液を送り出せない状態の心室細動のときに、一時的に電気ショックを与えることで、心臓の働きを止めます。その後、すぐに胸骨圧迫をすることで心臓のポンプ機能を元に戻します。

aedにより命が助かる確率は、1分ごとに7~10%低下するといわれています。5分経つと50%ほどしか助からなくなります。そのため救急車(平均して8.5分)が到着した際には、致死率がかなり下がってしまいます。一般市民が早急に心肺蘇生を行うことで救命率かなり上がります。

しかし、まだaedが周知されておらず、使い方がわからず手が出せない人が多いのことが現実です。それだけでなく、救命措置を施すのはaedだけでなく、胸骨圧迫(人工呼吸をする場合もある)と一緒に行わなくてはいけないので、講習を受けていないとどうしたらいいかわからないでしょう。

aedの正式名称は

aedは、Automated(自動) Externa(体外式)l Defibrillator(除細動器)の略で、正式名称は自動体外除細動器(じどうたいがいじょさいどうき)と言います。aedは、成人には150ジュール、小児には50ジュールの固定電流が流れるように作られています。

日本では、全自動化されたaedは承認されておらず、半自動除細動器あるいは非医療従事者向け除細動器の製品が使われています。救急車が来るまで平均8.5分かかるため、その時に救命しても救命率は20%に下がります。そのため、一般市民が救命することで、助からない命を助けることができます。

心臓には、弱い電流が流れていて、ポンプのように血液を一定のリズムで送り出しています。しかし、心臓の病気の人や急激に心臓に負荷をかけることで不整脈になることがあります。また、心室細動に陥ると、けいれんして電流がうまく流れず、心臓が震えて、ポンプ機能を果たさなくなります。そのままの状態で放っておくと生命の危険にさらされます。

その時の心電図は小刻みに上下した波形になります。心室細動を助けるには、aedを利用して、除細動をして、その後胸骨圧迫で正常な心臓のリズムに戻すしか、助かる方法はないとされています。すばやい対応が求められるので、医療従事者でない人にもaedの利用も認められました。それ以降、一般市民による救命が行われ、一命をとりとめた人も数多くいます。

 

aedの仕組み

aedは、いろいろな施設、駅、空港、デパート、プールなどに設置してあり、aedと書かれています。aedは、本体、電極パッド1組、説明書(DVD、レスキューセットなどがついている場合もある)がケースに入れてあり、ふたを開けると、電源が自動的に入る機器、電源を自分で入れる機器などメーカーによって違います。

電極パッド(除細動パッド)を胸に貼って、電源を入れると、aedが自動的に心電図を解析します。そして、機器が心電図から電気ショックを与える必要があるかどうかを判断し、電気ショックが必要ならメッセージで「ショックが必要です」と伝え、必要なければ「ショックは必要ありません」というメッセージが流れます。

機器には二酸化マンガンバッテリーを搭載し、電気ショックが必要な場合は、ショックボタンを押すと自動的に充電します。そして、電気が流れて電気ショックをおきるような仕組みです。必要ないときは電気が入りません。電気ショックを与えた後は、心臓が停止した状態なので、すぐに胸骨圧迫をするように音声で促します。

 

aedの使用方法

倒れた人や事故にあってぐったりしている人がいたら、手順に沿って救命措置を行います。aedは心肺停止の人に行い、胸骨圧迫と一連の流れで行います。

aedの使用手順

救命措置の流れは、次の手順で行います。

①傷病者に声をかけ、反応を確認する

傷病者に「大丈夫ですか」「声は聞こえますか」と耳元で大きな声で声をかけます。反応があれば、応急処置を行います。必要があれば、救急車を呼びます。反応がなければ、次の手順に移ります。

②大声で、119番への通報とaedを持ってくるよう要請する

反応がなければ、すぐに救命措置をするために大声で誰かを呼び「119番に通報してください」とお願いし、違う人にaedを持ってきてもらうようにお願いします。誰もいないなら自分でk119番通報をします。

③気道を確保する

呼吸がしやすいように、片手の平を額にあてて、人差指と中指で顎を引き上げ、のどを広げるように額を押して頭をのけぞらせます。

④鼻で呼吸があるか、胸が上下に動いているかなど10秒ほど観察する

そして、全く胸が上下に動かず、息をしている様子がないときやしゃくりあげるような途切れながらの呼吸をしているときは、救命措置を取ります。

⑤人工呼吸をする

人工呼吸で、気道を確保した状態で傷病者の花をつまみながらマウストウ―マウスで口を覆って、1回、息を1秒間吹き込みます。傷病者の胸が持ち上がると、再度、人工呼吸を行います。人工呼吸用マスクがあると、人工呼吸に役に立ちます。

⑥胸骨圧迫をする

胸骨圧迫は、胸の真ん中を両手を重ねて、1分間に100回のテンポで30回、自分の体をのせるように5cmほどの深さまで、ぎゅっぎゅっと強く早く押します。必ず、胸に対して垂直に押します。

⑦胸骨圧迫と人工呼吸をaedや救急車が来るまで繰り返し行う

胸骨圧迫30回と人工呼吸2回を繰り返し行い、心肺蘇生を行います。体力を使うので、他の人に途中で交代して2人で行う方が最後まで続けられます。高齢や女性だと胸骨圧迫で骨折する場合がありますが、心肺蘇生の方が大切なので、胸骨圧迫を続けます。

⑧aedで電気ショックを与える

aedが届いたら、傷病者の横でカバーを開けます。カバーから本体を取り出し、aedのふたを開けて電源ボタンを押します。オムロンのaedのように、ふたを開けると自動的に電源が入る機器もあります。

電極パッドを心臓を挟むように、胸上と脇下に貼り付けます。このとき、肌が濡れていたら、タオルで拭きます。女性の場合は、ブラジャーはつけたまま、その部分以外に貼り付けます。アクセサリーはスパークする恐れがあるので、外すかハサミでカットします。衣類も前開きでないなら、脇から下をカットして、肌にぴったりと貼り付くように電極パッドを貼り付けます。小児にル買う場合は、必ず小児用の電極パッドを使います。

電極パッドを貼ると、「体に触れないでください」といった音声が流れるので、操作する人以外は離れます。その後、aedが自動的に心電図を解析します。心電図の解析が終ると、電気ショックが必要なら「ショックが必要です」という音声が流れて、「ショックボタンを押してください」と流れると、自動的に充電します。

人が近くにいないことを確認してショックボタンを押します。すると、電気ショックが与えられるので、体がびくっとします。

⑨胸骨圧迫をすぐに行う

電気ショックが行われると、音声で胸骨圧迫するように促すのですぐに胸骨圧迫を初めて、最初にしたように、胸骨圧迫30回、人工呼吸2回を5サイクル行います。その後、aedで電気ショックをする。そのサイクルを繰り返し救急車が到着するまで行います。

途中で、声がでるとか、指や足が動いて呼吸をしだしたら、心肺蘇生を中止し、救急車の到着を待ちます。電極パッドははがさず付けたまま、電源をいれておきます。

⑩救急車が到着

救急隊に、その人の症状や電気ショックの症状、行った心肺蘇生法の回数などを伝えます。

aedは購入とレンタルどちらが良い?

aedは、購入とレンタルする方法があります。購入は20万円~40万円していて、相場は30万円ほどです。購入すると、あとは、支払いはありませんが、故障した場合やバッテリー、電極パッドは再度購入しなくてはなりません。

レンタルの場合は、毎月5千円~6千5百円ほどで、必要がなくなれば、返すこともできます。レンタルの場合は、保証金がとられる可能性があり、長くレンタルすると、購入するよりかなり高くなります。

レンタルのメリットは、故障したときは新しい機器と交換してもらえることやメンテナンスがあることです。また、最新の機器を手に入れられます。電極パッドやバッテリーは定期的に交換するので、いつでも使える状態で安心です。

購入の際は、古くなるとメンテナンスは自分でしなければならず、電極パッドやバッテリーは新しく購入しなくてはなりません。古くなった機器は自分で処分が必要ですが、レンタルはレンタル会社が処分します。

レンタルは毎月費用がかかるので、長く使うと購入した場合より価格が高くなる可能性があります。ただ、購入した場合は、最初の購入費用に加えて、消耗品費用や維持費用がかかります。消耗品の購入とメンテナンスを考えると、レンタルの方が良い場合もあります。使用状況に応じて、購入するかレンタルするかを考えて利用するといいでしょう。

 

まとめ

aedは、傷病者の命を助けるために必要な機器です。特に心室細動の人にはaedでないと救命できないといわれています。心肺蘇生の講習会に参加して、心肺蘇生法を修得しておくと、いざというときに使うことができます。心肺停止のときは1分1秒を争うので、一般市民がaedのある場所や使い方を周知しておくことが必要です。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

aedの価格について調べてた!リースでは?

aedの使い方を教えて!手順は?注意点は?

介護食レシピを考えるのは大変!介護食レシピの13選ご紹介

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら