臨床検査技師の求人はどう探せばいいの?選ぶポイントは?

皆さんは臨床検査技師という職種はご存知ないと思います。病院で診察の際に担当医の診断に役立てるように精度の高い検査のデータ化を行うのが臨床検査技師の仕事です。最近では検査内容が高度化してきたため検査を専門に行う「臨床検査技師」という仕事が生まれました。これから臨床検査技師の求人状況などを中心に紹介させて頂きます。

 

臨床検査技師の求人とは

まず臨床検査技師とはどのようにしたらなれるか又活躍の場はどこか等について紹介致します。高齢社会を迎えた現代、医療需要が高まり病気の予防・早期発見の必要性が高くなってきた社会環境の中で健康診断や人間ドッグ等代表的な予防措置として臨床検査技師により行われています。又臨床検査技師の国家試験合格後の就職先は以前に比べては徐々に増えてきてはいます。臨床検査技師の就職先として代表的な所は、検査部門を持っている大きめの病院や、街なかの医院やクリニックから集められた血液などを検査する専門の検査センターです。また、大規模な病院であっても対応できない検査を専門的に扱う検査機関も、就職先として考えられます。そのほか、健康診断センターや治験コーディネーターで、臨床検査技師としての仕事をするケースも多いようです。また、割合としては少ないですが、臨床検査が必要となる医療系の分析器製造メーカーであったり、新薬を開発する製薬メーカーで働いている臨床検査技師もいます。このような背景から、臨床検査技師は医療現場に欠かすことのできない重要な存在といえます。

最近では超音波検査や遺伝子検査なども加わり、医療スタッフの一員として重要な役割
を担っています。そんな検査のスペシャリストの臨床検査技師になるには次のような過程をこなさなければいけません。

臨床検査技師になるには

臨床検査技師を目指す最も一般的な方法は、高校卒業後、大学や専門学校などの養成施設で臨床検査技師に必要とされる知識と技術を4年間(専門学校は3年間)学び、国家試験を受験して合格することです。受験者はここ数年、4,000人以上の安定した人気を誇り、合格率も80%前後。合格者は毎年3,000人ほどになりその8割が女性です。

■資格取得ルート

 

 

臨床検査技師の求人を探すには?

臨床検査技師の活躍の場は現在はまだ就職先としては狭き門ではありません。様残な求人情報誌でも臨床検査技師として求人件数もありますが、その内容に注意してみてください。臨床検査技師の専門職を生かした仕事内容より医療スタッフとして色々な担当をこなす様な内容と共にこれからの臨床検査技師を取り巻く環境としては決して明るい物ではないようです、それは皮肉な事に時代が進むにつれて医療機器も進歩し続けており、最近は人の手を介さずとも検査が可能になっている一面もあります。こうした事実は、臨床検査技師にとっては厳しいものだといわざるを得ないことです。「無人での検査」が可能になってくるために臨床検査技師が必要ではなくなる事もあり得ると予想されて又医療分野は経営という観点からみると決して好調とは言えず国の社会保障費の莫大な赤字の影響で医療、介護とも報酬が上がらずむしろ下降傾向にあるように思えます。このような医療分野の先行きの不透明な面があるために臨床検査技師として活躍の場が減少してくることが懸念されています。

■求人情報誌ハローワーク

これからの臨床検査技師の活躍の場

「チーム医療」の考え方が進むなか、臨床検査技師は専門的な「検査」の知識や技術を持つ存在として、医療現場で重要視されています。
しかしながら、現代では検査機器が飛躍的に発達していることから、臨床検査技師の置かれている状況は厳しくなりつつあります。これまでは人手に頼って行っていた検査も自動化され、臨床検査技師そのものの需要も少なくなりつつあります。
また、元臨床検査技師で子育てが落ち着いた女性が経験者採用としてパート採用されるケースや、アルバイトなど非正規での雇用も目立っています。
したがって、近頃では臨床検査技師としての業務を行う職場からは少し離れて、製薬メーカーや医療機器メーカーなどの一般企業に就職して働こうとする人も見受けられます。

■新たな職種への転換

前の頁のハローワークの求人を見ても給与の正社員に対して非正規社員又はパートの時給制での採用が増えてきている事は現実として見逃せない事です。このような先行き不透明な所から少し方向を変えて自分の資格が生かせる職場への転換を行う為にもう一度勉強して「細胞検査士」や「診療放射線技師」といった関連の資格を取得して自分を売り込むようにする探し方もあるのではないでしょうか。

臨床検査技師の求人で選ぶポイント

前の項目で臨床検査技師の現状の求人に関しての厳しい状況について紹介してきました。臨床検査技師の専門的知識より性能が格段に上がった検査機器に人力では太刀打ちできないような医療、検査の現場に発展していき、人に代わって機器が主力になってくることは何も臨床検査技師の事だけではありません様々な分野で人に代わってロボット等高度な機器が人に代わり様々な分野で採用されています。しかし医療や介護の世界は人の手が必要な場面もあります。何故なら相手が何らかの病に侵されて治療に来ている患者で様々な検査を受ける時の患者は不安の状態にありその状態を緩和して検査に臨んでもらうように不安や疑問に暖かい気持ちでアドバイス出来るのは機械ではできません臨床検査技師として就活して職場を選ぶポイントとしてもその病院や企業が機械的に患者を処理していく体質かあるいは人の経験や人望を重視した体質かによってその職場の価値が決まるような気がします。

臨床検査技師異業種へ進出

臨床検査技師は通常の活躍の場として病院、血液センター、検査施設等が従来から一般的な職場として考えられてきました。しかし前の項目で取り上げましたように今までの職場は先行臨床検査技師として力を発揮できるような環境ではなくなるかもしれません。そんな不安な場所から周りを見渡してみるとそこにあるのが「ペット市場」
です。ペット市場は右肩上がりで成長し続けて今では2兆円規模の市場を持っています。その中で動物病院では人間同様もしくは以上な健康管理を行う為に臨床検査技師等の専門職が大幅な需要に対して結果が出ていない状態です。これから臨床検査技師等の知識、技術を売り込むには「ペット市場」も求人選びのポイントの一つでは!!

臨床検査技師の求人を探せるサイト

臨床検査技師の求人サイトは小さなものから大規模なものまであります。それら全てを紹介する事は物理的に困難な為にここでは色々な口コミや体験談を基にしたサイトを紹介させて頂きます。

 運営会社  サイト名    特色
株式会社i doctori Doctor臨床検査技師本社:東京 医療・医学

介護専門求人誌、臨床検査技師求人数720件

株式会社エス・エム・エスキャリア

 

検査技師人材バンク本社:東京 介護、医療専門人材派遣と求人サイトの運営
コメデイカル ドッド コム臨床検査技師求人/転職サイト医療、介護分野で国内最大規模の転職サイト
㈱ SEプラス臨床検査技師JOB医療系に特化した人事紹介事業と関連サイトの運営

 

上記に紹介致しました臨床検査技師の求人サイトですここで紹介したサイトについては運営会社も明確で口コミなどもあまり悪いものはありませんでした。皆さんがネットからの求人を探して申し込む際に注意すべき点としてサイトを選んで申し込む場合は運営会社迄調べてからスタートするように注意して特に会員登録を申し出されたら個人情報の流失の原因にもなりますのでセキュリテイには十分に気を付けましょう。

 

まとめ

今まであまり馴染みのなかった臨床検査技師という仕事について少しは分かっていただけたでしょうか?

これぞ技術を専門知識の合体とも言える職業です。しかしその専門職も日本の職人同様に機械化の波におされていく事が懸念されます。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

臨床検査技師の就職はどんなのがあるの?就職場所は?探し方は?

臨床検査技師の給料ってどうなの?年齢、性別で違いはあるの?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら