社会福祉士の求人はどう探せばいいの?探せるサイトは?

介護三大国家試験と呼ばれる「介護福祉士」「精神保健福祉士」そして「社会福祉士」があります。中でも社会福祉士は「歩く福祉六法」と言われる程介護、福祉分野の専門知識を有

し、多方面で活躍の場があり求人も多く社会福祉士への転職者も増加傾向にあります。需要の高い社会福祉士の求人状況について紹介させていただきます。

 

社会福祉士の求人とは

社会福祉士の豊富な専門知識による相談支援業務は多方面で活躍が期待されています。その裏付けとなるような活躍の場が次のような様々な職域からの需要があります。

■社会福祉士の活躍の場

① 老人ホームや児童福祉施設
② 知的障碍者施設等の社会福祉施設
③ 福祉サービスを行う民間企業

■介護の場

① 高齢者福祉施設
② ケアハウス、
③ 短期入所型施設
④ 地域包括支援センター

等への入所希望者に対してのアドバイスや相談などを行います。社会福祉士はどこの職場でも利用者と信頼関係を築き適切なアドバイスと助言を行う役割を担っています。

社会福祉士の現状

現在社会福祉士の活躍の場としては上記の福祉、介護以外でも医療分野のおいても期待される職種になっています。現在福祉士の国家試験に挑戦して合格したのちに福祉の世界へ転職される会社員も増えています。その状況は次の国家試験の合格者をみてもわかります。

社会福祉士国家試験状況

近年社会福祉士が1万人を超えるペースで誕生しています。合格者の年齢別を見ると30歳代~50歳代の男女で60%以上と転職しいて社会福祉士を目指す人が多くなっている事が分かります。

社会福祉士の求人状況

これからの日本は正に高齢化社会の頂点に達してくる勢いの時を迎えます。それは2025年問題といういわゆる団塊の世代が全員75歳を超え、国民の5人1人が75歳以上、3人1人が65歳以上という超高齢化社会に突入していくと予想されています。問題はこのような高齢者の増加に対して高齢者福祉に係る人材が現在以上に大量に不足してくる事です。社会福祉士の需要も例外ではなく、求人数、採用数とも今後さらに増えてくると予想されます。
とくに社会福祉士は、福祉関連資格のなかで最上位とされる国家資格のひとつです。
福祉の専門知識を有するプロフェッショナルとしての活躍が期待されます。

 

syakaihukushishi

 

社会福祉士の求人を探すには

現在の求人の状態では新卒採用では社会福祉士としての募集よりも、介護職としてひとくくりされた求人募集が圧倒的に多い傾向にあります。
介護職の採用は一年を通して膨大な求人数を維持しており、まさに売り手市場です。しかし、できるならば社会福祉士として採用され、社会福祉士としての専門的な仕事がしたいという場合には、新規に開設される施設がねらい目です。新設施設では、オープニングスタッフとして社会福祉士と資格を限定し、ケースワーカーを募集することも多くあります。

現在多くの求人誌が発刊されておりその中でカテゴリー別に新規オープン等の施設の募集は見逃せない項目です。更に社会福祉士専用求人欄も多くありこまめに求人情報をチェックしてみると選ぶのに困るくらいの情報が現在は得ることが出来るようです。
また、公務員として就職を志望する場合は、「一般行政職」区分で採用されるケースと、「福祉職」区分や「児童福祉司」「ケースワーカー」など職種を限定して募集を出す自治体に分かれます。

福祉関連の区分を受験したほうが、目指す仕事に就きやすいといえます。就職活動では、各地方自治体の採用試験状況をよくリサーチしておく必要があるでしょう。

福祉職の採用人数は少なく、1人、多くても2人までといったように狭き門になることも多いため、早めから受験地域を絞り、試験対策を始めることをおすすめします。
更にハローワークは情報としては見逃しやすくなっていましたが今ではネットでの検索も容易で情報量もかなり満足いくような物が揃っているようです。
社会福祉士一般的には「生活相談員」や「ソーシャルワーカー」として親しまれています。その名称が介護・福祉の現場に浸透していっているように現場での需要は現在もこれからも高まって来る事が予想されています。但し売りて市場だからと言って選択にを間違わないようにしてください。自分の目的(公務員、一般企業)をしっかり定めて選択するようにしないと後悔する結果にもなる事もあります。

■ネット検索の求人情報

net-kensaku

■ハローワーク情報

harowork

Google.com

社会福祉士の求人を探せるサイト

現代社会はネット検索で買い物、調べ物等殆ど生活に必要な物がネットより手に入るようになっている事は確かな事ではないでしょうか。ネットによる利便性は果てしないものさえ感じる時があります。勿論求人もその一つです、ひと昔のようにハローワークに足を運び膨大な求人情報から時間をかけ選ぶ必要もなく自宅で自分の欲しい情報別にクリックすると情報は入手でき応募も同時にできるようになっています。しかしその利便性の陰には注意すべきことを忘れていけません。

特に求人情報等は多種多様掲載されています。中には信憑性のない情報もありますのでそのような情報に惑わされないようにする事が大切になります。その為には現在総務省などによるセキュリティー対策についての方法などがありますのでネット初心者の方は特に情報集めを行う際にはセキュリティー対策を行ってから専用サイト等を利用されることをお勧めします。

社会福祉士求人サイト

サイト名     会社概要    特徴
GUPPY2000年5月に日本初の医療・介護に特化した転職サイトとしてスタートしました。

本社:東京

現在15万件の求人情報をけ掲載するとともにハローワークの最新求人情報も掲載しています。
アクター㈱医療・介護に特化した人材をインターネットを主軸にして人材サービスを行っています。本社:東京医療・介護分野においては情報量も豊富で採用実績も高くなっています。
コメデイカルドットコム2014年に医療介護の転職市場の再構築をも目的に創業されました

本社:東京

医療・介護分野で国内最大規模転職サイトです。全国で7000社、25,000件以上の求人情求人情報を掲載

 

代表的なサイトを紹介しましたが、ほかにも求人のサイトは社会福祉士に限らずあらゆるジャンヌの検索サイトがあります。その時にどの情報が正しいかの判断は難し事だ思われます。

決して簡単に登録やパスワードの入力は容易にしない事が最も注意すべき点です。簡単と安心、信用はイコールではないことをネットで情報を入手の際には十分に理解しておきましょう。

counselor

 

まとめ

社会福祉士の求人について紹介してきましたが、国家試験に挑戦してみようと思われましたか?社会福祉士に限らず介護、福祉関連の資格はこれからの社会環境では需要は益々高くななり求人には困る事はないように思われますが、働く場が介護、福祉という点をよく理解されてからこの世界への転職に踏み切る事が重要な点だと思います。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

生活相談員の求人ってどんなのがあるの?求人サイトはどんなのがあるの?

社会福祉士と精神保健福祉士の違いについて教えて!

社会福祉士の大学って?国公立?大学を選ぶポイントは?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら