保健師の仕事ってどんなの?やりがいは?

保健師という職業は多方面で人の病気の早期発見をすることや将来的に病気になるであろうと思われる人へ、適切な食事や生活指導を行うことができ、その人が病気になるのを防ぐことが、保健師の重要な仕事のひとつです。これから保健師として活躍できる迄の道のりを紹介させて頂きます。

 

保健師の仕事とは

皆さんも保健師が具体的にどんな仕事をしているのかご存じないと思いますので、まずは仕事の内容に入る前に保健師はどうしたらなれるかについて簡単に紹介させていただきます。

保健師になるには

保健師になるには、医師や看護師同様に最終的には国家試験の難関を突破しないと保健師にはなれません保健師デビューするまでの流れは次のようになります

対象者

①看護師の専門学校又は短大(3年)
②4年生大学看護学科
4年生専門学校

必須資格と流れ

看護師免許取得
国家試験
絶対必須

看護師合格

看護資格取得のうえで約1年以上文部大臣指定のが学校で保健師の履修が必要

保健師免許取得
国家試験合格

このように保健師は2つの国家試験に合格でした人が保健師として多方面にて活躍することができます。ちなみに看護師と保健師の最近の合格率は次の通りです。

kangoshi

両方の国家試験ともに合格率は他の国家試験と比べても高いようです。保健師になる為にどの様にしたらなれるのかわかって頂いたことだと思いますので次は保健師の仕事について紹介させて頂きます。

保健師の仕事

保健師の仕事のキーポイントは「予防」です。人々が病気になるのを予防し、心身ともに健康な状態で生活ができるよう手助けする仕事です。「医師」や「看護師」がおもに病気やケガの治療を行うのに対し、保健師は、それらの予防や健康増進をすることを役目としています。保健師が対象とする相手は、乳児から高齢者までと幅広い世代となっています。これらの人たちに対して健康診断による疾病の早期発見をすること、そして、このままでは将来的に病気になるであろうと思われる「予備軍」を発見し、適切な食事や生活指導を行うことで、その人が病気になるのを防ぐことが、保健師の重要な仕事のひとつです

industrial-public-health-nurse

 

保健師の仕事の内容

保健師の仕事のキーポイントは前の頁で説明させて頂きましたように病気になることを未然に防ぐ事が仕事になります。その活躍の場所や仕事内容は様々あり大きく分けて自治体で地域住民の健康維持、増進活動を行う「行政保健師」児童・生徒及教職員の健康管理を行う「学校保健師」や企業に雇用されて従業員の健康管理を行う「産業保健師」のの3つに分けられます。それでは3つのの違う環境での保健師の仕事を見てみましょう。

■行政保健師

地域の保健所や市役所において、公務員として働きます。保健師のほとんどがここでの勤務となります。その地域の住民の健康を守る役割を持ち、乳児から老人まで幅広く対応することが求められ

ます。育児の相談を受けたり、個別に自宅療養している人を訪問したりと、仕事内容は多岐にわたります。

■学校保健師

学校に勤務し、生徒と職員の健康を管理します。いわゆる「保健室の先生(養護教諭)」と似た役割となりますが、養護教諭は教員免許が必要であり、保健師とは異なる職業です。

■産業保健師

業務医や人事労務の担当者と連携し、その企業の従業員の健康を管理します。現代社会ではうつ病などを予防するため、各企業でメンタルヘルス対策が重要視されています。身体だけなく、心の健康を予防することも保健師の大事な役割です。

■その他

保健師は「看護師免許」を有することが義務付けられているため、看護師と保健師の資格を生かして病院勤務をすることも可能です。
また、近年は介護ニーズの高まりとともに、介護施設でも保健師の活躍の機会が多くなっています

保健師の仕事のやりがい

ここまでで保健師という仕事の内容や活躍の場について分かってもらえましたか?国家試験を2つも受験して将来に期待できるか又仕事としてやりがいのある職種か等と思われている方へその不安な気持ちは直ちに捨ててもいいと思います。何故なら介護、福祉等に活躍の場を目標として国家試験の「社会福祉士」「介護福祉士」等と比べて看護師・保健師2つの国家試験保有者という事は比較にならない社会の評価があります。具体的には次のような評価と共にやりがいも感じる事です。
保健師の一番のやりがいは「人々の病気や悩み聞き予防を行うことで健康な日常生活をおくる為のサポートができる」事です。保健所で働く保健師なら地域住民、学校で働く保健師は児童や教職員、企業では従業員の健康管理を行う事で従業員が病気にならない健康な体を維持することは企業への大きな利益貢献につながるようになります。

保健師がやりがいと感じる時

保健師の活躍できる場所は行政、学校、企業と場所は違っても仕事としてやることは「人の病気を防止する為に専門知識をもって取り組み成果につなげていく事」が最大の目的で健康相談や指導を通じて地域住民、従業員,職員が健康管理の意識が高まったと感じた時が最もやりがいを感じる時です。現在高齢者の独居住まい等核家族化している家庭環境で一人で生活する中で「話す・会話」というものが少なくなりそれがうつなどの病気の元になる恐れがあります。そのような状態の時に保健師は「話す相手」として求められます。保健師はただ話し相手に終わらず介護や医療に対する幅広い知識、更に地域や医療への窓口にもなる頼れる存在として多くの人に接することがこの職種でのややりがいと言えます。

保健師の仕事の辛いことは?

「保健師の仕事は辛いですか?」と聞かれると、辛さよりも、やりがいのほうが大きい仕事だといえるかもしれません。この仕事は人々の健康づくりのサポートができる専門職として、とてもやりがいがある仕事です。同じ医療に関わる職業として「看護師」がありますが、看護師と違い保健師の仕事の多くは夜勤がなく、緊急に命に関わる状況に遭遇することも少ない仕事です。

しかし、これはあくまでも「比較的」であり、まったくないわけではありませんし、保健師には保健師の辛さがあります。では、保健師の仕事で「何が辛いか?」をいくつか挙げてみます。

保健師の辛い事事例

■指導的な立場が常に要求される

保健師の仕事の一つとして健康教育やメンタルサポート、育児指導といった「教育・指導的役割」があります。人々へのアドバイスや指導については学校でも習ってきますが、いざ現場に出てみると新人保健師には人への正しい指導の仕方などは経験不足が正に出てくる事になります。この時期は一時的に辛さを感じる時になるようです。看護師等の場合は多くの先輩看護士が周りにいて指導を行ってくれたり、卒業後教育プログラム等がありますが、保健師の職場には同僚が少ないことから教育の機会があまりありません。経験と教育の機会のない新人保健師が一人前に仕事をしていくためには、何よりも向上心が必要になります。経験がなくとも保健師として働くからには、人々(地域住民や企業の場合は社員)にとっては、健康に関する不安を話すことができる頼れる相手であり、適切な指導をしてくれる専門家でなくてはいけません。

■幅広い年代に対する知識が必要になる

保健師の仕事は、乳幼児育児指導や、母子保健、予防注射、成人健康診断、高齢者介護計画など、幅広い年齢層に対し、さまざまな働きかけを行います。
どれも専門的な知識を必要とし、人々の「健康」を維持するために大切なことです。少ない人数でたくさんの業務をこなし、正しい判断を行うには幅広く深い知識が必要です。対象者の年齢層が広いために覚えることが多く辛い時期が長くなる事も人によってはあるようです。

ketsuatsu_sokutei

まとめ

保健師の仕事について紹介させて頂きましたがいかがでしたか?「行政」「教育」「企業」と重要な職域で活躍できる職種は他にあまり類はありません。これからも病気の予防ということは高齢化が進む現在では重要な役割を担って、更に期待される職種と言ってもいいと思います。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

保健師について教えて!仕事内容は?なるには?

保健師の資格をまとめて見た!難易度は?通信では?

ストレスチェックをしたい!介護と仕事の両立では?ストレスチェックシートって?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら