保健師の資格をまとめて見た!難易度は?通信では?

保健師の仕事は、医師や看護師と違い、病気の知識を理解できるように話して、予防する方法や生活における注意点を理解してもらい定期的な検診を促します。妊婦のときや乳幼児健診で保健師から話を聞いたことや会社で体や心の悩み相談で保健師に話を聞いてもらったこともあると思います。保健師の資格を取るためにはどのようなルートがあるのか、保健師の国家試験の難易度などをまとめています。

 

保健師の資格とは

保健師は、健康維持。増進や病気を予防するために地域の人々の意識付けをする役割があります。地域医療にたずさわる者として地域の人々が健康でいられるようにサポートします。健康診断で、生活習慣病など病気になる可能性が高い人をピックアップして、適切な食事・生活の所y減や指導も行います。

保健師は名称独占の資格

保健師は、国家試験に合格した者が保健師と名乗ることができる名称独占の資格です。ただ、業務独占ではないので、医師や看護師などが保険指導をしても差し支えありません。保助看法2条には「保健師とは厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者」とあります。

保健師の種類

保健師の種類には、行政保健師、産業保健師、学校保健師の3種類があります。

●学校保健師

小中学校や高校の保健の先生として、生徒の身体の不調の時の対応や保健指導などを行っています。また、大学の学生や教職員への健康に関してのサポートも行っています。保健の先生は、保健師以外に大学などの養護教諭養成機関で養護教諭の資格を持つ者も従事できます。

●行政保健師

保健所や市役所で働く保健師で、乳幼児や妊婦、高齢者や障害者への幅広い年齢層を対象とした指導や様々なサポートを行っています。お母さんが育児ノイローゼになっている家庭を訪問して育児相談にのったりすることもあります。

また、結核患者やエイズ患者、精神障害者など療養している人へサポートする業務もあります。最近では児童虐待や職員へのメンタル面での保険指導など、幅広い活動を行っています。

●産業保健師

企業内で、従業員の過労自殺やうつ病などにならないようにストレスチェックを行って、健康の維持・増進やメンタルヘルス、生活習慣病の予防などをおもに取り組んでいます。そして、ストレスが過重にかかっている社員を早めに見つけて、自殺予防をすることも保健師の仕事です。

最近では、海外出張や海外勤務が多くなり、感染症への対策も行われています。

●海外のNGOやJICAなどで支援にあたる

海外のNGOやJICAなどで、発展途上国におもむき、母子保健指導や感染症対策などの支援を行う保健師も増えています。

それ以外に、保健師は看護師資格もあるので病院での勤務や介護施設での勤務をする保健師もいます。

 

doctorw_laugh

 

保健師の資格は大学でとれる?

保健師になるには看護師資格が必要です。高校を出た後、4年大学や4年の専門学校を出るか、3年制の短期大学や専門学校を出るコースがあります。

4年制大学や4年の専門学校を卒業した者

4年制大学や4年制の専門学校の保健師統合カリキュラム過程を修了し、卒業した者は、保健師国家試験と看護師国家試験の両方を受験できます。ただし、看護師国家試験に不合格だと保健師国家試験に合格しても保健師資格は得られません。

看護師国家試験と保健師国家試験に合格すると、晴れて保健師の資格を得ることができます。その後、学校保健師や行政保健師として働くためには、さらに国家公務員試験や地方公務員試験を受験して合格する必要があります。

公務員試験では、教養試験と専門試験、論文試験、面接があります。産業保健師や学校保健師の試験では書類選考、筆記試験、面接があります。保健師の資格を取った後も就職できるまでに試験があり採用は1~2名です。

3年制の短期大学や専門学校を卒業した者

3年制の短期大学や専門学校の看護師養成課程を修了し、卒業した者は看護師国家試験を受験することができます。看護師国家試験を受験して看護師の資格を取得後、1年の保健養成学校で保健養成カリキュラムを修了し、卒業した者または看護系大学保健師養成課程の3年時に編入し、
保健師に必要な単位を取得した者は保健師国家試験を受験できます。

保健師国家試験に合格すると保健師の資格を取得できます。さらに行政保健師や学校保健師として働くには、国家公務員や地方公務員の試験を受けて合格することが必要です。

保健師の資格の難易度

保健師と看護師の国家試験は毎年2月中旬から下旬ごろに行われ、3月下旬が発表です。保健師の国家試験と看護師国家試験の合格率は次のようになります。

保健師国家試験の合格率

保健師国家試験の合格率を回ごとにみてみましょう。
平成30年(104回)  受験者数8,191人  合格者数6,666人  合格率81.4%
平成29年(103回)  受験者数8,207人  合格者数7,450人  合格率90.8%
平成28年(102回)  受験者数8,799人  合格者数7,901人  合格率89.8%
平成27年(101回)  受験者数16,622人  合格者数16,517人  合格率99,4%
平成26年(100回)  受験者数17,308人  合格者数14,970人  合格率86.5%

このことから、平成27年はほぼ100%の合格率でしたが、一般に合格率は80~95%です。合格率が高いので、大学や専門学校でしっかりと学んで過程を修了すれば、難易度はそれほど高くない試験だと言えるでしょう。

ただし、保健師のカリキュラムに勧めるのは大学の成績が上位の者しか進みにくいなど厳しい条件があります。受験資格がある人にとっては国家試験は、試験内容のレベルは高いですが、受験する人は、学校でカリキュラムをこなしてきた人なので、卒業時点で高い知識をもっています。

そのため、学校でいかにしっかりと学び、卒業するかが保健師になるためのポイントとなります。

看護師国家試験合格率

看護師国家試験の合格率の推移は次のようになっています。

平成30年(107回)  受験者数64,488人  合格者数58,682人  合格率91.0%
平成29年(106回)  受験者数62,534人  合格者数55,367人  合格率88.5%
平成28年(105回)  受験者数62,154人  合格者数55,585人  合格率89.4%
平成27年(104回)  受験者数60,947人  合格者数54,871人  合格率90.0%
平成26年(103回)  受験者数59,725人  合格者数53,495人  合格率89.6%

看護師の受験者は毎年6万人前後で合格率は90%前後と高い合格率です。大学や専門学校できちっと学んでいれば受験の難易度は高くないと言えます。

保健師の資格は通信でも取れる?

保健師の資格には臨地実習があり、地域看護学実習も行われるので保健師のカリキュラムをこなすためには実習が不可欠です。そのうえ、保健師の資格を取るためには、正看護師の資格がないとなれません。

準看護師の資格を持っている場合は通信制の看護学校の2年間の過程を修了すると、正看護師の資格をとることができます。しかし、正看護師の資格を一から取るには、一番早いルートは4年制の大学や専門学校で学び、過程を修了することです。

正看護師の資格を持っている人は働きながら、保健師の資格をとるために1年課程の夜間の専門学校に通っている人もいます。保健師や看護師のカリキュラムは通信過程で取れるものではないため、通信教育では保健師の資格は取れません。

soudan_madoguchi

 

まとめ

保健師は学校の保健の先生や保健所、市役所での保険指導や企業で従業員健康管理やメンタルヘルスをサポートしています。保健師になるには大学や専門学校の4年養成課程を修了して国家試験を受験するか3年の看護短期大学や専門学校で看護師資格を取得してから保健師の学校に行く方法があります。国家試験の難易度はそれほど高くないですが、、学校でしっかりと勉強することが必要です。今後は高齢化社会が進むにつれて保健師の仕事は予防医療や予防介護分野で重要な働きをすることになるとみられています。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

保健師って国家資格?試験概要は?

介護認定調査員ってどんな資格?仕事内容は?

保健師の求人ってどう探せばいいの?選ぶポイントは?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら