ストレスチェックをしたい!介護と仕事の両立では?ストレスチェックシートって?

過重労働により健康障害をきたす、または痛ましい事案が発生するなど、労働環境を取り巻く問題は深刻です。国は、健康で安心した気持ちで私たちが働くことができるように、総合的な対策として「過重労働による健康障害対策」を打ち出しています。
その中の対策の一つである、ストレスチェックについて詳しく見ていきましょう。

ストレスチェックとは

ストレスチェック制度は、定期的に労働者のストレスの状況について検査を行い、本人にその結果を通知して自らのストレスの状況について気付きを促すとともに、職場改善につなげ、働きやすい職場づくりを進めることによって、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止すること(一次予防)を主な目的としたものです。
個人のメンタルヘルスの不調のリスクを低減させるとともに、検査結果を集団的に分析し、職場環境の改善につなげることによって、労働者がメンタルヘルス不調になることを未然に防止することを目指します。

~ストレスチェック・制度としての目的~

<制度導入の背景>

厚生労働省は、かねてより職場におけるメンタルヘルスケアの実施を推進してきましたが、仕事によるストレスが原因でメンタル不調を訴える労働者は年々増加傾向にあり、2015年には精神障害の労災請求件数は1500件を超えました。同省はメンタル不調を予防することに重点を置き、労働安全衛生法の一部を改正し「ストレスチェック制度」が設けられました。

<目的>

・一次予防を主な目的とする(労働者のメンタルヘルス不調の未然防止)
・労働者自身のストレスへの気づきを促す
・ストレスの原因となる職場環境改善につなげる

stress-check

 

ストレスチェックは法律で決まっている?

対象者は?

ストレスチェック制度は、2015年12月から50人以上の労働者がいる会社に実施が義務化されています。ストレスチェックについてみていきましょう。

■ストレスチェックの対象者は誰か

厚生労働省は、ストレスチェックの対象者を「常時使用する労働者」であると定めています。
~「常時使用する労働者」の定義は~
常時使用する労働者の定義は、①契約期間が1年以上、②週の労働時間が、通常の労働者の4分の3以上とし、①と②のいずれかの要件を満たす社員、パート、アルバイトが対象になります。
※派遣社員については派遣元の会社がストレスチェックを行います。

■ストレスチェックは誰が行うのか

ストレスチェックを実施するには、「実施者」と「実施事務従事者」という立場の人が必要です。

実施者:ストレスチェックを企画し、結果の評価をする人。
結果を集計・分析して、面接指導が必要な社員を選定するのも実施者の役割です。
※実施者は主に医師、看護師、保健師、精神保健福祉士などが担当します。

実施事務従事者:実施者の補助的な仕事を行う人のことです。
ストレスチェックの調査票の配布や回収、個人への結果通知、面接指導対象者へ面接の勧奨、ストレスチェック未受検者への声かけ、などを行います。
※社内の衛生管理者やメンタルヘルス担当者、産業保健スタッフ、人事担当などが担当することが多いです。実施事務従事者は外部に委託することも可能です

■ストレスチェックを行う頻度

1年以内ごとに1回のサイクルで実施していくものです。

■ストレスチェックの方法

ストレスチェックは調査票を使って実施します。

調査票には、以下の項目が含まれている必要があります
1 職場における当該労働者の心理的な負担の原因に関する項目
2 当該労働者の心理的な負担による心身の自覚症状に関する項目
3 職場における他の労働者による当該労働者への支援に関する項目
(労働安全衛生規則 第52条の9より)

厚生労働省では、同省が提供する「職業性 ストレス簡易調査票(57項目)」を用いてストレスチェックを実施する事が推奨されています。また、これを23項目に簡略化した質問票も公開されています。
但し、これらの項目が含まれていれば、会社の判断で項目を追加することが可能です。

ストレスチェックの結果

ストレスチェックの結果は、検査を実施した医師、保健師等から直接本人に通知されます。本人の同意なく事業者に提供することは禁止されます。
ストレスチェックの検査の結果、一定の要件に該当する労働者から申出があった場合、医師による面接指導を実施することが事業者の義務となります。また、申出を理由とする不利益な取扱いは禁止されます。
面接指導の結果に基づき、医師の意見を聞き、必要に応じ就業上の措置を講じることが事業者の義務となります。

ストレスチェックの診断を簡単にしたい

さて、ストレスチェックを実際に行うにあたり、会社として導入するためにはどうしたら良いのでしょう。一定の条件に達する事業者はストレスチェックが義務化されているので、厚生労働省から公表されている「ストレスチェック制度 簡単 導入マニュアル」を参考にするとよいでしょう。
マニュアルの内容は以下の通りで、わかりやすく解説されています。

マニュアルの内容

〔ストレスチェック制度簡単導入マニュアルの内容〕
・ストレスチェックって何ですか?
・何のためにやるのでしょうか?
・いつまでに何をやればいいのでしょうか?
・導入前の準備
・ストレスチェックの実施
・面接指導の実施と就業上の措置
・職場分析と職場環境の改善
・何に気をつければいいのでしょうか?
・プライバシーの保護
・不利益取扱いの防止

また、気軽に自分でストレスチェックをしてみたい、という方はインターネットのサイトや、アプリでクリックしながらチェックできるものがありますので簡易的でもいちどチェックしてみたいという時はお手軽にやってみるのも良いでしょう。

ストレスチェックシートって何?

「ストレスチェックシート」とは、ストレスチェックを実施する際に使用する、労働者のストレス状態を調べるための質問が記載されている選択式の票(質問票・調査票)のことです。ストレスチェックシートは紙媒体、インターネットの活用、もしくは両者を併用するのかについては、事業者が決めることができます。
ストレスチェックシートの書式は指定されていないため、各事業者が独自に質問項目を設定することが可能です。しかし、国が作成したストレスチェックシート「職業性ストレス簡易調査票(57項目)」を利用することが推奨されていますので、事業者は確認しておくようにしましょう。
~ストレスチェックシートの内容~
厚生労働省が推奨しているストレスチェックシートは57項目の質問に対して、それぞれ4段階で表されている選択肢(そうだ/まあそうだ/ややちがう/ちがう等)の中から当てはまるものを1つ選んで回答する形式となっています。
そして、回答を点数化してストレスの程度を評価します。質問項目は「仕事のストレス要因」、「心身のストレス反応」、「周囲のサポート」の3つの領域に分かれており、領域ごとのストレスをチェックします。
また、簡略版の23項目のストレスチェックシートも用意されていますが、労働者のストレスの状態や背景要因をより深く知るために、57項目のストレスチェックシートを基本として、各事業場独自の質問を加えるといいでしょう。

woman-stress

まとめ

150文字程度
ストレス社会にある今、職場でのストレスに対して国が目を向ける時代になりました。
厚生労働省ではメンタルヘルスをサポートするポータルサイトとして「こころの耳」が開設されています。このサイトでは今回見てきたストレスチェックが簡単にでき、結果もすぐにみることができます。また、相談窓口の案内などもサイト内にあります。
「仕事だから」と無理に頑張りすぎたり、我慢をしすぎて心身が不健康にならないように、予防することや、救いの手に頼ることが大切です。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

介護の事件で実際合ったこと10選を大紹介!

臨床心理士とカウンセラーの違いって何?注意点は?

臨床心理士の求人ってどんなのがあるの?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら