癒し音楽(ヒーリングミュージック)を聞いて介護疲れケアする!

ヒーリングとは、治療するとか回復するという意味で、心身をバランスの取れた状態に保つことです。最近ではヒーリングミュージックが自律神経を静めて睡眠効果があり、気持ちをリラックスする効果があるとされています。

 

癒し音楽(ヒーリングミュージック)とは

ヒーリングミュージックとは、音楽によって心と体のバランスを整え、癒される音楽をすべてヒーリングミュージックと言います。いうなれば、癒しの音楽のことです。好みの音楽は、その人によって異なりますが、ヒーリングミュージックとは、ほとんどの人が癒される音楽です。

癒しの音楽の特徴は、音楽にあるハーモニーが調和していて、メロディーが美しく、ゆったりと流れる旋律である音楽です。聞いていると、自然に心が落ち着き、瞑想音楽としても知られている音楽も多いです。

ヒーリングミュージックを聞くと、規則的なものと違い、部分的に1/fの揺らぎがあります。揺らぎとは鳥がさえずる声や川の流れの静かな音、しとしと降る雨の音など自然界の音だけでなく、電車の揺れやろうそくの火の揺れもさします。この1/fのゆらぎが癒しの音楽には多く存在します。

 

iyashi-music

 

癒し音楽(ヒーリングミュージック)の効果

ヒーリングミュージックは癒されるのかということは科学的に証明されています。それは、人間の脳にはいくつもの脳波が出ています。α(アルファ)波はリラックスし、睡眠から目覚めるときの間にでています。

β(ベータ)波は日常生活の通常状態のとき、γ(ガンマ)波はスポーツをしているときや怒っているとき、興奮しているときによく出る脳波です。θ(シータ)波は瞑想をしているときや勉強をするとき、δ(デルタ)波は深い睡眠にはいっているときや無意識のときに出る脳波です。

ヒーリングミュージックを聞くとα波が出て癒される

ヒーリング音楽にはリラックスして心や体を癒す効果があります。そのため、癒しの音楽を聴くとα波がでます。癒しの音楽の持つ1/fの揺らぎによって、呼吸や心拍数が変化するときに体が1/fのゆらぎに同調するので、自律神経の働きを整え、心も体もリラックスした状態になります。

眠れない時に癒しの音楽を聞くと深い眠りにつける

自律神経は二つの交感神経と副交感神経が交互に働くことで心身の調和を保っています。交感神経は日中に活動するときに活発に働き、朝、カーテンをあけて日の光を浴びることでより活性化され目がさめます。

一方、副交感神経は夜になり、リラックスすると優位に働くので眠りにつくことができます。癒しの音楽はリラックスする効果があり、副交感神経を優位にします。寝付かれない人でも癒しの音楽をきいてリラックスすることで眠りにつくことができます。そのように、癒しの音楽を聴くことで睡眠を促す効果があります。

血圧低下やストレスホルモンの低下

α波が出るので、ストレスが下がりストレスホルモンのコルチゾールが低下します。精神が安定するので、ヒーリング音楽を感知した脳から送り出される指令によって血圧が下がります。ストレスがかかる電車のラッシュ時は駅構内で穏やかでストレスが軽減されるヒーリングミュージックがBGMで流されることもあります。

マルコニ・ウニオンが作曲した「ウエイトレス(無重力)」という曲では音楽療法を受けている患者が癒され、リラックスする効果があるため、ストレスホルモンであるコルチゾールの低下や心拍数、血圧を下げる場合もあると報告されています。

癒しの音楽を聴くと落ち込んでいるときはリラックスして、ストレスが軽減するため幸せな気持ちになり、緊張がほぐれた状態になります。すると、落ち込んでいるときも元気に前向きになれます。癒しの音楽は心と体の両方に効果がある特効薬です。癒し音楽(ヒーリングミュージック)は夜、睡眠前に聞いた方がいい?

睡眠中の音楽は、脳が活性化するので一般的に睡眠の妨げになります。寝る時は、最初は浅い睡眠から深い睡眠に入ります。子供が寝つかれない時に子守唄を聞かせると、次第に眠ってしまいます。

眠りに効果的な癒しの音楽

それは、お母さんの歌や鼓動がお腹にいた時と同じでリラックスさせて眠りに誘います。子供が眠ったら、子守唄をやめるので、深い眠りへとはいることができます。睡眠中に音楽を聴くと脳が活性化して脳の休息が取れないですが、癒しの音楽の中でも眠りに入れる静かな曲やテンポが一定でリラックスできるBGMがおすすめです。

自然の川のせせらぎや鳥のさえずり、風がそよいで木の葉が擦れ合う音、雨のしとしとと降る音なども眠りに入るために効果があります。自然の音は、胎内にいたときに羊水を連想させる音を連想させるため、安心感が生まれ眠りを誘います。

癒しの音楽をいつ聞いたら一番眠りに入りやすいか?

お母さんが子守唄を唄うときのように、眠りに入る30分~1時間ほど前が癒しの音楽を聴くときに効果的です。癒しの音楽を聴いて、α波が出るとリラックスすると自然に眠くなってきます。音量は静かに心地よいくらいの音で、静かな中で遠くに癒しの音楽のBGMが流れているといった状態がいいでしょう。

癒し音楽(ヒーリングミュージック)と自律神経

自律神経は交感神経と副交感神経がうまく働くことで、交感神経が暴走することを止めて、バランスよく働いています。ストレスがかかると、自律神経のバランスが崩れ、交感神経が暴走することがあります。

すると、自律神経失調症にかかり、医師の指導のもとに治療をうける必要がでてきます。自律神経失調症や鬱病などの精神的な症状がでると、病院で音楽療法士が音楽療法を行うことがあります。音楽療法とは、専門家が個々の患者にあった音楽鑑賞などのプログラムを組み、音楽に触れる手助けをする両方です。

音楽鑑賞のときにはヒーリングミュージックを流す場合があります。癒す音楽によって、リラックスすることで、副交感神経の働きも活発にして、自律神経のバランスを整えます。さらにストレスホルモンであるコルチゾールの低下や血圧低下といった効果も同時に見られます。

癒し音楽(ヒーリングミュージック)のランキング

癒しの音楽で動画再生回数が高いランキング1位~3位は次の動画です。

第1位 HOURS The Best Relaxing Piano Flute Music Ever.

この動画の再生回数は2018年8月16日現在で78,509,080回で、水が流れている中で静かな音楽が流れています。仕事や勉強、ヨガや瞑想など色々なときに最もリラックスできる動画とされています。聞いていると、自然にリラックスして安心感が生まれ、穏やかな感じにさせるヒーリングミュージックです。

眠りのための音楽、安らぐ音楽、ストレス・リリーフ、眠りに落ちる、BGM、8時間

この動画の再生回数は2018年8月16日現在で45,978,438回です。

聞いていると、次第に眠くなり、深い眠りに落ちていきます。不眠を改善し、ストレスを軽減させる音楽です。音楽を聴くことでθ波とδ波がでて、瞑想にも効果があります。子供から大人まで聞いていると安心して眠りに誘い込まれる音楽です。

第3位 精神的・肉体的な疲労回復に。体質改善 ヒーリング 質の良い睡眠

動画の再生回数は、2018年8月16日で15,832,831回です。毎日が仕事や家事、育児などに追われているなら、瞑想の世界に入れるような不思議な感覚の音楽です。心身ともに疲れた時に聞くと、疲れが取れ落ち着いた気持ちに回復します。

毎日、夕方のひと時を静かにこの音楽を聴いて休むとリラックスすることができるので、ストレスの緩和に役立ちます。

healing-music

 

まとめ

癒しの音楽はリラックス効果や睡眠効果、自律神経を整える効果、コルチゾールの低下や血圧低下などの効果が認められています。癒しの音楽の中でも睡眠時にあった音楽や勉強するときにあった音楽など様々なヒーリングミュージックがあるので、あなたの状況にあった音楽を選んで心身ともに癒されましょう。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 
関連記事

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら