義肢装具士ってどんな仕事?年収は?国家資格?

義肢装具士は未知の可能性を秘めた今注目の職業です。パラリンピックが世間で話題を呼びパラスポーツや障害を抱える人たちと社会のつながりが見直されてきています。それに伴い義肢や装具の活用が重要になってきます。
義肢装具士とはどのような仕事なのでしょうか?
気になる働き方や年収、義肢装具士になる方法をまとめました。

 

義肢装具士とは

義肢装具士の役割

義肢装具士は指、手足、腕、下肢等の欠損や身体の運動機能に障害がある人に対して補助となる道具を作ります。いわゆる「義手」「義足」「コルセット」「サポーター」を作る仕事です。欠損がある場合は義肢、運動機能の補助や怪我の防止などには装具を作ります。制作の開始は義肢装具士の判断ではなく、医師の具体的な指示の下行います。患者それぞれにあった義肢装具を作る為に型を取り、装具完成後も適合するように調整を行います。

義肢装具士の名称

義肢装具士は「義肢装具士法」で定められた国家資格です。義肢装具士の資格取得者以外は義肢装具士または義肢装具士に類似した名称を使用する事が禁じられています。国家資格取得者だけが「義肢装具士」としての名称を扱う事が出来るよう法律で守られています。

義肢とは

義肢装具士法で定められる「義肢」とは、「上肢・下肢の全部または一部に欠損があるものに対して、欠損部の補てん、失われた機能を代替する為の器具機械(略)」とされています。つまり腕から手、大腿から足の範囲で全部または一部が無くなってしまっている人に対して代わりとなる義手や義足が「義肢」に当たります。

装具とは

義肢装具士法で定められる「装具」とは、「上肢・下肢・体幹に異常があるものに装着して、当該機能の回復、機能低下の抑制、機能の補完をする器具機械(略)」とされています。具体的には麻痺部の関節が本来曲がる方ではない方に曲がって痛めるのを防いだり、関節の動きの補助をしたり、力の入れ方が楽になるような補助を行う器具が「装具」に当たります。

 

義肢装具士ってどんな仕事?つらい?

義肢装具士の業務

義肢装具士の世界では年齢よりも実力主義という所があるようです。業務内容は就職先の形態によってかなり違いがあります。基本的な仕事は患者から型を取り義肢・装具を制作して使いやすさや不具合の調整を行います。義肢に関わる場合は調整など時間が掛かり残業も多くなりがちです。コルセットやサポーターに特化した就職先ではそれほど大きな微調整もなく業務は営業も兼ねる場合もあります。

義肢装具士のやりがい

義肢装具を必要とする人は多く、年齢や必要とする理由等様々です。身体の機能が衰えた高齢者や事故や病気で手や足を失った人、マヒで身体が動かない人、若者や子供までも義肢・装具を必要としています。義肢・装具は障害を抱えた人たちが希望を持って自分らしく生きていく為に必要な物です。義肢装具士はそういった人たちの未来を作って行く仕事でもあり、やりがいはとても高い職業といえます。

 

義肢装具士の待遇、年収は?

義肢装具士の活躍の場

義肢装具士が働く現場にはいろいろな形態があります。一般的なのは病院などで患者の状態に合わせて義肢装具の制作や調整を行うリハビリの現場です。事故や病気で障害を抱えた人たちが出来るだけ自立した生活を送れるように義歯を制作、調整します。もう一つ、最近特にパラリンピックの影響もあって障害者スポーツが注目を集めるようになってきています。障害者スポーツとして、スポーツ用の義肢や装具が必要とされています。社会的にも障害のあるなしに関わらず幸せを追及する社会を作って行こうと言う傾向があり義肢・装具は色々な場面で活用が期待されます。

義肢装具士の就職先

義肢装具士の就職先は病院とは限りません。義肢装具等特殊用具の制作会社やスポーツ関連団体など様々です。就職先によって勤務内容や必要な知識も変わってきます。病院は医療との関わりが強く患者の治療に深くかかわる事が出来ますが医療保険や病院の枠組みに縛られやすい環境ともいえます。制作会社やスポーツ関連団体ではその会社の持つ特性によって幅広い仕事をする事が出来ます。

義肢装具士の平均年収

義装具士の働き方はいろいろあり、その勤務先によっても違いがあります。平均的な年収として病院で働く義肢装具士の場合、給料面ではそれほど優遇されているとは言えない現状があります。同じリハビリの現場で働く理学療法士や作業療法士と比較してもやや低めの給料が多くなっています。一般的な初任給で20万円前後、昇給はなだらかで18万円から30万円程の月給、年収は300万円~400万円程が平均的な金額となっています。

義肢装具士の将来性

義肢装具士の平均年収はそれほど高い数字ではありません。しかし平均年収はあくまで年齢や職種を考慮しない平均的なものです。義肢装具士は受験者数200人程度、全国で義肢装具士の資格を持つ人は全国で5000人程しかいません。社会はノーマライゼーション、バリアフリー、1億総活躍社会の実現、パラリンピックの注目など障害を抱える人たちがどんどん社会の表舞台に立つ時代になってきています。それに伴って義肢装具士の必要性や活躍の場もまだまだ多様に変化する可能性があります。つまり義肢装具士の仕事は、収入も働き方も考え方しだいで大きく変わっていく可能性がある仕事ということになります。

 

義肢装具士の国家資格?

義肢装具士の国家資格を取得するには

義肢装具士は国家資格であり、資格を取得するには国家試験に合格しなくてはなりません。試験内容は筆記試験のみで合格基準については試験後に厚生労働省のホームページなどで「○○満点中、△△点以上が合格」という形で発表されます。合格率は「80%以上」と高くなっています。きちんと学校で学んでいればそれほど難しい試験ではありませんが、誰でも受かるというわけでもありません。受験者数は他の資格に比べて極端に少なく全国で250人前後になります。そのうち20%、約50人が不合格になると考えるだれでも合格するとは言い難い状況です。

義肢装具士国家試験の受験条件

義肢装具士の国家試験を受けるには法律で定められた基準を満たしている必要があります。詳細は義肢装具士法で定められていますが、一般的な受験条件として3つの方法があります。

方法1:高卒+養成校3年

まず前提条件として高等学校卒業を卒業するか同等の学力があると認められる必要があります。その上で養成校に入学して3年以上修業した人が義肢装具士の国家試験を受験することができます。養成校とは文部科学大臣が指定した学校または都道府県知事が指定した義肢装具士養成所を指します。そこで3年間、肢装具士として必要な技能と知識を勉強します。

方法2:規定学校1年修業+養成校2年

義肢装具士施行規則で規定された学校で1年以上修業し、厚生労働大臣が指定した必要な科目をクリアしている人はその後の養成課程が2年で受験資格を得ることができます。例えば高校卒業後に規定の大学に進学して必要な科目をクリアしていれば大学卒業後でも養成校に入学して2年学ぶと受験資格を得ることができます。

方法3:技能検定合格+養成校1年

職業能力開発促進法に基づく技能検定に合格した人は養成課程が1年で受験資格を得ることができます。

まとめ

義肢や装具は障害を抱える人にとって体の一部となります。義肢装具士はただ道具を作るのではなくその人の体、生活も考えて一緒に未来を作り出しているのではないでしょうか。今後障害を抱える人たちが弊害を乗り越えて社会参加できる人たちがますます増えてくると思います。義肢装具士は障害と社会をつなぐ架け橋の役割を果たしてくれています。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

ケアマネージャーの受験資格は?試験はいつ?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら