栄養士の仕事について教えて!年収は?

栄養士は学校給食や病院の食事、福祉施設の食事などを管理する大切な役割の仕事です。栄養士の仕事はどのような仕事をしているのか、どんな職場で働いているのか、給料はどのくらいかのぞいてみましょう。

栄養士の仕事とは

栄養士は、都道府県知事の免許を受けた資格で名称独占の資格です。栄養士のスペシャリストとして、活躍する場も多いです。近年、女性が社会で活躍するようになって、大学でも栄養士だけでなく、管理栄養士の国家試験を受ける受験資格が得られるように養成する学校が増えてきました。

栄養士は人の食事を管理し、正しい栄養が取れているかどうかを指導する仕事なので、基礎的な勉強だけでなく、個々の人にあった病院食や療養食、そして成長に必要な栄養について、新たに研修をして勉強をして仕事に生かす必要があります。

資格には栄養士の資格と管理栄養士の資格があります。栄養士は都道府県知事が免許を発行していて管理栄養士は厚生労働大臣が免許を発行しています。管理栄養士は、栄養士としての仕事の役割の上により専門的な栄養指導が行えます。

栄養士の資格を持つには専門学校や短大などの栄養士専門学校で2年以上学んで修了した人が栄養士の資格を持てますが、管理栄養士は4年以上学んで専門課程を修了するか、栄養士として3年以上実務経験を積んで、国家資格に合格して初めて管理栄養士の資格を持つことができます。

栄養士の仕事の種類

栄養士の主な仕事は栄養指導と食事管理です。

栄養指導

病院では手術をした後や家へ帰宅するとき、糖尿病で入院したときなどは栄養指導を行います。特に、退院するときは自宅では食事を自分や家族が食事を管理しなくてはいけないので、自宅での療養がうまくいくよう食事の指導を行っています。

また、メタボ検診でメタボであると診断された人に対して栄養指導を行い、メタボからくる病気を避けられるように食事の指導をします。

食事管理

学校給食や病院食は、栄養士が栄養を考えてメニューを作っています。それをもとに調理師や調理圃場をする人たちが食事を作っているのです。そのため、栄養士が考えているメニューは、それに携わる人たちが健康管理をする上で非常に大切な役割を保っています。

病院や福祉施設では、病状に応じた食事を栄養士が献立を考えます。そのため、医師や薬剤師などの専門職との連携も欠かせません。

栄養士の仕事の職場ごと

人の健康を左右する食事を考える栄養士の職場は広がっています。栄養士の職場には次の職場があります。

病院

病院で栄養士の仕事は患者の食事の管理を行います。個々の患者の病状に応じた献立を作成し、調理をします。そして、個々の患者に対して栄養指導も行います。大きな病院や福祉施設では献立作成は栄養士の仕事で調理する人は別になっている所が多いです。

福祉施設・介護施設

老人ホームや障害者施設、児童福祉施設などの施設では、入所者の食事を管理しています。食事の献立を作成し、日々の食事をおいしく食べられるように食材の発注なども行うことがあります。老人ホームや障害者施設ではそれぞれの人に合わせた流動食やきざみ食など調理方法を考えて行っています。

学校

学校給食のメニューを考えているのは管理栄養士や栄養士です。栄養士は、子供たちの成長に合ったメニューを考えて、子供たちがおいしく食べられるように工夫した献立を立てます。小中学校や学校の給食をまとめて作っている給食センター、幼稚園や保育園などで献立を作成し、食材を発注して職場によっては調理も行います。また、保健の時間に栄養に関する指導を子供たちにすることもあります。

食品メーカー

食品メーカーの研究室では、様々なトクホと呼ばれる機能性食品の開発や企画、立案などを行っています。また、売れ筋商品の市場調査、広報活動までも行っている栄養士もいます。幅広い栄養の知識を生かして、日々研究を重ねて新しい商品ができ上っているのです。

さらにホテルのシェフと協力して新しいメニューを考える仕事やフードコーディネーターとして働くこともできます。

保健所や保健センター

保健所や保健センターでは、母子の栄養教室やメタボの成人、高齢者などへの栄養指導を行っています。地域の人たちがより健康を維持できるように健康推進をはかります。保健所や保健センターで働く人は地方公務員試験に合格して採用が決まった人が多いですが、非正規で雇われている人もいます。

社員食堂や学生食堂

社員食堂や学生食堂では、定食や他のメニューがいろいろあって社員や学生の栄養を考えたメニューを考えます。仕事は献立メニューを作り調理師や調理補助の人たちに調理の指導をします。単品料理や丼など多彩なメニューがありますが、それぞれ栄養のバランスを考えたメニューを立てます。

スポーツ業界

ダイエット目的や健康目的、そしてでスポーツクラブやフィットネスクラブに来る人に対して栄養指導や食事指導をします。また、アスリートやプロチームに専属で栄養士として働いている人もいます。マッチョにするためのトレーニングで食事指導をするともあります。

栄養士の仕事の給料は

栄養士の平均的な給料

平成28年の労働省賃金構造基本統計調査によると、栄養士の年収の平均は、平均年齢34.7歳で平均年収が約345万円、平均月収が約24万円、平均年間賞与が約59万円です。勤続年数が15年以上になると給料が約415万円とかなり良くなっています。

年齢別の平均年収では、年齢が上がるにつれて増えていき、55~59歳が約425万円で一番ピークになり、その後はさがっています。栄養士は女性がほとんどで非正規雇用の場合がほとんどで50代前半の年収は国民平均を下回りますが、50代後半になると上回っています。

職場によって違う栄養士の年収

職場によって栄養士の年収が異なります。

給食会社の栄養士・・・・約18万円~22万円
病院の栄養士・・・・・・約18万円~27万円
保育園・・・・・・・・・約18万円~20万円

病院の栄養士は医師と連携して病気を踏まえた専門的な食事の献立を作るので、他の職場より給料が高いです。管理栄養士になると、資格手当が月に5千円~2万円ほど支給される場合があるのでスキルアップすることで年収をアップしましょう

まとめ

栄養士は病院や福祉施設、保健センター、学校給食、社員食堂、研究室やスポーツクラブなどで幅広く活躍をしている仕事です。仕事内容は献立作りや栄養指導、食事管理などを行っています。具体的には病院では病状の回復のための食事や指導、肥満の人へメタボ指導など専門的な栄養管理を必要とする大切な仕事です。そのため、給料は一般職の女性と比較すると高く、長く続けられる仕事なので、ますます女性が活躍しやすくなっています。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

管理栄養士ってどんな仕事?就職先は?

栄養士会ってどんな役割?入会メリットは?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら