理学療法士の学校ってどんなのがあるの?学校の種類は?夜間は?

Physical therapist stretching leg of patient

理学療法士とは、医学的リハビリテーションを行う専門職です。国家資格であり、免許がないと理学療法士として仕事をすることはできません。それでは、理学療法士の国家資格を取得するためにどのような学校へ進学をする良いのか、学校の種類について解説していきましょう。理学療法士の資格に関心のある方はぜひ参考にしてください。

理学療法士の学校とは

理学療法士になるには、「理学療法士及び作業療法士法」に基づいた国家資格を取得しなければ、理学療法士になることができません。そのため、受験資格を得るために養成校で3年以上勉強し、必要な知識と技術を身につけ、国家資格に合格し、初めて理学療法士になることができます。

理学療法士の養成校は、高校卒業以上で受験することができます。養成校では、一般教養科目、専門基礎科目、専門科目、臨床実習と大きくわけて4つのことについて所定の年数を学びます。

理学療法士も現在は、さまざまな分野で活躍しています。病院や介護保険施設でのリハビリの他、住宅改修や福祉用具のアドバイス、介護予防について、区役所や特別支援学級、障害児者の施設、健康管理やスポーツに関することなどで専門知識を活かして働いています。養成校によっては、スポーツトレーナーに特化した学校や地域病院との連携、在宅や地域に根ざした医療を目指している学校など、特色があります。

養成校を選ぶ際は、理学療法士国家資格の合格率や就職内定率も大切ですが、理学療法士になった後、どのような分野で活躍したいのかの先を見据えて選びましょう。資格取得後でも間に合いますが、活躍したいと思っていたことと実際の内容が異なる場合もあります。将来像をしっかり思い描きながら勉強していくことをおすすめします。

理学療法士が取得できる学校の種類

4年制大学

受験資格を得られるほかに、大学卒業資格も得られるため、一般に「学士」の称号を取得することができます。学業面では、専門科目以外に大学で決められている基礎科目も学びます。大学卒業単位に理学療法士の受験資格は必須ではないため、大学生活の中で勉強を進めていって他に学びたいことが見つかり、理学療法士を取得しない学生もいます。

短期大学(3年制)

受験資格を得られるほかに、短大卒業資格も得られるため、一般に「短期大学士」の称号を取得することができます。4年制大学とは異なり、資格取得を目的に入学する学生が多いため、学校側も1~2年生は、リハビリテーション専門家育成のための勉強を中心に行い、3年生の4月からは現場での実習の他、国家試験の合格を目指していきます。国家試験対策は充実しており、90後半以上の合格率を誇り、就職希望者は100%就職できている学校がほとんどです。

専門学校(3年制)

3年制の専門学校では、「専門士」の称号を取得することができます。短期大学と同様に3年で資格取得ができるため、即現場で働きたい人が多いです。国家試験対策も充実しており、90後半から100%の合格率を誇っている学校が多く、就職希望者は100%就職できています。

専門学校(4年制)

4年制の専門学校では、「高度専門士」の称号を取得することができます。

※文部科学省引用 http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/senshuu/1280752.htm
高度専門士は、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められているため、大学院へ進学することも可能です。

専門学校の特徴は、ゆっくり勉強ができることや実習期間が充実していること、受験対策に対しても時間をかけて行えることがあげられます。場合によっては、実習先などでアルバイトなどができることもあります。

特別支援学校(視覚障害者が対象)

視覚障害者が対象になる学校です。数は少ないですが、理学療法士の資格取得が可能です。

理学療法士の学校で夜間は?

理学療法士の学校は昼間コースに加えて、夜間コースもあります。現在のところ、4年制大学では夜間に学ぶところはありません。3年制短期大学、4年制専門学校、3年制専門学校において夜間コースを設けているところがあります。専門学校の夜間コースは4年制が主流ですが、学生の多くは社会人のため、可能な限り短時間で資格を取得したいと思っている学生も多く、3年制の専門学校も増えています。

例えば、夜間コースの場合、授業時間は学校によって若干異なりますが、18:00~19:00ぐらいから始まるため、昼間の就労が可能です。しかし、3年次になると、病院など現場での実習が始まります。夜間に実習することは困難なため、実習は平日の昼間になります。そのため、3年次は資格取得のための受験勉強もあります。夜間コースでも長い時間の就労は困難な場合もあります。勤め先にも伝えて勉強に臨むことをおすすめします。

夜間コースは、社会人の入学も多く、仕事をしながら資格取得を目指している人が多いです。収入を得ながら学べることもメリットの1つにあげられます。また学校によっては、夜間コースの方が若干学費の安い学校や、社会人に対して独自の奨学金などを行っている場合もあります。具体的に志望の学校を考えるようになったら、何に特化しているのかを詳しく調べると良いでしょう。

理学療法士の学校の注意点

理学療法士の資格を取得するためには、4年制大学。3年制短期大学、4年制専門学校、3年制専門学校、特別支援学校(視覚障害者対象)があることは説明をしてきました。また、学校によっては、昼間だけでなく、夜間に学べる学校もあります。

修行年数によってかかる学費も異なります。どの学校も卒業と同時に理学療法士になれるわけではありません。学校を卒業して理学療法士の受験資格が得られるだけです。卒業の年には、受験が待っています。学校の注意点としては、自分がどのように学びたいかをよく考えて学校を選ばなければいけません。

自分の考えのみで学校を選んで良い場合、自分は短期集中型で短い期間で勉強ができるのか、反対にじっくり考えながら資格取得に向けて知識と技術を身につけたいのか。また専門学校ではなく、一般教養も勉強したいと思えば、4年制大学で学ぶ必要があります。

社会人として働いている中で資格取得を目指す場合、短期間で資格取得を目指したい、収入も得ながら勉強を続けたいなどであれば、夜間コースを考えることとなるでしょう。
学校選びの際、理学療法士を取得できるならどこでも良いではなく、自分のライフプランを考えてどのように勉強していくことで資格取得ができるのかを考えることが必要です。

まとめ

理学療法士を志すきっかけになる出来事は人によって異なります。「自分自身が怪我をして身体機能が低下した際に、親身になってリハビリをしてくれたのが理学療法士さんだった」、「学生時代にスポーツをやっており、そのままスポーツを専門的に支えたい」など様々です。

学校を選ぶことも同じです。それぞれに特徴があります。要は、自分が理学療法士になるためにどのような勉強をしたいかを思い描いて学校を選ぶことが大切です。資格取得は楽しいことばかりでなく、想像以上に苦しいことや辛いこともあります。そのときこそ、自分が何で理学療法士になりたいのかという気持ちが奮い立たせてくれるでしょう。学校選びは人生の選択でもあります。リハビリ専門職になるために、自分に合った学校を見つけてくださいね。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら