法事の料理はどうすればいいの?献立の種類は?マナーは?

法事は、故人を供養し、冥福を祈る行事です。特に、忌明けまでは毎週法事があり、1周忌には喪明けとなります。法事は、法要の後、会食をするので、そのときに食事は特に大切な法事とされています。法事の食事のメニューや選び方やナマーについてお伝えします。

 

法事の料理とは

法事には最後に皆で故人をしのんで思い出を語り合う会食が設けられています。この会食を仏教ではお斎(おとき)といいます。お斎は、故人をしのび、思い出を語り合う場だけでなく、参列者への感謝の意を示す場でもあります。
お斎(おとき)は仏教の言葉でいう斎食(さいじき)という言葉から言われるようになったものです。斎食とは、僧侶が午前中の定められた時間に食事をするもので、法会とも呼ばれています。
現在では、肉食をとらないことを斎と呼ばれるようになり、法事などの仏事を行われる際に用いられるようになっています。そのため、法事の料理は四十九日までは殺生をしないという意味で肉や魚をいれない精進料理を出し、それ以降は普通の料理をだすことが一般的です。
四十九日までの食事を精進落としとか精進上げ、精進明けなどと呼ばれています。以前は午前中に食べることや精進料理を出すといったしきたりがありましたが、最近では、柔軟になってきて、必ずしも形式通りにした料理ではなく、むしろ故人をしのぶことを大切にして日中に料理が出されることが増えてきました。

 

法事の料理の献立の種類

最近では、法事の料理を仕出し料理や弁当を取るところも多く、外での外食も増えてきました。法事や法要でふるまわれている一般的な料理には、次のような献立です。

仕出し弁当

家で料理を出す場合は、一般的に仕出し弁当を頼んで、参列者と一緒に家でゆっくりと話をしながら食事をすることができます。お弁当は仕出し屋だけでなく、飲食店でも弁当として扱っている所もあります。
49日までは、和食中心の肉や魚を用いない、揚げ物、煮物、あえ物、漬物などが一般的な弁当で、家で吸い物す。飲食店でもお弁当として注文できるところもあります。仕出し弁当を頼む際は、法事のための料理で、赤白の容器は使わないことや慶事に使う料理を使わない弁当を注文します。料理は仕出し弁当を頼んで、汁物だけ自宅で作っているという家もあります。

専門店での茶懐石料理

自宅ではなく、食事は店で行うと料理を準備したり、食事をしたりする手間がいらず、後片付けも必要ありません。メニューも予算に合わせて選ぶことができます。ただ、店で食事をとるときは長居ができないので、ゆっくりと食事をする時間は取りにくいです。
店舗にはあらかじめ予約時間と人数分の料理をお願いします。法事の料理をお願いしておきましょう。懐石料理は少量ずつの煮物やあえ物などの和食料理で法事のときはご飯や汁物が最初に出されます。

店やホテルでお酒を出す場合は会席料理

お酒を出し、ある程度の品数や量が多い料理です。お酒もだされるので、それに合わせた料理が出されます。一般に外で法事の料理を注文すると会席料理が出されることが多いです。刺身、揚げ物、煮物、炊き合わせなど品数がたくさん出されます。
店やホテルなどでお齋をする場合は、会席料理を出すことが一般的です。

自宅で手作り料理を出す

自宅で料理を出す場合は、準備と手間と時間がいり、料理を出すときもがいります。メニューには、野菜の天ぷら、揚げ物、豆腐料理、サラダ、煮物、お浸し、香の物、吸い物、寿司(四十九日まではいなりずしや巻きずしなど)といったメニューで準備します。
手間と時間、作り置きできるものが必要なので、今は自宅で料理を作って出すことが減ってきています。四十九日までは肉や魚を使わない料理、それ以降は肉や魚料理を出しても構いません。

 

法事の料理のマナー

会場

法要は自宅でして、店やホテルで会食をするか仕出し弁当を注文するというケースが増えています。目安として2時間ほどを食事にかかる時間にとって、人数によっては貸し切りの部屋を取ることが必要です。

料理を出すときの席次

席次はお坊さんが一番上座に座っていただき、施主がその隣に座ります。参列者が順に座り、故人の親族が末席に座ります。親族の中でも故人から縁が遠い程上座に座り、縁が近い人たちほど末席に座ります。

ただ、あまり堅苦しく考えると座りにくいので、住職が上座でそれ以外の人は順不同で座る場合もあります。住職が席に参列されない場合は御膳料を包んでお渡しします。

返礼品

食事が終わるころに、上座から座っている方から順番に施主が返戻品を渡します。店やホテルの場合は、店の人にお願いして席に着く前に返礼品をセットしておくこともいいでしょう。返礼品は持ち帰ってもらうように、法事が終了するころに施主から挨拶をします。

料理の金額の相場

お斎の相場は、出す料理の内容や会場によって違いますが、1人あたり3千円~1万2千円ほどです。場所は自宅で手料理を出す場合が一番安く、仕出し弁当が3千円~5千円ほどで、店だと1人当たり5千円~7千円ほどです。

専門会席料理店やホテルになると、8千円~1万2千円ほどかかります。会場選びや料理の鉄人内容も吟味して選ぶ必要があります。他に飲み物代は別途料金の場合があるので注意が必要です。

お齋の流れ

1.住職を案内して上座に座っていただく
2.施主のあいさつ
3.挨拶をする人を紹介し、住職等が献杯のあいさつをする(この際に盃にお酒をそそぐ)
4.全員で合掌と黙とう
5.施主から「ありがとうございました。どうぞ食事を召し上がりください」と言われたら食事をします
6.終了際に返礼品をくばり、施主が挨拶をして終わりにする

法事の料理のタブー

法事で出す料理で注意することや料理中に気を付けたい点など、知っておいた方が良い点について紹介します。

お齋で出される料理

お齋の料理は、上でも述べたように原則として四十九日までは肉や魚を使わない精進料理を出しますが、近年では故人をしのんで、お互いに故人の思い出を語り合う場としてあまり料理の内容は柔軟になっています。

しかし、結婚式などのお祝い事にいれる尾頭付きの鯛やイセエビなどは避けて入れないようにします。仕事や家の事情などで法要だけ出席してお齋は出席しない場合は、あらかじめ事前につげておきます。

献杯時の注意

献杯は故人に捧げて敬意を表すという意味があり、出す料理の代表者の挨拶ができるように盃を交わします。食事は献杯が行われた後に箸をつけるので、それまでは手をつけません。

献杯のときは、乾杯ではないので献杯と言われたら少しだけ盃をあげて、静かに献杯と言います。大きな声で献杯と言ったり、拍手をしたりすることはタブーです。親族や施主が行う最初の挨拶は、先ず集まっていただいたことへのお礼から始まり、故人をしのぶ言葉を入れて最後に献杯と言います。

お酒を飲むときのタブー

会食でお酒がでる場合は、お酒を飲みすぎてしまわないように注意が必要です。特に、お酒が弱い人は気をつけた方が良いでしょう。

まとめ

法事の料理は、殺生をしないということで四十九日までは肉や魚を使っていない精進料理を出すことが一般的ですが、最近では柔軟な考え方で故人の思い出を語る場としての意味の方に重きを置くようになっています。法事の料理に関してまとめましたので、法事の際に参考にしていただけたら幸いです。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

法事の意味って?法要との違いは?

法事の三回忌について教えて!香典は?お返しは?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら