訪問看護とは どんな内容?料金は?

home-health-care-photo-nurse-patient

訪問介護と並んで在宅介護で重要な「訪問看護」。しかし実際何をどこまで対応してくれるのか、どのような人が使えるのかなどよくわからないことが多いサービスでもあります。また「これって介護保険?医療保険?」なんていう疑問も湧いてきます。今回はそんな疑問を一つずつ解決していきたいと思います。

 

訪問看護とは

訪問看護って何?

訪問看護とは在宅療養のための看護やリハビリテーション、その他必要な支援や指導を受けるサービスです。「介護保険」だけではなく「医療保険」や「自費」でも利用することができます。

訪問看護の役割

自宅で生活しながら定期的な医療ケアを必要としている人がたくさんいます。中には医療的ケアが必要でも通院が困難であったり負担が大きかったりする場合もあります。そういった場合に看護職員が自宅へ訪問して医療的ケアを行うことで在宅での療養を可能にします。入院や施設入所しなくても住み慣れた地域や家族との生活を支援する役割があります。

訪問看護の内容

訪問看護の基本的サービス

訪問看護では治療や悪化防止、終末期ケアなどを目的とした自宅での療養生活に必要サービスを提供します。医療的ケアだけではなく、リハビリや健康状態の確認、洗身、清潔、整容、療養上の相談なども行います。身体的ケアだけではなく心理的ケアも含む看護サービスを受けることもできます。訪問看護は看護師だけではなく、保健師や理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等が自宅
を訪問し必要に応じてそれぞれの専門分野に対応したサービスを提供します。

サービスの方針

訪問看護のサービス内容は主治医による「訪問看護指示書」に従って療や悪化防止、終末期ケアなどを行います。しかし利用者の状態や意見、相談等にも乗ってくれます。痛みや状態の変化、希望などがあれば担当の看護師またはケアマネージャー等と相談しながら療養の方針を考えていきます。

サービス提供事業所の形態

訪問看護ステーション:訪問看護のサービスをメインで提供している事業所です。夜間や緊急時対応をしているところもありますが事業所によって行わないところもあります。
保険医療機関:病院や診療所が行う訪問看護です。訪問看護を専門としていませんが主治医などが在籍していれば連絡が取りやすくなります。
定期巡回随時対応型訪問介護看護事業所:定期または随時訪問介護と訪問看護を提供する事業所です。介護と看護両方を扱う事業所なので訪問介護とあわせて利用する際は便利です。
看護小規模多機能居宅介護(複合型サービス):通所系と在宅のサービス機能を併せ持つ「小規模多機能型居宅介護」に看護が加わった事業所です。登録者はデイサービスのような日帰りサービスやショートステイなどの宿泊サービスの他、在宅での訪問介護や訪問看護など多機能なサービスを受けることができます。
民間企業の訪問看護:公的保険を使用しない自費での訪問看護です。保険の規定や制限に縛られませんが公的保険適用外なので基本的に費用が高くなります。

訪問看護の料金

訪問看護の料金の仕組み

訪問看護は「介護保険」と「医療保険」の2つあります。2つの保険を併用することはできません。両方の保険適合者は介護保険が優先して使用されます。医療保険は原則週3回までですが介護保険にはそのような制限はありません。ただし介護保険を在宅で利用する場合は介護保険支給限度額が定められています。それを超えた分は全て自費になってしまいます。利用者負担分は使用する保険によって負担割合も違います。また保険を利用して発生した料金は点数で計算され、点数1点あたりに換算する金額は地域によって異なります。その他事業所ごとに運営体制が整っていると加算料金がかかるなどその事業所によっても変わってきます。

介護保険の訪問看護料金例

加算を省略して1点あたり10円、1割負担である場合と仮定します。金額は1回あたりの負担金額です。
20分未満 311円
30分未満 467円
30分から1時間 816円
1時間から1時間半 1117円

訪問看護の対象者

訪問看護の利用条件

公的保険「介護保険」「医療保険」で訪問看護を利用する場合は必ず主治医による「訪問看護指示書」が必要になります。この指示書無しに訪問看護サービスを提供することはできません。「医療保険」は医師が必要と認めて「訪問看護指示書」が書かれていることが利用条件になります。これに対して「介護保険」はまず申請をして「介護認定」を受けます。「介護認定」が決定したらケアマネージャー等にケアプランを作成してもらい各関係機関と調整をして「訪問看護計画」に沿ってサービスを受けられるようになります。「自費」に関しては保険とは関係ないのでサービス提供者と利用者の契約内容によります。

訪問看護の対象となる主な状態

訪問看護は自宅での生活に必要な療養サービスを提供します。その利用目的として「治療」「悪化の防止」「終末期ケア(看取り)」が挙げられます。病気や怪我、障害、高齢による衰弱などにより自宅の生活でこれらの療養サービスが主治医により必要と判断された場合に利用対象となります。

訪問看護と医療保険

医療保険になる訪問看護

訪問看護を利用する場合は介護保険が優先して使用されます。介護保険を利用している場合医療保険の訪問看護を利用することはできません。医療保険の訪問看護が適用されるのは介護保険適用外である「40歳未満の人」と40歳~65歳未満の「介護保険第2号被保険者で介護保険の定める特定疾病にかかっていない人」ということになります。第2号被保険者は介護保険の定める特定疾病にかかっている場合は介護保険を使用することができます。医療保険での訪問看護は「医療保険加入者で介護保険を使用していない人」ということになります。

医療保険の訪問看護利用制限

介護保険の訪問看護と違い医療保険の訪問看護は週3回を原則とした利用制限があります。しかし介護保険が20分~時間を刻んでいるのに対して医療保険は1時間半までは時間を設定していません。料金も医療保険の基準になります。負担割合だけではなく体制加算なども関係してきますので利用の際は事業所に確認しましょう。

訪問看護の仕事内容

治療・悪化の防止のためのサービス

摘便、導尿、たんの吸引、手足の爪のケア、点滴、注射、採血、褥瘡処置、人工肛門パウチ交換、経管栄養、気管カニューレ管理、カテーテル管理、人工呼吸器管理、IVH管理、在宅酸素療法、包帯・ガーゼの交換、体位交換等。病状や症状に合わせた在宅で提供可能な医療的処置を行います。

療養に必要な身の回りの世話

食事の介助・助言・指導、口腔ケア、入浴・洗髪・部分浴等身体的清潔の保持、身だしなみ等整容、排泄の支援・助言・指導、自宅内での移乗や移動の介助等。必要に応じた療養に必要な身の回りの世話を行います。

心身のケア

利用者の状態確認、傾聴や相談による精神的ケア、家族への傾聴・相談・療養中の助言や指導。治療や悪化の防止だけではなく心身の状態を確認し支援します。また家族の不安や相談にも寄り添って在宅療養を支援します。

リハビリ

在宅でできる療養上必要な日常生活動作の訓練、寝たきり予防、在宅日常生活動作に関する相談・助言・指導等。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等それぞれの専門職が必要に応じた対応を行います。

まとめ

訪問看護は高齢者であれば原則介護保険が優先して使われます。病気や障害を抱える人が自宅で生活するのを支える重要なサービスです。在宅で療養する医療的ケアだけではなく生活全体、介護者である家族も視野にいれて支援してくれます。ほかのサービスとのバランスも考えながら訪問看護を上手に利用して行くことが大切です。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

訪問看護財団について教えて!入会メリットは?申し込み方法は?

訪問看護の研修を受けてスキルアップ!研修内容は?メリットは?

訪問看護で介護保険は使えるの?何が違うの?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら