管理栄養士ってどんな仕事?就職先は?

最近、よくインターネットや書店などで「管理栄養士監修」という文字を目にする機会が多くなりました。カロリー・塩分・糖質が気になる方に向けた冷凍弁当タイプの制限食などを宅配する企業でも「管理栄養士監修 ヘルシーメニュー」という広告がされています。大手インターネット通販でも「管理栄養士が考えたダイエットスムージー」なども目にします。
管理栄養士とはどのような資格なのでしょうか。今回は管理栄養士について詳しくみていきましょう。

管理栄養士とは

管理栄養士は、厚生労働省に認められた国家資格です。管理栄養士は病気を患っている方や高齢で食事がとりづらくなっている方、健康な方、様々な状況にある人、一人ひとりに合わせて専門的な知識と技術を持って栄養指導や給食管理を行います。

~栄養士との違いは~

栄養士は、栄養士養成施設で学び卒業することで、都道府県知事の免許を受けて「栄養士」になることができます。
管理栄養士は、管理栄養士養成施設で学び、管理栄養士国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けて「管理栄養士」になることができます。また、栄養士養成施設で学んだ人も、卒業後に栄養士として働き*、管理栄養士国家試験に合格すれば「管理栄養士」になることができます。※ 養成施設での修業年数により、受験に必要な働く年数は異なります。

~養成施設の違い~

栄養士養成施設は主に専門学校、短期大学、大学です。管理栄養士の場合は、4年制の縁門学校か大学で学ぶことになります。

管理栄養士の仕事内容

管理栄養士は幅広く、「食」や「栄養」に関わる仕事をしています。健康な人や病気の人、老齢で食事が取りづらくなった人に対して栄養指導や給食管理・栄養管理をおもに担当します。専門的な知識と技術により、様々な状況にある方に対して個々に、適切な栄養指導や給食管理、栄養管理を行うのです。
管理栄養士の仕事の場や内容は多岐にわたり、医療施設をはじめとして、老人福祉施設、介護保険施設、児童福祉施設、行政機関、企業、小中学校、さらには試験研究機関など、多での活躍が期待されています。特に、高齢者の施設では加算要件に管理栄養士の配置を求められることがあり、事業所側にとっては収入の増加に繋がることから、募集案件は常に多く発生しています。

管理栄養士になるには?

管理栄養士になるには大きく以下のような2つのルートが考えられます。

■栄養士養成施設を卒業して栄養士となり、厚生労働省が定める施設に就職して一定期間(1~3年)実務経験を積み、管理栄養士国家試験を受験する方法

・2年制の専門学校・短大 → 実務経験3年以上
・3年制の専門学校 → 実務経験2年以上
・4年制の専門学校・大学 → 実務経験1年以上

■管理栄養士養成施設(大学・4年制専門学校)を卒業して、受験する方法

学校卒業と同時に受験することができるため、合格率が高い傾向にあるようです。

管理栄養士の就職先は?

管理栄養士の就職先は多岐にわたっていると先に触れました。具体的にみていきましょう。

■行政

行政における管理栄養士の役割は、保健所や病院に勤務することです。それらの場では、管理栄養士の活躍で食生活を軸とした健康づくりを目指します。集団給食施設における栄養管理の指導。支援や国民健康・栄養調査の実施、病態に応じた食支援などを通して、地域の栄養改善を目指します。

■病院

病院での管理栄養士の病院の役割は給食管理(献立作成、発注業務、栄養価計算等)、衛生管理(マニュアル、帳票類、実施)、栄養管理(栄養食事指導、NSTなど)が主な仕事です。給食管理の一部を給食会社に委託している場合もあります

■特定保健指導

管理栄養士は、特定保健指導の実施者として、その役割が明確に位置づけられています。特定保健指導では、単に対象者への種々の情報提供を行うのではなく、生活習慣を是正するための対象者の行動変容を実現する質の高い指導能力が求められています。

■栄養教諭

栄養教諭は、教育に関する資質と栄養に関する専門性を併せ持つ職員として、学校給食を生きた教材として活用した効果的な指導を行うことが期待されています。献立作成から衛生面まで多様な業務を行っているのが栄養教諭です。それは、管理栄養士が担う役割の一つと言えます

■給食会社

給食会社での管理栄養士の役割は、委託を受けた施設での給食づくりが主な仕事になります。給食管理(献立の作成、調理等)、衛生管理などを行います。また、委託給食会社で働く管理栄養士は、委託元の企業の考え方にも大きな影響を受けます。学校や病院にとどまらず、高齢化によって増加している介護施設の給食管理でのニーズが高まっています。

■企業

企業での管理栄養士の役割は主に、商品開発や販売などが主な仕事となります。企業の新しい商品を開発、監修することで管理栄養士が関わった商品であるというという点において価値を感じる顧客も沢山います。

管理栄養士の給料、年収は

管理栄養士の平均年収は、企業や年齢によって異なりますが、一般的には350~400万円位(20~30歳代)をおおよそ推移しています。
一般の企業と比較しても大差はないようです。しかし、民間の場合は就職先により、基本給があまり上がらない仕組みになっている所は、年収も上がりにくいと言えます。一方、公務員は定期昇給が定められていますので、年収も勤続年数と比例することになります。そのため、管理栄養士の就職先として保健所、栄養教諭、学校、公立病院などが人気であることも頷けます。
ドラックストアやスポーツ関連の施設で働いている管理栄養士は20~30歳代が多いと思いますので、平均年収は、350~400万円位ではないでしょうか。オリンピドキュメンタリー番組などで専属の管理栄養士の存在が、選手の活躍を支えているケースなどが紹介されていました。同様に他のスポーツでも有名なアスリートには必ず管理栄養士や栄養士の存在が欠かせない時代です。今後、スポーツ関連の管理栄養士の需要が多くなるかもしれません。担当している選手の活躍やスポンサー関連の違いで管理栄養士の給与や年収も大きく異なることも考えられます。
給与面だけではなく、働きやすい職場としては、福利厚生が充実し、有給休暇などが取得しやすいなどがあると思います。この部分も公務員は充実しています。それらのことから公務員の管理栄養士の職場は人気が高いと言えます。

まとめ

ここまで管理栄養士についてみてきました。管理栄養士は広い分野でニーズが求められていて、求人数も多そうですな。また、近年では男性が栄養士や管理栄養士を目指すケースも増えているそうです。男子学生を受け入れる短期大学や大学も増えています。
男性の場合、結婚や出産で離職することが女性に比べて考えにくいため、企業としては、管理職候補として採用する場合も多いようです。
男女ともに管理栄養士の仕事は魅力的で将来性が高いといえるでしょう。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 
関連記事

栄養士の資格って?種類は?取り方は?

栄養士の取れる大学って?大学ランキング一覧は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら