死生観はどう向き合えばいいの?日本人の死生観とは?

5617ff83d7806da4e7966c9ca4c8bdd8_s

人は生まれた時から死ぬまでの人生はその人の「運命」として決まっているように、思いたくなる事がありませんか?人は必ず人生の最期をどのように迎えたいか、それは人それぞれに考え方が違います。これから身近に起こる可能性がある「人生の最期をどのように迎えたらいいか(死生観)を考えてみましょう。

 

死生観とは

死生観の定義としては「死あるいは生死」に対する考え方ですが人は生まれてから人生最期の日がいつなのかは誰にもわかりません年代も幼少期から高齢者まで、亡くなる原因も病気、事故、災害などで色々と条件が違っています。その中で高齢者は色々な病気の発症などで亡くなる確率はほかの年代よりも高くなります。人生最期の時はどのようなやかたちで迎えたいか又死後の世界はどのようなものなのかをさとす死生観という考え方があります。

海外では日本のような無信仰や無宗教という国が少なくキリスト教を始めとした多数の宗教があり世界中の大半の人は何らかの宗教を信仰して「神」を信じその教えに従って子供の頃から信仰して生きている間の生き方や死後の世界の考え方などの死生観は信仰する宗教によって洗脳とも言える状態になっている信仰信者が多くいる事は確かです。日本でも昔から仏教を信仰して各家庭では浄土宗、浄土真宗などの「檀家文化」が定着していました。その仏教の教えは親鸞聖人の*1往生即成仏が死後の法要は欠かせないものとして定着した「葬式仏教」という日本独特の宗教を形成していきました。仏教の死生観は地域によって違ってきますが日本においては、仏教の宗教儀礼の観点からみた死生観は先祖や死者の幸せな来世(浄土への念仏)を願い成仏した者が現世に残された者を救うという考え方です。

*1往生即成仏 浄土に往生すると同時に仏になり。仏になって全てが終わるのではなく、直ちに衆生救済の働きこの世に帰って衆生救済ができる。親鸞が説いた教えは浄土に往生するための教えではなく仏になる教えとされます。

日本人の死生観とは

日本は前の項目でも取り上げましたが古くから色々な宗派のある仏教の国でありその歴史も古く現在の日本人の仏教系の信者の数は8,770万人(平成29年度宗教年鑑)で日本の総人口の50%近い信者がいます。その他の宗教との比較は以下のようになっています

神道系     仏教系    キリスト教系    その他 合計
84,739,699 87,702,069 1,914,196 7,810,440 182,2,606,404
(46.5%) (48.1) (1.1%) (4.3%)

この信者数をみてもまだ日本では仏教徒が中心的な存在である事ははわかります。しかし日本での現実は核家族、少子高齢化、無宗教化というような事態になり仏教による死生観や教しえを学ぶ機会が減少していっている傾向にあるように思われます。更に日本の国民が宗教離れしてきた要因の一つにオウム事件があり宗教への信頼が一時的に急激な低下につながっていきました。

一貫性のない日本人の宗教感覚

現在の日本人は「宗教」「信仰」という事に対して無関心な人が多くなってきているように思えませんか、更に神道系と仏教系、キリスト系等の宗教の壁を気にすることなく宮参りを神社で結婚式はキリスト教教会で、葬儀は仏教で行うような宗教に対する信仰という面で一貫性が欠けてきており受け入れる方そんな状況を理解した上で行っていることだと思います。確かに奈良時代から明治時代になるまでには神仏習合という思想で神社と寺が一体化していた時代が永く続いて明治政府によって神仏分離令が発令されてそれまでの神社と寺の神仏習合の考えかたを一掃して神仏分離の考え方が今なお続いていること等現在の人達は宗教については学校では習う事はなく仏教の死生観を学ぶ環境作りが必要になるように思われます。

死生観の例

『生あるものは必ず死ぬ』 「死後はどこに行くのか」については最大の関心事ですが結果を知る事はどんな人でもわかる事は不可能です。しかしいつ死ぬかわからない人こそ1日、1日を大切に生きようとするでしょう。

歴史上の賢人の死生観の例,

歴史上で偉大な足跡を残している賢人たちの死生観を紹介致します。これを見ると賢人達の死生観とは何なのかが分かるような気がします。お

1. 死への準備をするという事は、良い人生を送ることでもあります。良い人生ほど死への恐怖は少なく安らかな死を迎える事ができ、もはや死はないものである
~~~トルストイロシア(の小説家)~~~

2. このところずっと生き方を学んでいたが、最初から生き方を学んでいたのだ
~~~レオナルド・ダビンチ(イタリアの芸術家)~~~

3. 死は生の対極としてではなくその一部として存在している
~~~村上春樹(日本の小説家)~~~

4. 日々生まれ変わるのに忙しくない人は日々死ぬのに忙しい
~~~ボブデイラン(米国ミュージシャン)~~~

5. 自分もいつかは死ぬ、それを思い出すことは失うものなど何もないという事を気づかせてくれる最善の方法です。
~~~ステーブ・ジョブス(米国の企業家、アップル創始者)~~~

6. 死は我々の友である、死を受け入れる用意が出来ていないものは何かを心得ているとは言えない
~~~フランシス・ベーコン(英国の哲学者)

賢人たちはそれぞれ特有な死生観をもって死ぬことに何らためらう事もなく死を自分なりに予期して自分らしく最期を迎えとぃるようです。

死生観で考えておきたい4つのこと

まだ若く健康的であれば自分自身の人生の最期について余り考える事はないかと思います。しかし自分が両親の介護の面倒を見るようになり生活の中心が介護で年中休みなしの介護生活になった場合、時をみて両親に死ぬ前と後でやってほしい事を聞いておくことが残された家族として重要な役割でもあります。その為にやるべき4つの
ポイントを紹介しますので最低でもこれは実行していただきたい事です。

最期を迎えたい場所

■自宅

在宅介護が可能な状態ならば永年住む慣れた自宅で、人生の幕を閉じる事が出来れば本人も人生最期の場所が自宅になればこれ以上安心して安らかな眠りにつける所はないでしょう。

■病院

医療の専門家に見守られながら最期を迎える場所になっても亡くなる迄例え病状が急変した場合でも手厚いサポート体制が整っているので最期の瞬間までケアは続けられ安心してその瞬間を迎えることができます。

■介護施設

看取りができる介護施設であれば最期の場所として迎える事は可能です。日常生活で介護サービスなどの支援も受けられ、他の入所者と交流する事で孤独感がなくなり本人の最期の迎え方にも尊重してもらえます。

■ホスピタ

積極的に治療が出来ない人(末期ガンや余命がわずかな人)に対して延命治療は行わず身体的、精神的な苦痛を和らげるケアを行い自ら最期をおくれます。

尊厳死

尊厳死は治療,が困難な状態になった人に対して延命治療を行わず、本人の意志を尊重して自分らしい最期を迎えさせてやります。

■尊厳死を希望するかの判断を家族に託される事もあります。その為に余命が残り少ない人の場合は本人がまだ家族の言っている事が判断できる状態の間に本へ尊厳死について理解してもらい確認をしておくと安心です。

死ぬ前にやりたい事

人は死を直前にしてやりたいことがあるのかと思いがちですが?本人は自分の歩んできた人生を振り返り、やり残したことがないか、もしあれば残り少ない時間でそれは叶えられるのか判断は家族が行い自分らしい最期にしてあげやり残したことも実現できた時に本人は満足な最期を成し遂げれることでしょう。

死生観を持つことの重要性

誰もが自分の過ごしてきた人生で悔いのない人生だったと思い最期を迎えたいものです。しかし現実は悔いの残る人生だったとその時に自分が犯した人生の罪や犠牲を払った事に対しての悔いはかなり残して人生の最終の幕を

閉じていく人が殆どではないでしょうか、そんな時には未だ生がある間に自分自身の死生観をもって最期を迎える事が最良の方法だと思います。

死生観の注意点

死生観を考える際にやはり宗教的な考え方が必要になってきます。何故なら死生観は生の時と死の時を考える事が基本にされているのでまず宗教での死生観を理解してから自分なりに行わないとつらい死生観になるので注意点として死生観の意味をまずよく理解する事が重要です。もし理解しないままに進めると生きる事が辛くなるような結論に結び付く事も考えられるので今一度ここで仏教とキリスト教の死生観を比較してみますので自分が人生最期の時どの。ようにしたら後悔のない自分らしい最期を求められるか判断してみてください。
人の生きる道において死生観は大変重要です。キリスト教と仏教という違う宗教では死生観も勿論違ってきます。

仏教においては死は今現在の死だけを意味しません。仏教では輪廻転生の教えが基本にあり過去世、現在世、未来世の3つが基軸にありそれぞれに命がある事を基本にしてよく聞く会話に「来世は何に生まれ変わるか」や「夫婦の間で生まれかわっても又一緒になる?」等の会話を聞くことがあるかと思います。それは仏教での3つの来世で生まれかわるものです。逆に悪い行いをすると畜生界、餓鬼界など怖い世界に生まれ変わらなければいけないようになります。人の死生観において仏教がもたらす影響としては輪廻転生の考え方が大きい事だと思われます。仏教は絶対的な神の存在は在りませんので自分で悟りを開く努力をする必要があります。一方キリスト教では命は1
つだけでその肉体にある魂は死ぬ事により神へ魂を返して安息の日を天国で迎える事や神の基へ行くその時までにどれだけ神の意向に沿うような生き方ができるかが個々の人に与えられた神からのテーマがキリスト教の死生観でもあります。

[輪廻転生](りんねてんせい)

全ての生きるものは生と死を永遠に繰り返し、死んでも3つの来世のどこかで生まれかわり生き続ける事を繰り返えされると、さとされます。仏教では様々な不幸が人生について回り生きる事は苦痛とセットとされて人々はこの苦痛から解放される事を望み輪廻の輪から抜け出すことが最高の願い事で抜け出すことを解脱といいます。

まとめ

日本のこれからの社会環境は高齢者、病人等の人数が加速して増えて来る事は確かな事です。そんな状況で心配されるのが多くの高齢者の命の火が消える最期の時がくるまで消えかけている命の火を使い自分らしい悔いのない最期を迎える為自分自身で死生観を理解するようにして最期の時が来るまで悔のない生きざまで飾ってみてはどうですか!

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら