介護認定調査員ってどんな資格?仕事内容は?

皆様は、要介護認定調査という言葉を聞いたことはありますでしょうか?
要介護認定調査とは、主に介護保険サービスを利用する時に行われるものになります。この要介護認定調査にて要介護状態であると認められなければ、介護保険サービスを受けることができません。そして、この調査を行う方々のことを介護認定調査員と言います。では、実際にこの方々はどのようなお仕事をしていくのでしょうか?

今回は、この介護認定調査員についてお話しさせていただきたいと思います。

 

介護認定調査員とは

この介護認定調査員とは、上記でも少しお話しさせていただきましたが、対象者において介護保険サービスが必要なのかどうかを調査する方々のことを指します。
介護保険サービスが提供されるためには、いくつかの調査を行う必要があるのです。まず基本調査と呼ばれる、対象者の主治医意見書や対象者の方の心身調査に基づいた一時判定が下されます。
その後、この主治医意見書や介護認定調査員が調査した情報を持ちにして介護認定調査会による最後の判定が行われるのです。
この時に重要視される主治医意見書には、対象者の病気や怪我、体の状態などが記してあります。
また、医師自身が記入する項目として日常生活を送る際に妨げになっている身体的または精神的な病気や怪我の治療内容。またチェック項目となっている、今行っている特別な治療、対象者の心身の状態。認知症の有無、また移動や食生活の状態までも細かく記入する必要があります。主治医は、調査員が調査しただけではわからない対象者の悩みや不安、また心身の状態を把握している場合がありますので、最終判断でも重要な書類となるのです。

また、会議認定調査員が調査する内容としては、今現在対象者が受けている福祉サービスを調査する概況調査というものがあります。この時に記入する調査用紙には、鉛筆やシャープペンシルは利用することが出来ません。黒のボールペン、もしくはワープロです。書き損じてしまった場合においても、修正液は使用することが出来ませんので注意が必要になります。修正印も押すことが出来ませんので、できるだけ間違いのないように記入する必要があるでしょう。対象者が今現在、在宅福祉サービスなどを利用しているのか、利用している場合の回数などを記入していきます。

この他に、調査員は基本調査と呼ばれるものも記入していきます。この基本調査は、調査員の判断が大切になってくるものです。この基本調査については、次の項目で詳しくお話しさせていただきます。

 

介護認定調査員の仕事内容

では実際に、この介護認定調査員はどのような仕事を行なっているかについてお話しさせていただきたいと思います。
まず調査員は、この調査が当日滞りなく行われるように、下準備をしておかなくてはいけません。そのために前もって、対象者本人あるいは家族に日程の確認や最終チェックを行なっておきます。当日に対象者以外に立会いの家族はいるのかどうか、また自分の交通手段もしっかりと確認しておき、時間に遅れて対象者や家族を待たせることのないようにします。また、服装も気をつけ動きやすいものを選ぶようにします。一番大切なのは、介護認定調査員にふさわしい身だしなみをしていくことです。特に女性の場合においては、爪の長さや装飾品、メイクやスカートの長さもきちんと気を配り、対象者である高齢者の方にマイナスなイメージを与えることの内容に気をつけてください。
介護認定調査の当日は、まずは対象者の確認を行います。氏名や生年月日、住所の確認を、可能であれば本人にお聞きします。またこの時に立会人がいる場合においては、立会人の確認も行います。その後に概況調査・基本調査を行います。この時に取り調べのような雰囲気を出してしまっては、質問される対象者や家族も緊張してしまいます。出来るだけフランクな感じでコミュニケーションをとっていきましょう。
まずは対象者に心を開いてもらうことが大切です。その後に調査後に調査票の処理などを行います。これは調査が終わって時間が立ってしまうと段々と忘れてしまいますので、出来るだけ早いタイミングで行うことが大切です。
前の項目でお話しさせていただいた、基本調査についてお話しさせていただきたいと思います。この調査は、対象者の日常生活動作の程度や精神面などを調査していくものになります。
例えば、対象者に麻痺はあるかどうか、座位保持は出来るかどうか、料理をすることが可能かどうか、意思疎通は可能か、どの程度の理解力があるかどうかなどを質問していきます。主に当てはまるものに丸をつけていく方法になります。
身体的な調査においては、可能であれば対象者にその動作を行なってもらうなどの方法をとります。いずれにしても、ここで大切なのは調査員の判断でしょう。

 

介護認定調査員の資格要件

では、この介護認定調査員になるためにはどのような方法があるのでしょうか?
この介護認定調査員は、対象者の市町村職員やこの介護認定調査員の委託を受けている事業所になります。また、この介護認定調査員を行うためには、都道府県や指定都市が実施されている研修を受ける必要がありますので、注意が必要です。
介護認定調査員は、公平な判断を下さなければなりません。決して私情を挟むようなことがあってはいけないのです。適切な判断をすることが出来なければ、対象者に適切なサービスを提供することは出来ません。また、プライバシーの配慮にも努めます。まずは対象者との信頼関係を結ぶことが大切になってきますので、最大限の努力を行い不信感をもたれることの内容に気をつけていきます。
また、対象者や家族からどんな内容の相談を受けたとしても適切に答えられるように、知識も必要になってきます。

 

介護認定調査員の給料、待遇

では最後に、この介護認定調査員の給料面や待遇面を見ていきたいと思います。
給与面は、求人情報を見る限り就職する場所によって大きく変わってくるようです。平均的に見ていくと、だいたい月給にして15万円から20万円前後が多いようです。勤務形態に関しても、正社員での募集の他に、パートやアルバイトとして採用しているところも多いようです。必要な資格としては、介護支援専門員、介護福祉士、社会福祉士、ホームヘルパー、保健師、看護師などの資格があげられています。また、調査員は自分で対象者の自宅へと伺う必要がありますので、バイクや普通免許の資格が必要な職場もありますので注意が必要になります。また、これも職場によって変わってはきますが、時給制ではなくて日給制をとっているところもあります。
まずは、自分がどこの職場でどのような働き方をしていきたいのかをしっかりと把握していき、職場を探して行くと良いと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
介護認定調査員という職業の方々は、自分自身や自分の家族が介護保険などを利用する機会がない限りなかなか話をする機会の少ない方々です。今回ご紹介させていただいたように、調査員は対象者が適切な福祉サービスを受けられるように調査することが仕事になります。そのために調査員は、対象者の小さな行動や言動も見逃すことがないようにしっかりとメモを取って、最終判定に繋げていきます。もし接する機会があった際は、しっかり不安や悩みなどを相談してください。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら