保健師について教えて!仕事内容は?なるには?

pub_health_ent_1

皆様は、保健師という職業の方をご存知でしょうか?
福祉の仕事の中では欠かせない職業ですが、実際に関わったことのない方も多いかと思います。よく、看護師と同じ仕事内容だと思われる方もるようですが、そうではありません。保健師は、福祉や医療の分野で看護師とは違う働きをしていく職業です。

今回は、この保健師のお仕事についてご紹介していきたいと思います。

 

保健師とは

では実際に、保健師とはどのようなことをする職業なのでしょうか? 見ていきたいと思います。
保健師とは、看護師と同じく保健師助産師看護師法にもとづく、国に認められている国家資格になります。一見、看護師と同じような職種に見えますが、職務内容は大きく変わってきます。看護師は、医師の指示の元に病気や怪我のケアをする仕事です。対して保健師は、健康を保持するためにはどのようにするべきかの指導を行うことや、病気や怪我の予防方法の指導、また地域の肩に衛生的な指導を行うこともあります。
対象となる方も様々で、小さなお子様から高齢者の方、障がいのある方から妊婦の方などその範囲は広くなっています。患者様に直接ケアを行う看護師に対して、この保健師は対象者の方の相談や悩みを聞きながら適切な助言、指導をしていくことで間接的にケアをしていく職業だと言えます。ただし共通している点として、看護師もこの保健師も深い医療の知識が必要になります。この保健師という職業は、看護師の免許を取得していなければ資格を取ることが出来ないのです。

専門的な知識がなければ、悩んでいる方の相談に乗ることはできません。上記でもお話しさせていただいたように、保健師の対象とする方は幅広くなっています。まず、医療や福祉の分野においてきちんとした知識を身につけることが大切になってくるでしょう。就職先は様々で、病院などの医療機関はもちろんのこと、保健所や保健センターでも勤務することが可能です。その他、今は学校などの教育機関に勤務する方も増えています。また、現在はうつ病などの心の病気になってしまう方も増えています。

そのような病気にならないようにするためにはどのようにしたら良いのか、またもしかかってしまったらどうすればいいのか、悩みを聞くことや助言をするのもこの保健師の仕事の一つになります。

 

保健師の仕事内容

では次に、実際の保健師の仕事内容を見ていきたいと思います。
この保健師の仕事内容は、どこに所属しているかによって大きく変わってくるものでもあります。保健センターなどでは、健康のための助言や指導を行い、また必要であれば他機関との連携も必要になってきます。健康だけではなく、高齢者の方のための介護問題や障がい者の方のための支援、また時には育児の指導を行うこともあります。上記でも少し触れさせていただきましたが、学校に勤務する場合は、また対象者がガラリと変わってきます。対象者は生徒や学校の職員となり、健康指導はもちろんのこと校内の衛生面にも気を使わなければなりません。また何よりも大切なことは、対象者となる生徒達に心を開いてもらうことでしょう。
身体的には問題のない場合でも、精神的に何らかのダメージを受けている生徒は多くいます。それが後に身体的に影響を与えてしまう場合もあるのです。同じ学校勤務である養護教諭とは異なる職業ではありますが、まずは適切なコミュニケーションを図ることが大切になってくるでしょう。学校以外にも、企業で保健師として働いている方もいます。職場で健康に働いてもらうために努めていきますが、今は心の病気にかかってしまう方も増えつつあります。

そのために、まずはそのようなことが起きないように定期的にメンタルチェックを行うこともあります。ここでの保健師の役割は、健康指導や健康促進のために働きかけることももちろんですが、おその前に病気にならないように指導していくことが最も求められていることだと言えます。

 

保健師になるには?

では、実際に保健師になるにはどうしたら良いのでしょうか?
まず何度か触れていますが、保健師になるには看護師の免許が必要になってきます。最初から保健師を目指す方は、専門学校や大学によっては看護師と保健師、同時に受験資格が取得出来るコースがあるところもあります。ここで保健師になるための勉強をした者が、国家試験を受験出来る権利をもらうことが出来ます。仮に看護師免許を取得出来たとしても、保健師の試験に合格することが出来なければ保健師になることは出来ませんので注意が必要です。その他の方法としては、先に看護師の免許を取得した後に保健師の養成所などで勉強をして受験するというやり方もあります。

近年の保健師の合格率は80パーセントから90パーセントと決して低い数字ではありません。自分がまずどのような方法で資格を取っていきたいかをしっかり吟味し、進路を決めていきましょう。きちんと勉強をしていれば取れない資格ではありません。

 

保健師の働く場所の種類

では次に、保健師がどのような場所で働いているのかを見ていきたいと思います。保健師は大きく分けて三つに分類されています。

① 地域での保健師

地域包括支援センターなどのに所属し、地域住民の方の健康促進や病気の予防に努める保健師です。そのため対象になる方はとても幅広くなっています。例えば高齢者の方には、リハビリ的な要素を含んだ体操などの指導を行ったり、または乳幼児を抱えた主婦の方を対象とした支援を行う場合もあります。

② 学校での保健師

ここでの対象者は、学校内の生徒が主になってきます。身体的・精神的ケアを行いながら、学校の衛生面などにも気を配っていきます。よく勘違いされるのですが、養護教諭とは異なります。養護教諭を目指す場合は、また資格が必要になってきます。

③ 産業保健師

この保健師の対象は、企業で働いている職員になります。今現在、日本の企業で過労死、残業による身体的・精神的問題が増えつつあります。従業員が安心して働くことができるように、健康面やメンタル面をケア・また助言・指導していきます。

保健師の待遇

基本的に、努める職場によって給与金額は大きく変わってきます。また、企業によっては正社員での募集を行っていない所もあります。その場合給与金額はガクッと下がってしまいますので、求人情報をきちんと確認するようにしてください。同じ医療関係の資格である看護師に比べて残業が少ないイメージがありますが、これは自分の力量次第だと言えます。どちらかというと保健師は、記入しなければならないものやまとめなければならないものなどの事務作業が多い場合もあります。その日に終わらなければ残業という場合も考えられますので、その場合きちんと残業代は支給されるのか、また金額はどれくらいになるのかをきちんと確認しておくようにしましょう。今は、このような看護師や保健師に特化した求人情報サイトも増えています。このようなサイトを活用しながら自分に合った職場を見つけていきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?保健師の方はこのように、私達の身近な場所で支援を行なっています。

保健師以外でも、実はたくさんの場所で福祉のお仕事をされている方は活躍しているのです。そのような方々に少しでも目を向けていただけたら幸いです。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

保健師の求人ってどう探せばいいの?選ぶポイントは?

保健師の給料ってどうなってるの?年収では?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら