保健師の給料ってどうなってるの?年収では?

public-health-nurse-registered-nurse-rn

福祉や医療の現場を支えている保健師という職業。
しかし、看護師や医師、介護福祉士などの職業とは異なり、名前だけしか聞いたことのない方や、どのようなお仕事をするのか知らない方も多いようです。また、医療や福祉関係のお仕事に就きたいと考えている方で、保健師に興味があるけれど実際はよくはわからないという方もいます。

今回は、この保健師という職業の主に給与面についてお話ししていきたいと思います。

 

保健師の給料とは

この保健師という職業は、国に認められている国家資格で、また名称独占資格になります。
この名称独占資格とは、資格を見たなければ業務を行うことが出来ない業務独占資格とは異なり、資格を持たない者であったとしても保健指導を行うことは出来るのです。同じ福祉の資格の中では、介護士もこの名称独占資格になります。しかし、この保健師は勉強をすればすぐに資格が取得出来るというものではありません。保健師の資格を取得するためには、上記でお話しさせていただいた業務独占資格である看護師の免許が必要になってくるのです。つまり、看護や医療の分野の知識、そして福祉サービスや社会問題などの知識も必要になる難易度の高い資格だと言えるでしょう。

では一般的に見て、この保健師の給料はどのくらいのものなのでしょうか?この給与の金額は、自分が就職する現場によって変わってきます。保健師は、いくつかの働き方を選択することが出来ます。ほとんどの方が働いていると言われるのが「市町村」で、保健師センターなどの福祉施設にて健康促進のための指導や母子支援、また高齢者の方のための介護指導や健康指導を行います。地方公務員として働く場合においては、給与は各自治体で決められています。経験や所属年数によって高くなっていくでしょう。また、この他にも企業などに就職する保健師もいます。この場合の保健師は産業保健師と呼ばれ、各企業の一員となって、職員の健康やメンタルチェックをおこなっていきます。この場合は、自分の就職した企業によって給与の金額が変わってきます。
このように、自分がどこの現場で保健師として働くかによって多少金額にも差が出てくるかと思いますので、資格を取得し実際に働く場合は自分が誰を助けていきたいのかをしっかり考え、給与面もきちんと見てきましょう。

保健師の給料は安い?

では、この保健師の給料は福祉の現場において高いのでしょうか?それとも低いのでしょうか?
就職先にもよりますが、保健師の初任給は平均的に見ると17万円から18万円ほどだと言われています。
保健師の求人情報を見ても、16万円から20万円ほどと幅広くなっています。あくまで最初にもらうことの出来る給与になりますので、長く勤めれば努めるほど給料は上がっていきますので、最終的に30万円ほどになることも少なくありません。この金額は一般的に見ると、決して低い給料ではないのではないでしょうか?ただし、勤務形態によりますが看護師の給料と比べると低い場合が多いようです。しかし看護師の場合は、特に病棟勤務などの場合は夜勤がつきものの職業になります。
よって基本給プラス夜勤手当などが加算されていきますので、保健師より高くなっていきます。なぜなら保健師はどちらかと言うと事務職が多いために、夜勤勤務がないからです。しかし、自分の働く現場によっては休日出勤や残業勤務をしなければならない場合もありますので、結局は自分の仕事の捌き具合や職場の形態によって変動すると考えていただいて良いと思います。全体的な保健師の数で見ていくと、男性よりも女性の保健師が圧倒的に多いようです。しかし、この保健師は基本的には夜勤がなく残業も少ないと思いますので、結婚・出産した後も働きやすい職場であると言えます。

同じ保健師に女性が多いために、そのような場合にも相談がしやすいでしょう。だからと言って男性職員のニーズがないという訳ではありません。相談者の中には、女性よりも男性の方の方が相談しやすいという方もいるでしょう。また女性だから気がつけることや親身になってあげられること、反対に男性だから話がしやすいことや気がつけることがあるはずです。

 

保健師の給料 年収では

では次に、この保健師の仕事を年収で見ていきたいと思います。
一般的な保健師の年収はだいたい400万円から500万円とされています。この幅が広くなっているのは、上記でもお話しさせているように個人の職場や勤続年数、勤務形態によって変化していくからです。就職先を探すときに、ハローワークや求人情報サイトで給与をチェックしてください。
ただし、保健師は看護師などの職業に比べて求人が少ない場合があります。採用人数が看護師のように多くないためです。また、保健師の転職率は少ない傾向にあるとも言われています。後で公開しないためにも、早めに自分が納得出来る就職先を探しておく必要があると言えるでしょう。
保健師の多くは地方自治体に勤務しています。しかし、この職員として勤務するためには採用試験に合格しなければなりません。採用時期は各自治体によって異なりますので、もしこちらでの勤務を希望している方は注意が必要です。

採用人数もまちまちです。場合によっては保健師の募集はない年もあり、あっても高い倍率になってしまうこともあります。

 

保健師の給料のポイント

この保健師の給料に関するポイントは、自分がどこの職場を選択するのかという点がとても大きくなってきます。保健師は、自分の働くことの出来る職場をいくつか選択することが出来るのです。
例えば上記でもお話しさせていただいた市町村で働く保健師は、保健センターなどで高齢者から幼児までは幅広い層の肩を支援していきます。初めて母親になる方に対しての支援や指導、障がいのある方に対しての支援や助言、高齢者の方への支援など必要とされる知識は膨大です。
企業にて保健師として働く方もいます。職員の方が健康に働けるよう、健康診断の結果をもとに面談を行い助言や指導を行います。今はうつ病などの病気も多くなってきているので、職員の身体面だけではなく精神面にも気を配らなくてはなりません。また、定期的に勉強会を行い社員全体に健康を呼びかけていきます。しかし、この保健師は間口がとても狭く、また企業側も経験豊富な保健師を求めている場合が多いので、経験を積んだ後の転職先として考える方が多いようです。
また、保健師は学校などの教育機関でも働くことができます。しかし、こちらで養護教諭として勤務するためには養護教諭免許が必要になってきます。保健師の資格を取得した後に養護教諭の資格を取得するには、必要な勉強をして単位を取らなければなりません。
ここでは、主に対象となるのは学校の生徒となり、生徒の健康に努めるのはもちろんですが、心の問題にも寄り添っていかなければならないでしょう。

このように働く環境が異なると業務も大きく変わっていきます。当然給与も大きく変わっていきますので、まずは自分がどこで働きたいのかをはっきりさせておく必要があるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?このように保健師は様々な場所でニーズがある職業です。これから先、社会の問題が増えるにつれてどんどんニーズは高くなっていくと考えられます。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

保健師の求人ってどう探せばいいの?選ぶポイントは?

保健師について教えて!仕事内容は?なるには?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら