保健師の求人ってどう探せばいいの?選ぶポイントは?

福祉の資格の中でも、国に認められている国家資格である保健師。取得するのは大変な資格ではありますが、一度取得してしまえばその資格は一生ものです。では、実際にこの保健師の資格を取得した後はどのように就職先を探せばいいのでしょうか?今回は、保健師の求人についてお話ししていきたいと思います。

 

保健師の求人とは

では、実際に保健師の皆さんはどのようにして求人を探しているのでしょうか?まず、保健師の資格を取ったほとんどの方は、地方自治体に就職すると言われています。しかし、この地方自治体の職員として働くことは簡単ではありません。まず、試験を受けて合格することが出来なければ働くことは出来ないのです。同じ福祉・看護の資格である看護師は人手不足のこともあり、比較的採用人数は多い傾向にあります。しかし、保健師の場合、またこの地方自治体での求人は年に一回となっており、採用人数に関しても各自治体によって変わってきます。数人採用となる時期もあれば、一人も募集していない時期もあるということです。もし就職先を地方自治体の職員と考えている方は、こまめに自治体のホームページを確認し応募できるようにしておかなければならないので注意が必要になります。また、保健師の転職率は他の職種に比べると少ないという情報も出ています。そのために良い条件の就職場所はなかなか空きが出ないことが予想されます。いくつかの職場を当たれるように、余裕を持って就職活動をしておきましょう。地方自治体の職員以外の求人に関しては、他の職種と同じ方法になります。近くにハローワークがある方はそちらで求人検索が可能です。ハローワークに行く時間がない方は、今はインターネット上に求人サイトがたくさんありますので、自分の探しやすいサイトを検索して求人を閲覧するという方法もあります。

 

保健師の求人を探すには

では次に、保健師の求人の探し方についてお話ししたいと思います。

① ハローワーク

産業保健師と言われる、一般企業で勤務する保健師の求人や病院などの医療機関での求人、保健センターなどでの求人はこのハローワークで探すことが出来ます。自分の望む条件の元で検索することが出来ますので、希望する給与や勤務の場所、休日などに照らし合わせて検索してみると良いでしょう。また、ハローワークの職員の方に相談をすることで、検索機に出ていないような求人情報や、保健師の求人が出た時に連絡が来ることもあります。どんどん相談してみてください。

② インターネット上の求人情報サイト

インターネットの普及により、今はネットで求人の検索をすることも可能になりました。検索をかけると数多くの保健師の求人がヒットしますので、自分の条件に見合う職場を探し応募してみましょう。また、福祉や医療に特化しているサイトも多くありますので保健師の求人も探しやすいかと思います。

③ 知人からの紹介

福祉や医療の現場において意外と多いと言われているのが、この知人からの紹介になります。上記でも少しお話しさせていただきましたが、保健師の採用人数は実はあまり多くありません。そのために募集があったとしても、なかなか就職決定まで至らないことがあるのです。そんな時に一番有効なのが、自分の知人から就職先を紹介してもらうことになります。もちろん、紹介してもらうということは、これからの自分の働きはその知人にまで影響が及ぶということを忘れてはいけません。自分の働きが認めれれれば知人の評価も上がっていきますが、反対に評価が悪かった場合は知人の評価まで下げてしまうということを忘れないでください。ただし、紹介してくれている知人が働いているということは、ある程度信用できる職場ということでもあります。保健師の職場を探しているということを自分の周りに伝えておき、何かあった時に紹介してもらえるようにしておきましょう。

保健師の求人で選ぶポイント

では、実際に保健師の求人を探す時に何かポイントとなるものはあるのでしょうか?まず、自分がどのような働き方をしたいのかということが一番重要になってきます。保健師として働いている方の半数以上が、正社員で就職しています。次点で臨時職員、派遣社員という割合です。また、就職先で見てみると、産業保健師が臨時職員での雇用の割合が高くなっています。この産業保健師とは一般的な保健師の就職場所とは異なり、一般企業での就職となります。この企業の職員の方が健康で働くことが出来るように、健康チェックやメンタルチェックを行っていきます。この産業保健師は、場合によっては企業に保健師として働いているのが一人だけというケースも少なくありません。また、採用人数が少ないということは、必然的に倍率も高くなっていくでしょう。また、職場に保健師が一人ということは、何かあった時に自分一人で対応しなければならないということを忘れてはいけません。膨大な知識が必要になって来る保健師ですので、新人のうちは先輩に相談できるような職場を選択するということも手です。ある程度経験を積んだ後に、このような職場を選んでみてはいかがでしょうか。保健師は、このような産業保健師の他にも、学校などの教育機関で働く保健師もいます。この場合は、後で資格を取得することによって養護教諭にもなることが出来ます。また、対象となる方も企業の職員だった産業保健師とは異なり、学校の生徒や先生たちになっていきます。地方自治体で勤務をする場合は、また対象者が異なり高齢者の方から小さな子どもなど幅が広がっていきます。このように、選択肢は多い職業でもありますので、今一度自分はどのような現場で働いて見たいのかをしっかり考えてから求人を探して行くことが大切です。

 

保健師の求人を探せるサイト

ここでは、保健師の求人を探すことのできるサイトをご紹介していきたいと思います。

① インディード

このサイトは、保健師などの福祉に特化したサイトではありませんが、ネットの求人サイトでは大手になりますので、検索をかけると最初の方にヒットします。フリーワードでの検索や勤務地での検索、条件なども設定できます。

② グッピー

こちらはインディードとは異なり、医療や福祉に焦点を当てている求人情報サイトになります。年間300万人以上が利用されていると言われており、勤務形態や勤務場所などから保健師の求人を閲覧することが可能です。また、施設などの写真もみることが出来ますので、働いた場合のことをイメージしやすいのではないでしょうか。

③ ジョブメドレー

こちらも医療分野に特化した求人情報サイトになります。無料の会員登録をしておくことで、気になる求人情報が見つからなかった場合でもキャリアサポートを受けることが可能です。その他、医療の現場に勤務している方の情報を知ることが出来たりと、サイト内はとても充実しています。こちらも自分の望む条件から求人を検索することが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?就職は、これからの自分の人生においてとても重要なものです。職場によって、働き方や給与金額は大きく変わってきます。
今、自分が一番重要視しているものは何でしょうか?
しっかりと把握し、後で後悔しないためにも自分に見合う就職先を探しましょう。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

保健師の給料ってどうなってるの?年収では?

保健師について教えて!仕事内容は?なるには?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら