ホームヘルパーの資格ってどんなのがあるの?廃止になったのはどれ?

ホームヘルパーの仕事をするのに必要な資格は法律で定められています。しかし介護保険は数年ごとに改正されているので制度の内容もよくわからなくなってきます。今回はホームヘルパーに必要な資格とその内容、廃止になった資格が今どうなっているのかなどをまとめました。

 

ホームヘルパーの資格とは

ホームヘルパーは資格が必要

ホームヘルパーとは介護保険では「訪問介護員」と言い、訪問介護事業所で居宅の介護を支援する職業です。訪問介護の仕事は一人で家に行くことがほとんどで、現場では利用者と職員の1対1ということも少なくありません。介護保険では介護の質の向上を目指しており「訪問介護員」には法律で決められた資格を持っている人でなければ勤務できません。

ホームヘルパーの資格と法律

ホームヘルパーの資格に関しては法律が改正され、現在取得可能な資格と廃止になった資格があります。ホームヘルパーに必要で現在取得可能な資格として「介護職員初任者研修」「介護職員実務者研修」「介護福祉士」があります。

介護職員初任者研修

この資格は指定された内容の研修を全て修了することで得られる資格です。研修時間は全部で130時間となっています。研修の実施は社会福祉協議会や地方自治体、また委託された事業者などによって行われます。内容は「介護初任者」ということで介護の基礎、基本から実務に関して、経験がなくても介護のプロとして現場に立つために必要な知識を学びます。

介護職員実務者研修

介護職員初任者研修同様に、指定された研修全ての修了で資格が得られます。研修時間は全部で450時間になりますが、「介護職員初任者研修」「ホームヘルパー2級」「介護職員基礎研修」の修了者は資格によって科目が免除されます。研修は社会福祉協議会や地方自治体、または委託された事業者などによって行われます。この資格は介護職員初任者研修の上級編になります。初任者研修より実践的で深い知識と技術について学びます。

介護福祉士

この資格は国家資格になります。国家試験に合格して資格を取得できますが、試験を受けるのにも「受験資格」があります。受験資格を得る方法は2種類あり、1つは「福祉系の学校に行き課程を修了」することです。もう1つは働きながら資格を取得する方法で「実務に3年以上従事し、介護職員実務者研修修了者であること」が必要になります。

難易度

「介護職員初任者研修」と「介護職員実務者研修」
研修という名称ですが最後に試験があります。しかしこれは一般的な資格取得の試験とは違い、研修内容の振り返りや確認のための試験です。実際研修を受けるだけで合格してしまうと、寝ていたりまじめに聞いていなかったりという人が出てきます。研修の質確保のための確認試験であって落とすための試験ではありません。それなりにしっかり受講していれば受かる内容になっています。万が一落第点であってもよほど理解が不足していなければ追試や再試などにより合格するのが一般的です。

 

廃止になったホームヘルパーの資格

介護保険制度改正で資格が変わった

平成25年度の介護保険制度の改正に伴い資格の変更が行われました。「ホームヘルパー1~3級」、「介護職員基礎研修」の受講が廃止になり、代わりに「介護職員初任者研修」「介護職員実務者研修」が新設されました。とは言っても「ホームヘルパー1~3級」、「介護職員基礎研修」の資格が消滅するわけではありません。すでに資格を取得している人はホームヘルパーの職に就く資格として認められています。

ホームヘルパー1~3級

平成25年度の介護保険改正前までは介護の職に就く前のもっとも初歩的な資格として多くの人が研修を受講していました。しかし当初はその名のとおりホームヘルパーを前提としており内容もホームヘルパーとして最低限の知識という程度でした。しかし介護保険制度開始から介護人材の育成について見直しがされ、「ホームヘルパー1~3級」は廃止され、介護業務全般の基礎知識として「介護職員初任者研修」や「介護職員実務者研修」に変更されました。

介護職員基礎研修

平成25年度の介護保険改正前まではホームヘルパー1級のさらに上の研修として位置していました。ホームヘルパーから施設やその他介護サービスを提供する職員として勤務するために必要な基礎知識や技術を学ぶ研修でした。「介護職員基礎研修」の研修教育もまた改正された「介護職員初任者研修」と「介護職員実務者研修」に変更されました。

廃止された資格の有効性

廃止された資格は受講ができないだけで介護保険上でも仕事に就く資格としては有効のままです。しかし介護報酬や介護福祉士の受験資格などまた別な変更点とも関係してきます。介護報酬に関しては「サービス提供責任者」の配置について、ホームヘルパー2級のみの資格者については暫定的に可となっていますが「できる限り早急に介護職員初任者研修および介護職員実務者研修の受講か介護福祉士の取得を目指すように」とされています。介護福祉士の受験資格においても介護職員基礎研修は有効で3年以上の実務経験があれば受験できます。

 

ホームヘルパーの資格のこれから

専門性の向上

ホームヘルパーはその名前からも「家事を手伝う人」と誤認されてきた経緯があります。社会保障財源の問題を抱える介護保険制度では介護に関するサービスをより適正に提供できるように改正が行われています。ホームヘルパーの資格も「在宅介護の援助」として介護の専門性が求められ、「介護のプロ」として知識や技術だけではなく考え方や責任の範囲も含め幅広く実用的な内容になってきています。

キャリアパスの考え方

各事業所が受け取る介護報酬の考え方として介護保険制度は「キャリアパス」を積極的に取り入れて優遇しています。「キャリアパス」とは簡単に言うと職員のスキルアップ制度のことです。
「介護職員初任者研修」→「介護職員実務者研修」→「介護福祉士」
このように研修や資格取得を優遇して報酬を加算したり減算したりしています。キャリアパスの考え方は介護職員の質の向上だけではなく介護職員が目標を持って仕事に取り組むことや仕事への意欲向上、介護離職の抑制や人材確保のためにも考えられています。

資格取得のメリット

これからも「キャリアパス」にかんする政策は強化される見込みです。資格取得者の優遇というのもありますが資格取得者の割合などによる減算も厳しくなる可能性があります。事業所としては収入が減ってしまうので減算は避けたいところです。そのため事業者は資格取得者を必要とするので就職や転職にも有利になります。また現在の資格はホームヘルパーだけに特化したものではないので施設系や通所系など介護の仕事全体でも有効性の高いものになっています。

 

まとめ

介護の資格はホームヘルパーの仕事だけではなく介護全般に共通する資格へと変わりました。またキャリアパス制度の導入により資格を所有していることが報酬にもつながる重要なものとなっています。資格取得は就業や報酬に有利なだけではなく知識や技術の向上とともに自身の啓発にもなります。キャリアパス制度を活かして成長していくことが仕事へのやりがいにもつながってきます。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

ホームヘルパーってどんな仕事?資格の種類は?給料は?

福祉と教育が関連した資格はある?

ガイドヘルパーってどんな資格?仕事内容は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら