車椅子のスロープはどうしたらいいの?持ち運びできる?購入、レンタルは?

車椅子でも行けるように段差を解消してくれるものがスロープです。スロープがあると、車椅子の人も外出できます。スロープには傾斜の角度が定められています。この記事では、スロープに関することをまとめていますので、スロープを使用するときの参考になさってください。

車椅子のスロープとは

車椅子がスムーズに段差が上り下りできるようなスロープとは、傾斜が緩やかで車椅子に乗ったままでスムーズに移動できるものです。玄関から外に出る場合や窓のレール部分にスロープをはめて外に出られるものなどがあります。

室内を車椅子で移動している人には、部屋のドアのところの段差やトイレや浴室などの段差があると、車椅子でそこを乗り越えることができません。スロープは、在宅で長く生活するために必要で、その人のADLやQOLをたかめます。

バイアフリー住宅の基準の勾配は基準値があるのでみてみましょう。

バイアフリー住宅で決められた勾配の基準値

バイアフリー住宅の基準になる文書のバイアフリー法の「建築物移動等円滑化誘導基準」では屋内は1/12、屋外では1/15と定められていて、勾配には手すりを設けることとされています。では、1/12の勾配とはどのくらいになるのか、段差の高さに対して勾配は何メートルのスロープが必要かを算出しました。

1/12の勾配の算出例

段差 5㎝ ・・・スロープの長さ 60cm
段差 10㎝・・・スロープの長さ 60cm
段差 15㎝・・・スロープの長さ 180cm
段差 20㎝・・・スロープの長さ 240cm
段差 25㎝・・・スロープの長さ 300cm
段差 30㎝・・・スロープの長さ 360cm
段差 35㎝・・・スロープの長さ 420cm
段差 40㎝・・・スロープの長さ 480cm
段差 45㎝・・・スロープの長さ 540cm
段差 50㎝・・・スロープの長さ 600cm

但し、高さが16cm以下の段差に対しては、1/8を超えないこととされています。但し、介助者が解除する場合は、スロープの長さが1/6の勾配が目安となります。介助者がいる場合は、上記の長さの半分で、段差が25㎝なら150㎝の長さのスロープが必要という計算です。

 

車椅子のスロープは持ち運びできる?

車椅子のためのスロープは、福祉用具でレンタルするスロープは、持ち運びできるものと工事によって備え付けられているものがあり、次のように種類があります。

車椅子で外出時に使用するスロープ

外出時に玄関や窓からスロープを置くものには次のようなスロープがあります。

●ダンスロープ

おりたたんで持ち運びができるようなスロープです。段差のトップにかけられるようにエッジがついて軽くて設置が楽なタイプです。広げた時に幅が74.5cmになり、長さが85cm~285cmまであります。耐重量は300kgまで耐えられ、重さは短いもので4㎏、一番長いもので13㎏あります。

●デクパック

4つ折りで持ち運びができるタイプです。エッジはありません。耐重量は300kgまでです。長さは120cm~200㎝で重さは、7㎏~12㎏です。スロープを広げたときの幅は74㎝です。

●ポータブルスロープ

折り曲げずに据え置きタイプの入り口のちょっとした段差に便利なスロープです。折りたためず、持ち運びはできません。幅は74cm、長さは40.5cm、耐重量は180kgです。

●テレスコピックスロープ

スロープが2本に分かれていて、段差によって伸ばして使用できるスライドタイプのスロープです。長さは200cmと300㎝の2種類があります。スロープの幅は1本あたり27.9㎝です。それを2本車椅子の輪だちの位置に合わせておきます。

表面は滑り止め加工がなされています。耐重量は350㎏(1本あたり200㎏)までです。

室内で段差がなくなるようにつけるスロープ

●ダイヤスロープ

段差でつまずかないように、また車椅子の人が段差を超えられるように廊下や床に置くだけのタイプのスロープです。住宅改修が行えない賃貸住宅などで敷居などの段差に利用されています。

●段ない・スロールタイプ

ロールにできるスロープで、広げた幅が70㎝、長さが110㎝で、耐重量250㎏までです。段差を超えていく場合に敷居の上に広げて利用できます。庭の門等の敷居もまたぐように設置できます。

一枚で広げられるスロープは、ほとんどのスロープの幅が74㎝ほどです。車椅子と介助者が余裕をもっておりられる幅になっています。

車椅子の折りたたみスロープ

汎用性

折りたたみスロープは「折りたたむ」、つまり片付けたり持ち運んだりすることができるということです。設置型のスロープと比べた使い方の違いとして、車椅子が通る時だけ使用する。いろいろな場所で使用する。といった汎用的な使い方が想定されます。購入の際はどのような場面で使用するのかいくつかの状況を想定し、購入する折りたたみスロープに対応する機能があるかを確認しましょう。

重さ

折りたたみスロープは取り外し、持ち運びが想定されますので「軽さ」も重要になってきます。多くの折りたたみスロープはアルミを主な材料として使用していますがほかの部品によって重さは異なります。移動を頻繁に行う場合や使う人が女性、高齢者など扱いやすい重さかどうか確認しましょう。同時にかるからといって強度がなければ安全に使用することができません。重量と同時に「耐荷重」も確認しておきましょう。

持ち運び方法

折りたたみスロープの性能によってはコンパクトに折りたたんだ後、専用ケース等を使用して持ち運ぶものの他に、車椅子に搭載して持ち運びしやすくしているものもあります。車などで持ち運ぶ場合にはコンパクト、収納のしやすさが重要ですが、歩いて移動することが想定される場合はこのように持ち運びしやすい機能のあるものを選ぶようにします。

 

車椅子のスロープは購入、レンタル?

介護保険を受けている人は、一般にスロープをレンタルする人が多いですが、購入することもできます。ではスロープを購入する場合とレンタルする場合のメリットとデメリットをあげてみましょう。

車椅子のスロープを購入するメリットとデメリット

購入する場合、介護保険の福祉用具貸与で住宅改修費用として上限20万円まで9割が補助されます。スロープは玄関からコンクリートのスロープを工事して設置する場合などの住宅改修ではなく、上記のようなスロープの購入は補助がありません。

メリットは、賃貸住宅では住宅改修工事が難しいので、いつでもつけられるスロープが便利です。購入するメリットは、購入して支払ってしまえば、後は費用を支払わなくても済みます。

購入すると、必要なくなったときに、知り合いに譲ることもできます。自分の物なので、気兼ねなく利用できます。デメリットは、購入するとメンテナンスはすべて自分で行わなくてはならないことやレンタルのように他にいいものが出た場合に交換することができないです。

車椅子をレンタルする場合のメリットとデメリット

レンタルの場合は、要介護2以上の人が対象に1割負担で貸与できます。レンタル料は1か月あたり3,000円~6,000円ほどなので1か月の自己負担額が1割負担の人で300円~600円です。

レンタルは負担が少なく、必要がなくなった場合は、スロープを返すので、そのあと邪魔になりません。ほかのスロープに替えたいと思う場合は替えることができます。レンタルのデメリットは、必要な間はずっと支払い続けないといけないということです。

車椅子もレンタルならば、両方のレンタル料をずっと支払い続けなくてはいけないので、購入するより高くなることもあります。

車椅子のスロープの注意点

車椅子のスロープを扱う場合の注意点として、勾配に気を付けることです。1/8の勾配があるスロープでは車椅子でスロープを降りるときには介助者が車椅子を後ろ向きにして降りることが必要です。前向きに降りると車椅子から飛び出す可能性があるので、必ず後ろ向きで降りましょう。

1/12では介助する人が後ろについている場合は、スロープを降りるときに前向きでも大丈夫です。ただ、自走式の車椅子で本人が車椅子をこぐ場合、1/12でも力がない人では昇れない場合もあります。

バイアフリーの基準は1/12の4.76度くらいですが、かなりの緩やかなスロープです。介助者がいる場合は、取りつけられるスロープでは1/6くらいが目安なので、勾配がきつくなり、昇り降りの介助は慎重にしないといけません。

また、持ち運び用のスロープを設置する場合、スロープの長さが長いので、回りのものに当立って傷をつける可能性があります。そのため、設置する場合はまわりに気をつけながら設置することが必要です。

 

まとめ

車椅子が段差をスムーズに移動できるように、スロープを設置すると、その人の生活範囲が広がります。家の中で車いす生活をしている人は段差があると乗り越えられませんが、スロープがあるとスムーズに移動できるので、生活の質があがり、機能を維持、向上するうえにおいても必要です。スロープをレンタルか購入かはどちらもメリットやデメリットがあるので決めることはできません。

どのスロープを選ぶかも家の状態や利用者の状態に応じて慎重に行なうといいでしょう。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!]

 

jojoschatbanner

 
 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

車椅子の幅はどうなってるの?規格は?廊下やドアでは?

車椅子について教えて!種類は?どんなメーカーがあるの?

特定施設ってどんなところ?種類は?人員基準は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら