寝たきりにならないためにはどうすればいいの?原因は?リハビリでは?

人は元気で健康であれば「楽しみ」や「希望」をもって毎日の生活に充実感を感じて過ごすことが出来ます。しかし年令を問わず難病や事故で病院や自宅で寝たきり生活を余儀なくされる方もおられます。
では寝たきり状態にならない為にはどうすればいいかについて、介護をされる家族の方のために寝たきり情報を紹介させて頂きます。

 

寝たきりとは

病気や怪我はいつ、どこで遭遇するかは誰にも分かりません。更に状況等も分かりません。きずいたら救急車の中で診断の結果足を骨折してギブスをはめられ日常生活の場がベットになった経験のある方はおられると思います。ます。まだ足なら上半身で動作できる部分もありますが、病気や事故の状態次第では自分自身で動作が出来ないそのように長期間、食事、トイレ、入浴等の動作が自分だけでは出来ない状態を寝たきりと言われています。

寝たきりになりやすい病気

先ほどの事例で挙げました足の骨折でギブスをはずした時に骨折した箇所が動きませんそれは長い期間動かさなかった為に発症する「廃用症候群」になります。ここでは廃用症候群について少し触れておきます。

■廃用症候群(はいようしょうこうぐん)

廃用症候群とは、病気やケガなどの治療のため、長期間にわたって安静状態を続けることで身体能力の大幅な低
下や精神状態に悪影響をもたらす症状のことをいいます。廃用症候群の進行は速く、特に高齢者はその現象が速

く1週間寝たままの状態を続けると、10~15%程度の筋力低下が見られることもあります。
さらに、気分的な落ち込みがいちじるしく表れて、うつ状態になったり、前向きに取り組むやる気が減退したり、精神的な機能低下も見られます。

■その他の寝たきりになりやすい病気① 脳血管疾患(脳卒中) 18.5%
② 認知症 15.8%
③ 高齢による衰弱 13.4%
④ 骨折・転倒 11.8%
⑤ 間接疾患 10.9%
Hhttps://kaigo.benesse-style-care.co.jp/disease/

①~⑤迄の寝たきりに状態になりやすい疾患全てが高齢者に該当します。寝たきりに状態で長い闘病生活を続け床擦れの痛みにも耐えていかなければいけません。

寝たきりの原因

寝たきりに状態になる原因としては冒頭に挙げました3つの要素の運動・栄養・睡眠はどれも健康をたもつ為には欠かせない物です、特に運動については歩く事も徐々に少なくなってきます。運動不足は、肥満や代謝機能の低下、筋力の低下などを引き起こします。ttttこれらはロコモティブシンドロームやメタボリックシンドロームの原因となり、骨粗鬆症や関節疾患などの運動器の障害や、脳卒中、心臓病などを引き起こし、要介護や寝たきりの原因になってしまうこともあります。

スクリーンショット 2018-07-10 14.39.13

ロコモテイブシンドローム

ロコモテイブシンドロームとは、何らかの病気などで運動を行う運動器に障害を起こした、ために移動機能の低下をきたした状態 」のことを表し、2007年に日本整形外科学会によって新しく提唱された概念です。略称は「ロコモ」、和名は「運動器症候群」と言われます。運動器とは、身体を動かすために関わる組織や器管のことで、骨・筋肉・関節・靭帯・腱・神経などから構成されています。

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム」は、「内臓脂肪症候群」とも呼ばれ、複数の病気や異常が重なっている状態を表します。どういう状態かというと、腸のまわり、または腹腔内にたまる「内臓脂肪の蓄積」によって、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病の重なりが起こっていることを示しています。そして、この状態は、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化を急速に進行させてしまいます。この2つの要因による疾患から寝たきりになる高齢者が増えています。

寝たきりで寿命、余命は変わる?

現在日本人の平均寿命は延び続けて現在では男性80.9歳、女性87.1歳と長寿国になってきました。その結果としては高齢化社会への足がかりとなってきた要因とも言える事ではないでしょうか

日本人の平均余命 (単位:人)

年齢平均余命(男)平均余命(女)
2016年2015年前年との差2016年2015年前年との差
0歳80.9880.750.2387.1486.990.15
576.2075.980.2282.3782.200.17
1071.2371.020.2177.3977.230.16
1566.2666.050.2172.4272.260.16
2061.3461.130.2167.4667.310.15
2556.4956.280.2162.5362.370.16
3051.6351.430.2057.6157.450.16
3546.7846.580.2052.6952.550.14
4041.9641.770.1947.8247.670.15
4537.2037.010.1942.9842.830.15
5032.5432.360.1838.2138.070.14
5528.0227.850.1733.5333.380.15
6023.6723.510.1628.9128.770.14
6519.5519.410.1424.3824.240.14
7015.7215.590.1319.9819.850.13
7512.1412.030.1115.7615.640.12
808.928.830.0911.8211.710.11
856.276.220.058.398.300.09
904.284.270.015.625.560.06
平均寿命
男女差
(2016年)
6.16

平成28年厚生労働省「簡易生命表」

 

平均寿命と平均余命についてここでもう一度整理してみたいと思います。

①平均余命

ある年齢に達した人たちがあと何年生きていられれるかを「年齢別死亡率」から計算して出されたもの。

②平均寿命

平均寿命とは0歳の平均余命のことです。平均余命は年齢によって異なり、例えば平均寿命が80歳だとしても、今79歳の人が平均であと1年しか生きられないということではありませんので注意が必要です。 2017年現在80歳まで生きた場合の平均余命はおよそ10年でくらいです。
この2つのデータから女性の平均寿命は昭和の末期には80歳代になっていましまが男性は80歳代になるまでそれから約20年間かかっている事がわかります。その原因は仕事によるストレスや栄養管理、不規則な生活の積み重ねが原因としてあげれれます。その結果は脳疾患、心臓病関連の病気などを発症して寝たきり生活になる可能性が多いに出てきます。

寝たきりのリハビリ

寝たきりになると全身の血液循環が悪くなり、体がむくみやすくなります。加えて、体を動かさないことで関節が固まって動きにくくなる「拘縮」(こうしゅく)を引き起こす原因にもなってしまいます。
病院に入院中は病院の作業療法士や理学療法士の計画的なリハビリが行われます。しかし寝たきりに状態の方は在宅にもおられます。そんなときにはまず第1に自宅でのできる「ストレッチの効果」を知っておくと実施する前と後での変化にきずかれる事だと思います。要介護者のモチベーションを上げるためにも、ストレッチやることで効果がでる事当事者に理解してもらえると本人のやるきにも効果的になります。

ストレッチの効果

.
寝たきりに状態の方がストレッチをはじめてその効果を即効性のものではないことをまず家族もまう理解してください。ストレッチを行い続けることで次のような効果が期待されます
•副交換神経*を優位にするリラクゼーション効果
•血流を促進する
•関節の可動域を維持、拡大する
•筋肉の緊張を和らげる
※副交感神経とは…リラックスをしている時に働く神経のこと。昼間の活動で疲れた体を修復するのが役割 です。
特にやってもらいたストレッチとしては

•体が温まっているお風呂上がり時
•朝起きて体が動きにくいからこその起床時
•運動の前後
•体が疲れている時
※「食後」以外であれば特に問題はありません。食後は、消化のために内臓に血液が集中するため好ましくありませんストレッチは約20~30秒伸ばした状態を維持します。ストレッチをしてもらう人の呼吸が止まらないように呼吸
を促しましょう。20~30秒たったらゆっくりと関節を戻して少し休ませてあげましょう。これを2~3セット繰り返します。最初は本人は辛いかもしれませんが「継続は力なり」という言葉があるように継続した先には変化した自分を見ることができます。

寝たきりの介護のポイント

寝たきりに状態の方は自分で身体を動かしたり、通常当たり前だと思っている寝返りさせ自分ではできません。
そのため、寝たきりの高齢者の生活をサポートする介護者の存在がとても重要になってきます。介護保険申請で要介護認定を受ければその区分毎に決まっている毎月の上限額内で介護サービスを受ける事ができ、昼間は在宅サービスで訪問介護のヘルパーがサポートしてくれますが介護サービスも24時間行っている事はありません。

そんな時には家族によりサポートを行う事になります。家族による体位変換などを行う時には次に挙げます点が注意するポイントですので行う時には注意して行うようにしてください。

褥瘡(じょくそう)・床ずれ

寝たきり状態の方は自分自身で体位変換など身体を動かすことができません、その為に長い間同じ状態での姿勢を続ける事で背面の部分の一部が体重分の圧迫がかかりそこの皮膚への血流が悪くなりそこの皮膚が壊死しまう褥瘡いわゆる床ずれになりひどくなると中の骨の部分まで行く事もあり本人も激しい痛みに耐える生活がつづきますので家族の方も訪問介護の時にヘルパーに体位変換の仕方などを習うことを是非お勧めします。

寝たきり当事者の体の清潔保持

寝たきりになるとどうしても全身入浴や着替えの頻度が少なくなります。その為に身体の周辺環境を清潔に保つことがなかなかできない状態になります。寝たきりの方をサポートするためのポイントとして「清潔」は欠かしてはならない事です。

介護者側の負担

家族にとって寝たきりの方の介護は精神的にも肉体的にも大きな負担がかかり介護する家族もうつ病を発症したり
更に発展すると虐待へとつながります。そのような時には介護サービスを上手に利用して負担の軽減を行ってください。

排泄

寝たきりの方は当然自分自身でトイレへ行ったとしても排泄を行う事はできません。専用のトイレやおむつを利用します。それでも排泄時には立たせたり座らせたりの為にかなりの力が必要となります。家族の中には「いつまでこんなことをやらなければいけないか」と思い悩む家族もかなりおられるようです。

まとめ

寝たきり状態になると本人はなりたくてこんな状態になっているのではありません、病院で長い間闘病生活を続けて病院から「ゆっくりと自宅で療養させてあげては」と言われた瞬間から家族の辛い介護生活が始まります。しかし、本人は今まで家族の為に働き続けた事に対する尊厳を忘れずにいたら生きている限りサポートすることでしょう。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner
 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

要介護5の状態について教えて欲しい!寝たきり?費用は?

褥瘡ステージってどんなのがあるの?ステージの分類は?注意点は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら