医療費控除で歯医者はどうなるの?対象になるもの、ならないものは?

子供のころから高齢者まで歯医者のお世話になり、年間にすると治療費がかさみます。虫歯治療や抜歯などの治療は医療費控除の対象ですが、詳細な医療費控除の対象が分かりにくいです。この記事では、医療費控除ができる費用とできない費用を紹介します。

 

Contents

医療費控除と歯医者

医療費控除の概要

医療費控除とは、1月1日~12月31日に生計を一にしている配偶者や親族等が支払った医療費等の合計が10万円以上の場合に医療費控除を申請すると、払いすぎた所得税の一部が還付されます。年間の医療費が高くかかった場合は、医療費控除の申請をするために領収書を残しておきましょう。

通院や入院のときに交通機関を利用した場合は、領収書がないので、家計簿かノートなど交通費の額を書いておくと、といいでしょう。医療費控除を申請するときに交通費も入れることができます。医療費控除の額は次のような計算で求められます。

●医療費控除額Aの求め方

(生計を一にする配偶者や親族等の年間の医療費―保険等で補填される額)―10万円※=A
※所得が200万円未満の世帯は、所得×5%の額をマイナスします。

●所得税の還付額

所得税の還付額=A×所得税率(所得税率は所得によって5%~45%)

医療費控除は、生計を一にする配偶者や親族等の合計で最大200万円まで確定申告のときに申請することができます。

歯科治療における医療費控除とは?

国税庁のホームページには、歯科治療の医療費控除の対象について次のようにあります。

歯科医師による診療又は治療の対価で、その病状などに応じて一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額は、医療費控除の対象となる医療費に該当します。
出典元:国税庁のホームページより

一般に、歯科医師が行った治療目的のために行った通院費は保険外診療でも医療費控除の対象です。例えば、小学生の子供の歯並びが悪く、歯列矯正を行い、兄弟や親、本人、配偶者のすべての医療費を合わせると年間150万円かかったとします。所得が500万円の世帯だと医療費控除はいくらになるか計算します。歯列矯正なので保険金等で補填される額はないとします。

医療費控除額=(150万円―0円)―10万円=140万円
所得税の還付額=140万円×20%=28万円
28万円が所得税から還付されたら大きいですね。歯科治療は長くかかり、金額が大きいものも多いです。

 

歯医者で医療費控除が対象になるもの

歯医者に通った治療費で医療費控除の対象になる物が具体的にどのようなものがあるかを1つずつ挙げていきます。

抜歯や虫歯治療や歯周病等の治療費、検査代

虫歯治療費、歯周病治療費、検査代、診断料、処置代、調整料などの一般的な治療の費用は医療費控除の対象です。毎回の領収書は必ず残しておきましょう。

歯科治療をした場合の入院費や食事代

糖尿病や心臓病、高血圧などの病気を持っている人は、歯科治療によって悪化する恐れがあります。また、寝たきりの人や重度の障害がある人、重度の歯周病や虫歯などの人も入院治療をする場合があります。

個人の歯科では入院治療はしていない所がほとんどなので、その場合は、入院設備が整った病院へ紹介状をもって入院します。その場合の入院費や食事代は医療費控除の対象です。また、医師が必要と認めて転院する場合は紹介状の代金も医療費控除の対象です。

療養上必要東京され、家政婦協会などで親族以外の付添い人を頼んだ場合は、付添い人の費用は医療費控除の対象です。

発育の段階にある子供の歯列矯正

発育段階にある子供の並びが悪いためにうまく食事を噛めない、言葉がうまく出にくいなどの障害がある場合は歯列矯正治療を行います。歯列矯正治療は顎関節症を除き健康保険がきかないため、治療には高い費用がかかります。

そのため、発育段階にある子供の歯列矯正のための費用は医療費控除の対象になります。高額療養費は保険外診療なのででません。

通院や入院のための公共機関を利用した交通費(公共交通機関で無理な人のタクシー代)

通院や入院する際のバスや電車などの公共機関を利用した交通費は医療費控除の対象です。領収書がないので、家計簿やノートにかかった金額をメモしておきましょう。交通機関を使える人がタクシーを利用した場合の交通費は医療費控除の対象ではありません。

入れ歯を作る費用

入れ歯は保険内の入れ歯と保険外の入れ歯があります。保険内の入れ歯の場合は1万円ほどの負担で済みますが、しっくりと歯茎にあい、違和感がない性能がいい入れ歯は保険がききません。そのような入れ歯は高額になります。

しかし、入れ歯治療に要した費用は保険内、保険外にかかわらず、医療費控除を受けられます。

インプラント治療の費用

歯根を失った場合に保険内の治療ではブリッジや入れ歯の治療を行います。しかし、最近行われてええいるインプラント治療はインプラント体を歯茎に埋め込み人口の歯を付けたものです。保険外診療ですが、耐久性があり、しっかりと噛めるインプラント治療を行なう場合も多いです。

費用は1本30~50万円ほどになり、かなり高額です。インプラント治療は医療費控除の対象なので、確定申告をすれば成立に合わせて所得税が還付されます。

金やポーセレンなどの歯科材料の費用

歯科材料として一般に使われている金や銀、パラジウムやポーセレンの歯科材料は治療のために必要な費用です。保険が適用される歯科材料は、金、銀、パラジウムの合金やプラスチックです。保険外診療になるものは、セラミックでできたポーセレンや金です。

以前は銀歯と言われるメタルインレーが一般的でしたが、時間が立っても変色せず、白い歯を保て金属アレルギーになりにくいセラミックインレーを望む人も増えてきました。保険適用外の金やセラミックの費用は高くなります。保険内診療の歯科材料だけでなく、ポーセレンや金の歯科材料も医療費控除の対象です。

小さな子供の付添いの親等の交通費

子供が小さいときの虫歯治療などは親が一緒に連れていきますが、その時に公共の交通機関を利用して歯科医院に通院や入院すると、付添い人の交通費は医療費控除に入れられます。

歯科ローンやクレジットの費用

インプラント治療や矯正治療などの高額な治療は歯科ローンを組むことができます。歯科ローン契約が成立したときは、ローンの支払いをした費用は医療費控除の対象です。医療費控除をしたときは、歯科ローン契約の写しなどの添付が必要です。

また、クレジット払いにして分割にした場合も支払った費用に対して医療費控除を申請することができます。但し、手数料や金利は対象ではありません。

医師の処方箋もとに薬局で購入した薬や歯の痛み止めなどの医薬品

医師が出した処方箋をもとに購入したい医薬品は医療費控除の対象です。また、歯痛止めなど治療目的のために薬局で購入した医薬品も医療費控除の対象になります。

 

歯医者で医療費控除が対象にならないもの

大人の美容目的の歯列矯正治療費用

大人になって歯並びが悪いので見栄えを良くするためにかかった費用は、医療費の対象にはなりません。例えば、前歯が出ている人がそれを直す費用とか、八重歯が出ているのでそれを直す費用などが美容目的の歯列矯正にあたります。

一般的に支出される歯科治療を著しく超える治療の費用

歯科治療で一般的に支出される額より著しく金額を超える治療や歯科材料は、医療費控除の対象ではありません。ほとんどの歯科材料や治療が医療費控除の対象ですが、例えば、オール金歯の入れ歯やダイヤモンドの歯などは、金額が一般の医療費より著しく越える場合、控除の対象になりません。

歯を白くきれいに見せるホワイトニング費用

歯を白く見せたいと思って、ホワイトニングをしてもらう人も多いですが、ホワイトニングは見栄えを良くする目的でなされる治療なので医療費控除の対象にはなりません。

歯科ローンやクレジットの手数料や金利

歯科ローンやクレジットの分割の場合は手数料や金利の分は医療費控除金額には含まれません。そのため、毎月支払った金額から手数料や金利を引いた治療費のみが医療費控除の対象です。

通院や入院に自家用車で通った場合のガソリン代や駐車場代

通院や入院の際に自家用車を使った場合のガソリン代や駐車場代は医療費控除の対象ではありません。タクシー代も公共の交通機関を使える状態なのにタクシーを利用した場合は医療費控除が認められません。

高齢者で公共の交通機関に乗れない場合や障害を持っていてタクシーでないと通院が難しい場合などは医療費控除の中に入れられます。

入院中の差額ベッド代や日用品購入の費用、医師や看護師への心づけ

歯科治療を行うために入院した場合の差額ベッド代、日用品を購入するための費用、病院職員への心づけなどは医療費控除の対象にはなりません。

 

注意点

医療費控除は確定申告をする必要がある

医療費控除は2月16日~3月15日の確定申告をする必要があります。一般に会社員などの給与が支払われ源泉徴収されている人は年末調整で所得税が調製されますが、医療費控除は年末調整がされている人でも確定申告をしなくてはなりません。

医療費が高くなったと思う人は数万円~数十万も還付される場合があるので、医療費控除の申請を出すと、所得税の還付を受けられ、翌年の住民税が安くなります。

保険金等で補填される額とは

医療費控除を受ける際には、保険金等で補填される額を引かなくてはなりません。例えば、入院治療したときの医療保険や生命保険等の入院給付金、通院給付金などは医療費の総額から引きます。保険がきく治療なら、月額の治療費が高額になった場合は高額療養費が下ります。それも保険金等で補填される金額に入ります。

領収書は5年間保存が義務づけられている

医療費等の領収書は5年間の保存が義務づけられています。交通費は家計簿やノートにメモを取るなどわかるようにしておきましょう。医療費明細書や明細書に医療費の通知書の金額を転記することで領収書の添付をしなくてもよくなりました。

11月頃にくる医療費の通知書は確定申告の時に添付が必要なので、それも保管しましょう。

共働き夫婦の場合は収入が多い人が医療費控除を受けると還付額が多い

医療費控除の還付額は、年間所得が多い人程、所得税率が高くなります。還付額は、医療費控除額×所得税率なので、所得の多い人が確定申告で医療費控除を申請したほうが還付額は大きいです。

まとめ

歯科治療や歯科材料はインプラント治療やポーセレンの歯科材料を使ったものなど保険外の治療や材料があります。また、入れ歯もしっくりと収まる物は高額で保険外になります。そのような保険外の場合でも医療費控除が受けられます。1月1日から12月31日の家族等の医療費の領収書は、思わぬ医療費が必要になることがあるので、領収書は保管をしておいた方がいいでしょう。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

薬局で買った医薬品は医療費控除になるの?注意点は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら