車椅子について教えて!種類は?どんなメーカーがあるの?

高齢者や体に障害があって歩行が困難な場合は、車椅子は大切な生活手段となっています。車椅子は自分で動かすものや介助者が動かすもの、電動で動くものなどいろいろな車椅子があります。購入するときは車椅子の特徴や車椅子メーカーを知って、自分に合った車椅子を選びましょう。

 

車椅子とは

車椅子は歩くことが難しい人が、移動手段として車輪がついた椅子に乗って移動する乗り物です。車椅子には自分で動かす自走用と人の押して動かしてもらう介助用があります。

自走用の車椅子

自走用は車輪が20~24cmと大きく、自分でこいで進めるように後輪にハンドルがついています。
車輪が大きいので、小さな力でも動かすことができて安定感があります。車輪が大きいので少しの段差なら乗り越えられます。介助用に比べると大きいので、車に乗せると場をとります。

介助用の車椅子

介助用の車椅子は、介助者が後ろから押して操作するタイプの車椅子です。自分で動かさないので車輪は12~18㎝と小さめで、介助者は動かしやすい車椅子です。軽量で折りたたんで、車に乗せて持ち運びやすくなっています。

自走介助兼用の車椅子

自走用の車椅子に後ろの持ち手に介助用ブレーキがついているものです。利用者が自分でこぐこともでき、疲れたら介助者が押すこともできる車椅子です。利用者が自走しているときでも介助者がブレーキで速度を調節することができます。

車椅子の種類

車椅子には色々な種類があるので、用途によって車椅子の種類を見ると選びやすいです。

スタンダード車椅子

一般的な形の車椅子です。スーパー、病院などにも備え付けてある車椅子で、一般的に利用されている車椅子です。誰でも乗りやすく、介助しやすいので、初めて車椅子を利用する人はスタンダード車椅子が多いです。

多機能・モジュール型車椅子

背もたれや座面の調整、ひじ掛けをあげる、フットレストを外すなど、利用者の体の状態に合わせて作られている車椅子です。例えば、片マヒがある人でもひじ掛けをあげられるので移乗しやすい車椅子です。

ティルト・リクライニング車椅子

リクライニングにすると、座面と背もたれが両方連動して倒れるティルトタイプの車椅子と背もたれのみリクライニングができる車椅子があります。座位保持が長い時間難しい人には便利です。ティルトもリクライニングも両方できる車椅子もあります。

6輪車椅子

車椅子の車輪が普通は4輪ですが、駆動輪が座面の下にあり、後ろに小さい車輪が2輪ついて全部で6輪ある車椅子です。座面の下に駆動輪があるので、操作がしやすく小回りが利きます。曲がり角も操作しやすい車椅子です。

電動車いす

手元のジョイスティックを操作することで、電動で坂道でも楽に移動できる車椅子です。自走式の車椅子を動かすことは難しいですが、指先の力がしっかりと動かせる人は電動車椅子なら自分で乗ることができます。操作は慣れが必要なので、最初は誰かについてもらうといいでしょう。

車椅子のメーカー

車椅子の4大メーカーはMIKI、松永製作所、日進医療器、カワムラサイクルです。他に、片山車椅子製作所、カナヤママシナリー、ケアテックジャパン、チノンズ、マキライフテック、幸和製作所、美和商事があります。

MiKi

大手の車椅子メーカーで、シンプルスタンダードやサイドガードが倒れ、移乗に便利な横のり車椅子など最適な車椅子を作っているメーカーで、介護用品も扱っています。

松永製作所

オーダーメイドの車椅子から歩行器、ストレッチャー、入浴関連の商品を扱っている会社で小柄な人にも利用できる超コンパクトなティルト&リクライニング車椅子、ネクストコアシリーズなど、多くの車椅子を扱っている大手のメーカーです。

日進医療器

スポーツ用車椅子、電動車椅子、携帯車椅子、スタンダードからリクライニング車椅子まで多数そろえています。他に介護用品や医療・福祉施設向けの製品も扱っています。

カワムラサイクル

色々な種類の車椅子を取扱っている大手車椅子メーカーです。企画から生産まですべて行っている大手の車椅子メーカーでスタンダードタイプ、モジュール、子供用、リクライニングと多種類の車椅子を扱っています。

片山車椅子製作所

カールシリーズの介助式、自走式車椅子などを扱っています。オプションで杖たてやテーブル、泥除けなどを付けられます。

カナヤママシナリー

カナヤママシナリーのティルト&リクライニング機能搭載の車椅子を主に扱っていて介助をしやすい構造の車椅子です。

ケアテックジャパン

シンプルなスタンダード車椅子やモジュール車椅子を扱っています。他に、電動車椅子や車椅子用クッションがあります。

チノンズ

自走介助兼用のスタンダード車椅子を主に扱い、使いやすく、乗ってみたいと思う車椅子を扱っています。

マキテック

スタンダードな車椅子や旅行用の車椅子、多機能タイプの車椅子、電動車いすの取り扱いがあります。

幸和製作所

自走式のスタンダード車椅子やシルバーカーの扱いをしています。

美和商事

軽量コンパクトタイプの車椅子やノーパンクタイヤ使用の車椅子、スタンダード車椅子を扱っているメーカーです。

車椅子を選ぶポイント

車椅子をためのポイントは、利用者がADLを落とさずに、体力を維持し、体に合った車椅子を選びます。レンタルをするときは、レンタル業者の福祉貸与の人にどの車椅子がいいかを尋ねるといいでしょう。福祉貸与の人は福祉用具専門相談員の資格を持った人が多いです。

身体の大きさにあった車椅子を選ぶ

利用者の体格や状態に合わせた車椅子を選ぶためには、車椅子に座ったときにシートの幅や背もたれの高さ、シートの奥行、ひじ掛けの高さ、シートの高さをみます。

●シートの幅

シートの幅は40cmが標準でお尻の幅より5cmの広さのある車椅子を選びます。

●背もたれの高さ

背中の肩甲骨の位置の下ぐらいに来るようにするといいでしょう。標準の背もたれの高さは40cmです。リクライニングの場合は、頭まである車椅子です。

●ひじ掛けの高さ

ひじ掛けは、肘を無理なく曲げた高さを選びます

●座面シートの奥行

背もたれの位置まで深く座ったときに、膝の内側よりも少し短いくらいの長さがちょうどいい長さです。標準は40cmです。

●シートの高さ

足をフットレストにのせて、シートの高さは膝が曲がる位置にあることがベストです。標準サイズは43cmです。

身体の状態にあった車椅子を選ぶ

自分で車椅子を動かせる人で体力がある人は自走式の車椅子、体力がない人は電動式の車椅子、自分で車椅子を動かせない人で座位が保てる人は介助用車椅子、座位が長時間保ちにくい人はティルト&リクライニング車椅子を選びます。

それ以外に、ひじ掛けが外れたり、フットレストが取れたりする多機能の車椅子があるので、利用者の体の状態を見て選ぶことができます。また、車椅子を室内で使うのか、室外で利用するのか、長時間利用するのかなど、利用目的によっても使用する車椅子が違います。

車椅子の注意点

軽量車椅子は、ベッドから車椅子に移乗するときに車椅子を利用者が手を置くと、車椅子が転倒したり動いたりする可能性があるので注意が必要です。

車椅子は便利な機能がいろいろとついている反面、それに頼りすぎて、できることが減ることになるかもしれないので、その人のADLを維持、向上できるような車椅子選びをしましょう。

介護保険を利用している人は、ほとんどの人が福祉用具貸与のレンタル車椅子を利用しています。平成29年度の介護報酬改定にてレンタル料の平均価格が打ち出され、業者間の価格が是正されました。

上限のレンタル価格が決められたため、どの業者のレンタル価格もそれほど差がありません。レンタルの自己負担額は車椅子によって違いますが、手動式の車椅子なら介護保険の1割負担の人は月額300円~2,500円ほどです。介護保険で車椅子をレンタルできる人は要介護2以上の人です。

ただし、日常生活で歩行困難な人や日常生活の範囲内で移動支援が必要と認められる人は要介護1でも車椅子のレンタルができる場合があります。

まとめ

高齢になると足腰が弱り、歩行が困難になってきます。移動手段には車椅子が欠かせなくないものです。車椅子は、座位保持ができるか、自分で車椅子を動かすことができるかなどによって、自走式の車椅子にするか、介助式の車椅子にするか選び方が違ってきます。身体の大きさ、膝下の長さ、座高の高さなど、体に合った車椅子を選びましょう。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

認知症は治るの?家族が出来ることは?

車椅子の幅はどうなってるの?

摘便について教えて!仕方は?

 

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら