作業療法士の資格って?資格の難易度は?

gels

作業療法士はリハビリテーションの専門家で脳梗塞やパーキンソン病のような病気や事故により体の機能が低下して、日常生活に不自由をきたすような場合リハビリテーションにより機能改善の必要性がある場合作業療法士の力が必要となります。今回は作業療法士を目指す方に作業療法士の資格取得の為の情報を紹介いたします。

 

作業療法士の資格とは

福祉・介護関連の資格取得で国家試験により資格を取得する職種は次の5つで国家試験に合格することでその職種になれます。ここでは作業療法士の資格を取るための国家試験の内容なども紹介いたします。

作業療法士の資格取得の情報

まず最初に 介護・福祉関連の国家試験による資格取得者の平成29年度合格の実績を見てみましょう

■平成29年度 介護・福祉関連国家試験結果

資格の名称 合格者数 合格率
社会福祉士 44,084人 26.2%
介護福祉士 76,323人 72.1%
精神保健福祉士 45,849人 25.8%
理学療法士 13,719人 90.3%
作業療法士  5,983人 83.7%
言語聴覚士  2,571人 75.9%
介護支援専門員 124,55人 13.1%

引用先:平成29年度医師国家試験合格発表より

■作業療法士資格取得方法

はなく都道府県所轄の試験です。しかし ケアマネージャーの試験の合格率は、福祉・介護の国家試験対象の職種との合格率をくらべてもケアマネージャーの合格は難しいと言われています。作業療法士は、リハビリテーションに関わる専門職です。そして、名称独占資格という種類の資格になります。
作業療法自体は国家資格がなくても行うことができますが、「作業療法士」という名称を用いて働くには、国家資格で資格を取得していない場合には不可欠となります。そのため、医療現場では看護師などが作業療法の一部を行うケースも考えられます。やはり「作業療法の専門家」となると作業療法士の信頼性が最も高く、高齢化社会が進む今、福祉現場などへも活躍の場をどんどん広げています。

 

作業療法士の資格の難易度

ここでまず作業療法士のもっとも新しい国家試験の合格率や国家試験の内容について紹介いたしますので
これから作業療法士の国家試験に挑戦される方は参考にしてください。

■ 第53回作業療法士国家試験

① 試験日 平成30年3月25日(日)
② 出願者状況
出願者数 受験者数 合格者数 合格率
全 体 6,329人 6,164人 4,785人 77.6%
(新卒) 5,418人 5,289人 4,506人 85.2%
※新卒は内数

③ 口述試験及び実技試験 平成30年 3月25日(日)
④ 試験地[筆記試験] 北海道 宮城県 東京都 愛知県 大阪 香川 福岡 沖縄
⑤ 口述試験及び実技試験 東京都
⑥ 試験科目[一般問題] 解剖学 運動学 生理学 リハビリテーション医学 臨床医学 理学療法
[ 実地問題] 運動学 臨床心理学 ハビリテーション医学 臨床医学 理学療法
⑦ 提出書類 受験願書 写真 返信用封筒
⑧ 手数料 10,100円分の収入印紙を受験願書に貼り付けて事務局へ送る
⑨ 合格発表 平成30年 3月27日(火)14時から厚生労働省のホームページで発表

他の職種の合格率推移

    平成 19年 20年 21年 22年 23年 24年 25年 26年 27年 28年
ケアマネージャー 22.8% 21.8% 23.6% 20.5% 15.3% 19.2% 15.6% 19.2% 15.6% 13.1%
作業療法士 73.6% 81.0% 82.2% 71.1% 79.7% 77.4% 86.6% 77.5% 87.5 83.7%
理学療法士 86.6% 99.9% 92.6% 74.3% 82.4% 89.0% 83.7% 82.7% 74.1% 90.3%
介護福祉士 51.3% 52.0% 48.3% 63.9% 64.4% 64.6% 61.0% 57.9% 67.8% 72.2%

どうでしたか?

作業療法士の合格率がこんなに高いと思われていましたか?逆にケアマネージャーの合格率がこんなに低いことに驚きはしませんでしたか、合格率は試験に受かった人が対象となりますのでまず第1に合格することです。作業療法士の資格を取得するにしても国家試験に合格したあとが本当の作業療法士のスタートラインです作業療法士が可能扱う患者は体の機能が低下して「自由」という言葉が自分からなくなった患者さんが多くリハビリの技術も必要ですが自分の思う通りに機能しない自分の体に「自信」や「勇気」というものがなくなってきている患者さん心のリハビリも必要な時も必ず訪れる事です。

 

作業療法士の資格のメリット

これから益々高齢者のケアに対応していく事になる介護業界において作業療法士の必要性は重要な課題になってきます。これまでの介護業界におけるリハビリテーションの在り方は、病院における機能訓練の延長上と言ってもいいような部分があります。その方向性を変える事により今まで作業療法士と理学療法士の明確な定義があいまいでしたが改正で次のように定義付けられ介護業界にも作業療法士の位置づけが再度理解され介護業界には大きなメリットを与えることだと思われます。

改定後の定義

作業療法は、人々の健康と幸福を促進するために、医療・保健・福祉・教育・職業などの領域で行われる、作業に焦点を当てた治療・指導・援助である。作業とは、対象となる人々にとって目的や価値を持つ生活行為を指す。

このあたらしい定義により作業療法士本来の「作業」という分野が明確化され作業療法士を積極的に活用することが望まれます。このようになってきた事によるメリットは図りきれない部分もあります。今後は次のような作業が取り組まれてくることでしょう

作業の一覧

・移動,食事,排泄,入浴等の日常生活活動に関するADL 訓練
・家事,外出等のIADL 訓練
・作業耐久性の向上,作業手順の習得,就労環境への適応等の職業関連活動の訓練
・福祉用具の使用等に関する訓練
・退院後の住環境への適応訓練
・発達障害や高次脳機能障害等に対するリハビリテーション

今までの通所リハビリ・訪問リハビリで実施される内容は、理学療法士的な内容に終始していることも多く、作業療法士も理学療法士と同じような「機能訓練」に終始する事が行われていました。今後は作業療法士として作業部分でのリハビリも積極的に行う事が可能になってきます。

 

作業療法士の資格を取るためには

作業療法士の資格の取得に限らずあらゆる資格を取るには専門学校、大学、通信制などで勉強しないで資格を取ることはできないと言っても決して言い過ぎではないと思います。 作業療法士の資格の取得にチャレンジする人は現役の学生さんだけではありません、働きながら資格取得を目指してる社会人もおられます。ここでは作業療法士の 資格を取るために何をすればいいかについて説明いたします。

① 国家試験受検資格取得の為の準備

【受検資格】

まず作業療法士として働くには、当然作業療法士国家試験に合格する必要があります。国家試験を受けるまでに受検資格を取ることが必要です。この国家試験は、受験資格がある人しか受けることができません。
受験資格を得るための最も代表的な方法は、作業療法士の養成課程がある大学、短大、専門学校で3年以上学び、所定の課程を修了することです。作業療法士の養成課程を置く学校はたくさんあり、学校によって在学期間や校風、カリキュラム、学費などは異なりますので、進学先を決める際は、よく考えて選んでください。

[国家試験]

作業療法士国家試験の合格率は例年80%程度を推移しており、かなり高いものになっています。この数字だけを見ると、簡単に資格を取ることができそうな気もしていませんか。しかし数字に惑わされないことが大切です。これは合格する実力がある人の中での80%ということになります。養成校によっては、在学中に実力が足りないと判断た人は、卒業できるかどうかに関わらず国家試験の受験資格を与えないという場合もあります。つまり、試験を受けてかなりの確率で受かるだろうといわれる人が試験を受け、その結果80%の合格率になっている可能性が高いということです。

[会社勤めからの挑戦]

会社勤めから国家試験に挑戦される方は、現役の学生さんと同じ舞台にたち合格に向けて競います。その時に自信喪失される方もおられるようで、作業療法士は、年上の患者さんと接することもたくさんあるため、幅広い経験を積んで人間性を広ろがっている社会人の方が、上手に仕事を進められるかもしれません。
変に焦ることなく、一つひとつの知識を確実に身につけていくことが、社会人を経験して作業療法士を目指す人には必要になってきます。

 

まとめ

作業療法士について少しは理解していただけましたでしょか、現在は少子高齢化で一般の大学も定員割れして受験者も減少している状況です。反面、障がい者、難病指定患者(93万人),介護認定第一号被保険者(168万人)認知症患者(400万人)の内約半数がリハビリを必要としています。作業療法士の豊富な知識、技術でこの危機を救えることができるとおもっています。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

作業療法士ってどんな資格?仕事内容は?待遇は?

作業療法士の学校ってどんなのがあるの?学校の種類は?

社会福祉士の資格ってどんなメリットがあるの?難易度は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら