介護の仕事内容について教えて!仕事の流れは?

介護の仕事はやりがいがあって楽しいという話も聞きますが「大変な仕事」ということもよく言われています。介護の仕事をしたことがない人にとっては漠然として不安になってしまう人も多いのではないかと思います。では具体的に介護の仕事とはどういうものなのでしょうか。仕事の目的や内容、流れなどを具体的にまとめましたので見てみましょう。

介護の仕事とは

介護の目的

介護の目的は介護保険法でも定められています。
『第一条 この法律は、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態となり、入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を要する者等について、これらの者が尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うため、国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項を定め、もって国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的とする。』
(介護保険法より抜粋)
介護の仕事はお風呂や下の世話、食事の手伝いだと考えている人が多いのですが、それらができなくて困っている人に対して尊厳を保てるようにしたり、自立した生活を送るお手伝いをしたりすることが目的であり本当の意味での介護の仕事です。

介護の収入

介護の仕事は好きなサービスを思うように提供するのではなく「介護保険法」によって定められたサービスを提供することによって収入を得ます。訪問介護やデイサービス、施設系など様々な介護事業所がありますが基本的なサービス内容は決められています。サービス内容によっては加算や減算もあり、その中でバランスを取って各事業所は特色を作りながら運営をしています。

在宅介護と施設系介護の違い

介護の事業形態を大きく2つに分けて「在宅」と「施設系」があります。在宅とは家で暮らすことを意味し、利用者本人が生活をする「家」で行う介護サービスのことです。介護の仕事としては家族による介護や自立した本人の生活の一部を介護します。施設系とは生活の場を介護事業所に移してそこで暮らしながら介護を受けるサービです。在宅と違い24時間体制で利用者に必要な介護が行えるようにします。

施設「系」とは?

基本的に介護保険法で「介護施設」とは「特別養護老人ホーム(特養)」「介護老人保健施設(老健)」「介護療養型医療施設(療養)」のことを言います。それ以外に「認知症共同生活介護(グループホーム)」や「サービス付き高齢者住宅(サ高住)」など主たる住居を施設に移すサービスがあります。仕事をする側の目線として在宅と大きな違いがあるためここでは「施設系」と言い変えさせていただきます。

介護の仕事内容は

生活援助

買い物、料理、ごみ捨て、掃除など利用者の身の回りのことを行う介護サービスです。在宅では本人または家族がそれらを行うことが困難で生活上必要である場合に利用可能なサービスです。家事全般は幅が広く援助が必要なことの境界が曖昧なため行う内容はケアプランによって具体的に決められます。

身体介護

入浴、排泄、移動、食事、着替えなど日常生活上必要な身体的な援助を行う介護サービスを総称して身体介護と言います。在宅でのサービスでは行う内容はケアプランによって具体的に決められます。施設系では利用者の状態に合わせてそれぞれのサービスを行います。

服薬管理

利用者が薬を正しく服用できるように援助します。在宅か施設系か、また事業所の形態により管理の体制が大きく違います。在宅では本人が薬をきちんと飲んでいるか経過を把握しますが施設系では薬は基本的に施設が保管し適時利用者に提供し、いつ飲んだか、飲んでいないか、なぜ飲まなかったのかまで管理します。

体調管理

高齢者は体調が急変することがありますので常日頃から体調に気を配ります。血圧や体温などの変動や介助の際、お話をしている際にもいつもち違う様子はないか、顔色、声、動きなど体調の変化に気を配り、必要に応じて看護師や医師に相談したり記録を残したりします。

環境整備

在宅、施設どちらの場合でも利用者が暮らす環境が本人に適切であるか配慮します。高齢者は心身の機能が低下してきます。思ったより足が上がらなかったり細かいことに気が回らないなどにより転んだり火の不始末などの事故を起こしてしまうこともあります。つまづきやすいもの、足などを引っ掛けやすいものが無いかや介助具や便利グッズなど使いやすい物に変える必要があるかどうかなどに気を配り、必要に応じて家族やケアチームで提案して本人と相談し、日常のリスクを減らしながら自立して生活を支援します。

 

介護の仕事内容の流れ

サービスを利用するまで

介護が必要になり介護保険を利用したい場合は市区町村に申請して介護認定を受けます。それによって支援、要介護度などが決定し各段階に応じたサービス利用が可能になります。
認定を受けたあとはケアマネージャまたは本人等が作成したケアプランを元に各サービスを提供する介護事業所と契約を結びサービスの利用が開始されます。

サービス提供の仕方

介護サービスは在宅でも施設でもケアプランを元に提供されます。現場の職員は相談員やケアマネージャがまとめた生活歴、既往歴、持病、本人や家族の希望などの情報を把握し、ケアプランを元に作られたサービス計画書に添って介護サービスを提供していくことになります。

介助の基本的な手順

入浴介助を例に見ていきます。

①まずは声かけし本人の意思を確認します。本人の了承を得た上で介助を行います。

例:お風呂に入れますがいかがですか?
今からお風呂の時間になるのですがお連れしてもよろしいですか?

②これから行うことを一つひとつ説明しながら本人が理解し了承していることを確認します。

例:これからズボンを下ろしますので立っていただいてもよろしいですか?
立つために目の前にある手すりに掴まっていただいてもよろしいですか?

③利用者の動きを見ながら出来ることできないことを把握する。

例:手すりに掴まって立つことはできる。
こちらの話している内容を理解できている。
長い時間立っているのは難しそうだから助けが必要だ。など

④介助を行いながら利用者の様子に留意する。

例:顔色が悪くなった・・・体調が急変したのかもしれない。
表情が優れない・・・不安や不快なことがあるのかもしれない。

⑤終了を報告する。

例:これでお風呂は終わりになります。お疲れ様でした。
終了の言葉が無いと、してもらっている方はどこで終わりなのかわかりません。認知症がある人などはこの先もなにか続くのではないかと不安になったりもします。また本人が思うような介助が受けられているかの確認にもなります。

⑥安全を確認する。

細かく言うと各介助が終わるたびに行います。一連の介助が終了した後に、例えばしっかりと座れているか、安定しているか、落ちるようなことはないか、やり忘れていることはないかなど状況を確認します。

 

介護の仕事の注意点

利用者との関係1:友達ではない

利用者と信頼関係を築くことと友達のように仲良くなることを混同させてしまう人がいます。敬語を使わなかったり下の名前で呼んだり〇〇ちゃんと呼んだりするのは仲が良さそうに見える一方で、馬鹿にしている、社会的に下の立場として見ている(子供を見るような)と誤解を受けることもあります。

利用者との関係2:管理者や指導者ではない

介護の仕事をしていると体調、食事、薬などの管理をしなくてはならない場面が多くあります。利用者はしゃべれない、動けないなど立場が弱く介護者は支配的になりがちです。また自立させなければという思いが強すぎて間違った方向に行ってしまうと生活の指導者になってしまう場合があります。実際多くの介護事業所でこのような考えの人はまだたくさんいます。介護での主体はあくまで利用者本人であって、介護職員はその人の生活や生き方を管理したり指導したりするものではありません。

利用者との関係3:召使ではない

介護職員はヘルパーという名前からもお手伝いさん、召使のようなイメージを持っている人もいます。介護職員は自立と尊厳の保持を助ける者であってなんでも屋ではありません。勘違いしている場合はきっぱりとお断りすることも大切です。ただし必要な甘えというものもあります。孤独や自暴自棄に陥っているときはある程度の援助が必要な時もあります。心の支えが必要な時に突き放しては死にたくなるばかりです。介護は身体的、精神的に総合的な視点で援助方針を考えます。

仕事のマナー1:個人情報の取り扱いに注意する

仕事の愚痴を言いたくなることはありますが介護の仕事は個人情報やプライバシーに深く関わる仕事です。個人が特定できる話題は避けましょう。

仕事のマナー2:プライバシーの配慮

介護職員は排泄行為や裸などに関わることが多く、その感覚がマヒしやすくなります。病状や行動に関してもそうですが一般的に他人に見られたくない、知られたくないことには気配りが必要です。

楽しく仕事をするコツ1:目的を忘れない

介護の仕事は目の前にやるべきこと、気にすべきことが多すぎるためにその目的を忘れがちになります。介護は排泄の処理や体を動かす手伝いをすることが目的ではありません。それによって少しでも自信を持ち、自立し、尊厳を保持することが目的です。それを忘れないことが仕事をする上でモチベーションにつながります。

楽しく仕事をするコツ2:チームとして仲間を大切にする

介護ということに対しての考えは人によって大きく違います。働く上で価値観の違いを感じても否定せずにそういう考えもあるのだと相手の意見を尊重しましょう。否定をすれば必ず自分も否定されます。お互いの価値観を尊重しチームで協力しながらより良いサービス提供を考えていきます。

 

まとめ

介護の仕事は一見複雑そうに見えますが介助のほとんどが「基本」を軸にその人に合わせていくような流れになります。基本をしっかり覚えれば自然とその人に合う介助方法がわかってきます。感謝の言葉をもらうことも他の職種より多いのでやりがいを感じるという評価が高い仕事でもあります。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

介護実務者研修の役割は?仕事内容は?

介護初任者研修をどんな資格?役割と仕事内容は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら