せん妄の治療薬ってどんなのがあるの?種類は?ガイドラインは?

せん妄の症状は本人だけではなく対応する家族や職員にも多大な負担になります。せん妄の症状を改善するための薬とはどのようなものがあるのでしょうか?またどのようなことに気をつけて行けば良いのでしょうか?気をつける点も含めてまとめています。

 

せん妄の治療薬とは

せん妄の特徴

せん妄の症状として幻視、妄想、不眠、興奮、無気力無関心などが挙げられます。認知症の症状と似ているのですがせん妄の特徴としては発症時期がわかりやすく急激な変化が起こります。認知症の症状が継続的なのに対してせん妄は一時的な変化となります。脳に何らかの異常が起こる点は認知症と似ていますがせん妄という視点では「意識の異常」として捉えます。

せん妄の治療

せん妄を引き起こす原因としては脳だけではなく腎臓や肝臓他様々な臓器の異状も考えられます。根治するにはその原因となる疾患の治療を行うことが必要ですが実際には治療可能な病気ばかりではありません。高齢による慢性的な機能の低下や治療が困難なケースもあれば原因が特定できないことも多くあります。その為症状として現れている状態に対して薬を用いて改善を図ることがあります。

せん妄の治療薬

せん妄の治療薬とはせん妄の原因疾患を改善するための薬ではなく、せん妄として現れている症状を緩和または改善することを目的として使用されます。そこでせん妄の症状として現れる症状をいくつかの種類に分けて考えます。幻視や妄想、興奮、不安などの精神症状、不眠や昼夜逆転などの睡眠障害、無気力無関心などのうつ的状態などに分けることができます。それらの症状を緩和、改善する方法として「抗精神薬」「抗不安薬」「抗うつ薬」「睡眠薬」などが用いられます。これらをまとめて「向精神薬」と言います。

 

せん妄の治療薬のガイドライン

なぜガイドラインが必要なのか

せん妄の症状が出ているということは意識障害や認知障害が起きているため、本人が自ら受診して症状改善を相談するという状況は考えにくくなります。処方箋を書く医師は家族や同伴者の話を聞きながら症状の改善を図ることになります。介護や看病の大変さ、症状への不快感などは人によって異なります。せん妄のような人それぞれの性格や習慣と深く関係のある症状の治療はとても難しく、向精神薬の使い方によっては症状の悪化や廃人のようになってしまうリスクもあります。その為にせん妄の基本的な治療方針を示して医師や医療関係者だけではなく家族等に対しても理解を促す必要があります。

せん妄の治療薬に関するガイドラインの実際

入院病院、高齢者施設、障害者施設などせん妄の症状に関わる機会が多い施設では、せん妄の症状に対する治療、対応の方針を取り決めているところが多くあります。せん妄の対応は難しく、知識が少ないと薬による行き過ぎた沈静化や拘束・閉じ込めるなどの行動制限を行い易くなります。これらの対応は症状の悪化だけではなく本人の尊厳を傷つけるリスクも高くなります。その為あらかじめ取り決めや参考にするガイドラインを定めておくことで症状の緩和や治療、本人の尊厳を守る活動をしている医療機関や施設が多くなっています。また国の方針としても「かかりつけ医のためのBPSDに対する向精神薬使用ガイドライン」を発行し適切な対応が求められています。

「かかりつけ医のためのBPSDに対する向精神薬使用ガイドライン」の内容

厚生労働省から発行された「かかりつけ医のためのBPSDに対する向精神薬使用ガイドライン」は、せん妄だけではなく、認知症やその他精神疾患等に関する向精神薬の使用についての基本的な指針を示しています。手順として以下にまとめます。

手順1:非薬物的介入を最優先にする

症状に対してはまず薬以外の方法から考えます。向精神薬は万能ではありません。副作用も多く、望んだ効果が思ったように効くとも限りません。環境や接し方により改善できる方法はないか、その症状は薬を用いて改善する必要があるのかも含めまずは薬を使わないでできることを考えて優先します。

手順2:現在の状態を確認する

症状の起きている状態を確認します。症状の原因として考えられることを探します。何らかの疾病、栄養状態、水分、排便、現在服用中の薬の副作用などは考えられないか、それらの改善によって向精神薬を使用せずに治療できる方法はないかを検討します。

手順3:低用量から使用する

できるだけ低用量から使用して少しずつ増やしていくのが基本です。せん妄のような症状の改善は臓器や数値のような目に見えるものではありません。薬が効いているのか症状が変化したのかという評価が難しい特徴があります。向精神薬は副作用や効果の偏りがあるため不必要に増量すると悪化するリスクを伴います。

手順4:日常生活のチェック・記録

薬の効果を評価する上で生活や症状がどう変化したのかを検証することが重要になります。症状が起きる頻度や時間帯、時間の長さなどを記録して投薬開始前と開始後の変化を比較します。せん妄による症状だけではなく食事や水分、排便の状況も症状に影響しますので生活全体の記録を比較します。高齢者は特に薬が体内に蓄積しやすいので投与後もすぐに判断せずにしばらく経過を見ることも大切です。なんとなく「良くなったような気がする」「かわらない」などは気分や感情によって受け取り方が変わるので正確な変化を把握することができません。

手順5:症状がなくなるまで使わない

向精神薬を必要とする症状はその人の性格や習慣とも深く関係があります。その為どの程度が適切な状態であるかという見極めが難しいものです。向精神薬は副作用のリスクも高く、効き方も人によって違いがあります。効き過ぎると過鎮静やさらなる混乱の症状など悪化する可能性があります。悪化するとさらに薬を追加して行くような悪循環を引き起こします。向精神薬は症状をなくすのではなく緩和を目的として非薬物療法と並行して治療を行います。

 

せん妄の治療薬の種類

抗精神薬

主に興奮や易怒性の鎮静に使用されますが不安や緊張を和らげたり不安定な精神状態を整えたりすることにも使用されます。効き過ぎると意欲が低下して活動料が減ったり、ぼーっとしていることが多くなる過鎮静の状態になることが多くなったりします。

抗うつ薬

何をしても楽しくない、気分の落ち込み、過度な悲壮感、無気力、低活動状態などのうつ症状を改善するために使用されます。抗うつ薬は特に眠気やふらつきなどの副作用が出やすく転倒による事故に注意が必要です。

抗不安薬

不安な気持ちを改善したり緊張を緩和したりするために使用されます。抗精神薬に似ていますが興奮や昂ぶりを抑えるというより心を安定させる目的で使用されることが多くなります。ただし不安というのは性格や実際に起きている問題などとも関係していますので薬によって解決されるわけではありません。この薬はあくまで身体的な理由で不安な気持ちになりやすくなることを軽減するものです。

睡眠薬

寝付きを良くしたり眠りを持続させたり睡眠を促すために使用されます。ただし眠くなるからといって眠るとは限らないところが難しいところで、夜間せん妄などでは眠いにも関わらず寝付けずに動き回ることもあります。その際は薬の作用によりめまいやふらつきにより転倒してしまうこともあるため注意が必要です。また効き過ぎにより一日中眠い症状が続くこともあります。

 

せん妄の治療薬の注意点

劇的な効果を期待しない

せん妄の治療薬の種類としてあげた「抗精神薬」「抗うつ薬」「抗不安薬」「睡眠薬」はその名前の通りの効果を期待してしまいます。もちろんそれらの症状に効果があるのですが薬の力を信じる現代人の傾向として、それらの薬を飲めば症状が消えると思い込んで過度な期待をしてしまう場合があります。症状の改善として目に見えて大きな改善があったと言い切れる事例は極めて希です。実際は若干の症状の改善とともに薬による別の作用が現れるという場合がほとんどです。薬の効果、改善の実感を得るには長い時間を必要とします。全ての人に当てはまるわけではありませんが、こうした「薬を飲めばすぐに良くなる」という思い込みが過剰投与につながるためガイドラインにも投与方法が挙げられています。

依存性

向精神薬の中には依存性の高い薬が多くあります。これは気持ちの問題ではなくタバコや麻薬と同じように体に影響する依存性として現れます。急に薬を中断したりすると強い禁断症状を示すものもあります。医師との相談なしに勝手に中止をしてはいけません。また耐性により量が増えたり薬を手放せなくなったりもします。そうした理由からもガイドラインではできるだけ薬を使わない非薬物療法を優先して考えます。

 

まとめ

向精神薬を用いる場合はその効果だけではなく副作用のリスクも考え、薬を使わない方法と並行して対応していくことが大切です。症状を鎮めることだけにとらわれず、本人と家族、介護者がより良い状態を探していくことでお互いの負担を軽減することにもつながっていきます。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

せん妄は薬でよくなるの?薬物治療法の一覧は?

せん妄のガイドラインについて教えて!例は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら