言語聴覚士とはどんなことするの?適正って?仕事内容は?

福祉関係のお仕事の一つである言語聴覚士。皆様は、この職業のことをどれほどご存知でしょうか?
自分の目指している職業であったり、自分が関係している職業やお世話になっている職業の場合は、何となくどんなことをしている方々なのかを知ることが出来ますが、そうでない場合はなかなか知らずじまいの場合が多いかと思います。

今回は、数ある福祉の職業の中の言語聴覚士についてお話ししていきたいと思います。

 

言語聴覚士とは

では実際に、この言語聴覚士とはどのような仕事をする方々なのでしょうか?
普通に生活をしているうちは、この言語聴覚士と接する機会はあまりありません。なぜならその名前の通り、この職業は「聴覚」や「話すこと」に何らかの障がいがある方のための職業であるからです。主に仕事内容としては、病気などの理由によって言葉でコミュニケーションをとることが難しくなってしまった方や、耳が聞こえない方、聞こえづらくなってしまった方を様々なアプローチで支援していく方々のことを指します。
この言語聴覚士は、国に認められた国家資格になります。もちろん、この仕事は一人で行うものではありません。福祉の資格ですので、病気や怪我を治す立場である医師や看護師、介護を担当する介護士、リハビリを担当する理学療法士や作業療法士と共にケアを行っていかなければなりません。また、患者様だけではなく、その家族のサポートを行っていくことも仕事内容の一つになります。活躍できる場所も多岐に渡り、医療機関はもちろんのこと福祉の現場や教育の現場でも活躍することが出来ます。言語、そして聴覚の障がいに対してのアプローチの他に、食事をとる、また食べ物を飲み込む嚥下障がいに対してのアプローチも行っていきます。

理学療法士がPT(physical therapist)作業療法士がOT(occupational therapist)と呼ばれているのに対し、この言語聴覚士はST(speech and language therapy)
と呼ばれています。

 

言語聴覚士の適正とは

ではこの言語聴覚士はどのような方に向いている職業なのでしょうか?
まず、この職業だけに限らず、福祉や医療の職業を選択する際に必要なことは、人を助けたいと思う心です。もちろん、この心だけでは人を救うことが出来ません。自分以外の人間を助けるためには、必要な知識や技術、経験などを見につけなければならないからです。
しかし、どのような仕事をしていても、毎日の忙しい業務に疲れてしまい、つい最初の目的や大切な心がけを忘れてしまうのです。福祉の職業は、最初から最後まで生身の人間が相手です。一人として同じ症状や、同じ性格の方はいません。どの患者様からも信頼され、心を開けるような人でなければこの仕事を続けるのは難しくなってしまうでしょう。まずは、患者様と適切なコミュニケーションをとることができるような方が、スムーズに仕事を続けることが出来ると思います。福祉の仕事は、まず相手の立場に立ってものを考える必要があります。そのためには、まず言語の障がいや聴覚の障がい、咀嚼の障がいとはどのようなものなのかを知っておく必要があります。しかし、最初にもお話しさせていただいた通り、言語聴覚士は国に認められた国家資格になります。なりたい方が誰でもなれるというわけではありません。高校を卒業した後に大学や専門学校で勉強をする必要があります。
そのため、まずは勉強することが多く、また試験に合格した後も学ぶことが多い職業です。なぜなら、患者様一人一人に合わせてお仕事をしていかなければならないからです。自分の専門外のこともあるでしょう。患者様の症状によっては、食事の形態から変えていかなければならないものもありますし、病気の進行具合でアプローチを変えなければならないものもあります。そのために、他部所と連携する必要があるのです。

このようなことからも、患者様以外の職業の方とも密にコミュニケーションを取らなければならない職業とも言えるでしょう。

 

言語聴覚士はどんな仕事内容?

では具体的に、この言語聴覚士はどのような仕事を行うのでしょうか?
見ていきたいと思います。まず、一番大切になってくる仕事内容は、患者様が障がいがある状態であっても、自分らしい生活を送ることができるように指導していくことです。それは、もちろん患者さまだけではありません。患者さまを支える家族に対しても、今はどのようなことを行なっているのか、自宅ではどのようにして接していく必要があるのかの助言や指導を行っていきます。家族からも理解や協力を得られるようにするためです。また、患者様に対してリハビリテーションを行うのも仕事の一つです。言葉が上手に発することの出来ない方に対しては、発声練習や口の運動を行います。
口を使う以外にも、相手とコミュニケーションをとる方法はたくさんあります。例えば、ワープロを用いた会話だったり、手話を用いた会話だったりと、その患者さまに合ったコミュニケーションの取り方を考えていきます。もちろん、患者さまと一緒に考えていくことが大切です。上記でもお話しさせていただきましたが、言語聴覚士は咀嚼障がいの方のための指導も行います。口を動かす機会が少なくなってしまうと、誤嚥の危険性が増えてしまいます。

そのために、食事を飲み込みやすい姿勢などの指導、またその方にあった食事の提供の助言などを行います。誤嚥を予防するためには、口腔ケアを定期的に行うことも大切です。自分で出来る方には食事の前や食事後に行ってもらいますが、中には自分でケアを行うことが出来ないかたもいます。そのような方には、湿らせたガーゼなどでケアを行ったり、また口腔ケア専用の福祉用具も販売されていますので、それらを使用しながらケアをしていきます。

言語聴覚士になるには

では、この言語聴覚士になるにはどのようにすれば良いのでしょうか?
まず、高校卒業後に言語聴覚士を目指す場合です。高校卒業後に、大学または専門学校にて3から4年勉強をした後に、国家試験を受けることが出来ます。その国家試験に合格することができれば、言語聴覚士としての仕事をスタートすることが出来ます。言語聴覚士とは関係のない大学を卒業している場合においては、2年生の大学や大学院で勉強をした後に、国家試験を受けることが出来ます。どちらの道を選んだにせよ、国家試験に合格することが出来なければ言語聴覚士になることは出来ません。一番早い方法としては、やはり高校を卒業した後に学校で学ぶことです。
もし言語聴覚士に興味がある場合は、早めに進路を決めた方が良いでしょう。毎年の言語聴覚士の合格率としては、だいたい60パーセント前後となっているようです。
試験は簡単なものではありませんが、きちんと勉強をしていればさほど難易度は高くないのではないでしょうか?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
言語聴覚士は、障がいがある方の苦悩や葛藤をまず受け止めなければなりません。それは簡単なことではありません。まずは同じ目線に立って理解していくことが大切です。最初は学ぶことが多く、また思うように仕事ができずに悩む方も多いでしょう。しかし、この言語聴覚士がいることで、救われる方や笑顔になれる方がいるのです。

人を相手にする職業は、大変なことも多いですがそのぶんやりがいのあるお仕事です。興味を持った方は、ぜひ調べて見てください。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

 

友だち追加
LINEからのご登録はこちら!

 

関連記事

言語聴覚士の専門学校について教えて!

言語聴覚士の求人ってどんなのがあるの?仕事内容は?探せるサイトは?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら