社会福祉士と精神保健福祉士の違いについて教えて!

PCC_Core_Activites__515_x_252_

皆様は、福祉関係のお仕事はどれくらいご存知なのでしょうか?福祉の仕事は、私達の身近にあるものや普段は関わる機会の少ないものなどその数は多岐に渡ります。なんとなく名前は知っていても、実際にどのような仕事をしているのかわからない方も多いのではないでしょうか?今回は、数ある福祉のお仕事の中の、社会福祉士と精神保健福祉士についてご紹介していきたいと思います。

 

社会福祉士と精神保健福祉士

では、実際にこの社会福祉士と精神保健福祉士はどのようなお仕事なのでしょうか?見ていきたいと思います。

① 社会福祉士

まず社会福祉士です。介護福祉士は知名度も高く、どのようなお仕事をしているのかわかりやすいかと思いますが、この社会福祉士はどのようなお仕事なのかわからない、と言われる方も少なくありません。介護福祉士はその名の通り、高齢者の方や患者さんに身体的介護サービスを提供するお仕事に対して、この社会福祉士は「福祉のサービス」の提供が適切に行われているか、他の機関と連携しながら本人やその家族に助言をしたり、相談を受けたりするものです。そのため、「福祉」全体の知識が必要になる職業でもあります。また、介護福祉士と同じく国に認められた国家資格になりますが、名称独占資格になりますので資格を保持していない場合であっても業務を行うことは可能になります。

② 精神保健福祉士

では次に、精神保健福祉士の職業について見ていきたいと思います。精神保健福祉士とは、精神的に何らかの障がいがある患者様に対しケアを行う職業です。1997年に誕生した資格であり、こちらも名称独占の国家資格になります。PSWと略される場合もあります。(psychiatric social worker)病院などの医療機関や、精神障がい者の方のための施設で働くことが多いです。上記でお話しさせていただいた社会福祉士のように、主に患者さんやその家族を支えるサポートを行う職業です。今現在、心の病気を抱えている患者さんはどんどん増えています。長い労働時間でストレスが溜まってしまう。誰にも相談できる人がいないなどその理由は様々です。その患者様に一番寄り添うことが出来るのが、この精神保健福祉士という職業です。患者さん本人はもちろんですが、支えていく家族にも様々な悩みや葛藤があります。その悩みを少しでも減らせるように、働きかけていかなければなりません。そのためには、やはり専門的な知識が必要になってくる職業だと言えます。

 

社会福祉士と精神保健福祉士の違い

社会福祉士と精神保健福祉士、どちらも福祉の専門職であり国家資格です。では、この二つの職業にはどのような違いがあるのでしょうか?この二つの職業は、根本的な仕事の内容は似ているかもしれませんが、異なる役割を持っています。福祉サービスの対象者やその家族の支援をするという部分は同じですが、社会福祉士は主に介護が必要な状態であったり、何らかの障がいがあり日常生活を送ることが困難になってしまった方のために、どのような福祉サービスが適切であるかを判断しサポートしていきます。この対象者は、福祉サービスが必要な状態な方全体が対象となります。対して精神保健福祉士はこの対象者が「精神に障がいがある方」となります。しかし、どちらも福祉において欠かすことの出来ない仕事であるため、この社会福祉士、精神保健福祉士、そして介護福祉士。また、医療も分野とも連携して福祉サービスを提供していくことになります。もし福祉の職業を自分の将来で選択する場合は、自分はどういう方々を助けていきたいのか、どのような方法で支援していきたいのか、明確にさせておく必要があるでしょう。

 

社会福祉士と精神保健福祉士の仕事内容の違い

この二つの職業の大きな違いについてお話しさせていただきました。では具体的に、仕事内容ではどのような違いがあるものなのでしょうか?それぞれ見ていきたいと思います。

① 社会福祉士

まず社会福祉士の仕事内容についてお話ししていきたいと思います。まず社会福祉士は、サービスが必要な方とその家族から聞き取りをすることから始まります。今、どのようなことに困っているのか、どのような施設を検討しているのか、また不安や悩みはないかを面談し把握していきます。この面談を元にして、対象者に見合ったサービス提供や施設を検討していきます。そのため、最初の面談時に適切なコミュニケーションをとり、対象の方の悩みを汲み取り次のサービスにつなげていきます。その他にも、所属している福祉施設の会議に定期的に出席をしながら、他機関との連携を深めていきます。主に対象者の方と福祉施設や福祉サービスとの橋渡し的な役割を持っていますので、自分の仕事だけではなく他の福祉サービスの知識も必要になります。

② 精神保健福祉士

では次に精神保健福祉士の仕事について見ていきたいと思います。社会福祉士と通ずるところがあり、まずは対象者の方や家族とコミュニケーションを図ることから始まります。異なる所は、それが精神の障害に特化しているという点です。今までどのような治療をしてきたのか、どのような施設に入所してきたのか、今の悩みや不安を聞いていきます。その対象者に見合った病院や施設を検討していきます。精神的な病気ということもあるので、プライバシーには十分に気をつけなければなりません。どの福祉の仕事にも言えることではありますが、まずは対象者や家族に心を開いてもらうことが大切になってくるでしょう。

社会福祉士と精神保健福祉士の仕事場所の違い

では、この社会福祉士と精神保健福祉士では働く場所にどのような違いがあるのでしょうか?

① 違い1

まず社会福祉士です。社会福祉士の就職場所としては、老人ホームなどの高齢者の方のための福祉施設があります。こちらでは生活相談員として対象者の方や家族の支援を行います。その他、子どものための福祉施設である児童相談所や医療の現場である病院でも働くことが出来ます。この病院では、患者さんの相談窓口のような役割りを持ち、医師や看護師と連携して業務を行なっていく必要があります。

② 違い2

次に精神保健福祉士です。精神保健福祉士の就職場所としては、まず最初にあげられるのは医療機関、病院なのではないでしょうか。精神科がある医療機関などで求人が出されています。その他社会福祉士と同じ児童福祉施設や高齢者福祉施設などでも働くことが出来ます。そして時代の流れとともに変わってきているのが、一般企業でも需要があるという所です。最初に、今は会社でストレスを感じている方が多く、うつ病などの病気を患っている方が多くなってきているというお話しをさせていただきました。自分で自分の異常を感じ、病院などを受診できる方なら良いのですが、自分の変化に気がつけない方や忙しくて受診する時間がない方のために、専門職に相談できる窓口を作っている企業も増えてきています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
あまり関わる機会のない方も多かったと思いますが、社会福祉士と精神保健福祉士の職業について少しでも興味を持っていただけたら幸いです。社会福祉士と精神保健福祉士、どちらの職業も福祉の現場において欠かすことのない職業です。

これからも時代の流れとともに様々な形で、この二つの職業はニーズが高まっていくと思います。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

社会福祉士の年収ってどうなの?賞与は?将来性は?

社会福祉士の資格ってどんなメリットがあるの?難易度は?

精神保健福祉士の短期養成施設ってなに?役割は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら