生活相談員の求人ってどんなのがあるの?求人サイトはどんなのがあるの?

drugabuse_shutterstock-158366609-counselor-comforting-patient-in-treatment-feature

皆様は、生活相談員という職業はご存知でしょうか?
社会福祉士や介護福祉士などの介護の仕事は知名度が高いものですが、名前は聞いたことがあるけれどどんな職業なのかわからないという方も多いのではないでしょうか?
今回は、この生活相談員とはどのような職業なのか、またどのような場所で働くことが出来る職業なのかをご紹介していきたいと思います。

 

生活相談員の仕事内容とは

では実際に、この生活相談員とはどのようなことをする職業なのでしょうか?
福祉施設を利用する高齢者の方などを対象に、これからの介護計画や福祉サービス内容の援助、またそれに伴った他機関との連携、そして福祉施設の利用者やその家族の悩みや不安などを聞き出し、解決するために働きかけてくれる方々のことを指します。この業務内容からもおわかりいただけるかと思いますが、様々な内容の相談を受けなければならないことと、他の部署との連携も大切になってくる職業です。そのために、幅広い福祉の知識が求められるため社会福祉士などの資格が求められます。この必要資格については各都道府県で異なっており、社会福祉士の他、精神保健福祉士などの資格も対象になっているところもあります。そのため、まず自分が働きたいと思う地域ではどのような福祉資格が必要なのか、調べておくと良いでしょう。社会福祉士と精神保健福祉士は国に認められた国家資格になります。また、働く職場によっては介護職員と兼務になる場合もあるようです。そのため知識だけ身につけていても意味がありません。福祉の知識プラス介護の知識、介護の技術も身につけておく必要があります。自分が介護をすることが出来れば、実際に介護を受ける利用者やその家族の気持ちにより寄り添うことが出来るでしょう。この職業の難しいところは、いかに利用者の方の身になって仕事が出来るかということです。いくら知識が豊富でも、利用者の方に心を開いてもらわなければ仕事を進めることが出来ません。生活相談員は、たくさんの福祉の知識と技術、そして適切なコミュニケーションをとることが大切です。

生活相談員の職業を目指す方は、これらを身につけることが出来るよう勉強をしていきます。

 

生活相談員はどんな職場で勤めているの?

では実際に、この生活相談員の方はどのような職場で働いているのでしょうか?
生活相談員は福祉のお仕事になりますので、職場は福祉関係の職場になります。ひとえに福祉の現場と言ってもたくさんの種類がありますので、その中で自分に見合った環境を探していく必要があります。入所者の数が多く、介護度の幅も利用者によって大きく変わってくるのが特別養護老人ホームです。特老とも呼ばれている施設であり、様々な悩みを抱えた利用者の方や家族の支援をしていきます。また、このような24時間体制の施設以外にも、日帰りで介護サービスを受けることが出来るデイサービス施設もあります。特別養護老人ホームとは異なり、デイサービスは一日の時間が決められています。その後は自宅で過ごすことになりますので、そのことを見据えた状態で相談を受ける必要があります。施設介護と自宅介護、その両方の知識が必要になってくるでしょう。また、最初でもお話しさせていただきましたが、生活相談員は事務作業だけではありません。利用者の方とコミュニケーションをとることが大切なので、レクリエーション活動に参加をすることや介護サービスのお手伝いをすることもあります。また、会議などに出席をして多部署との連携をとることも大切になります。

この他に介護老人保健施設や有料老人ホームなどの施設があります。

 

生活相談員の求人を探すには

この職業を探すにはどのような方法があるのでしょうか?見ていきたいと思います。

① ハローワーク

職業を探すとなった時に、ほとんどの方が頭に思い浮かべるのがこのハローワーク(公共職業安定所)です。
今現在はネットでも気軽に職場を探すことが出来ますが、このハローワークの強みは誰かに相談をすることが出来るという点です。初めて行く方でも、職員の方が親切に探し方を教えてくれますので戸惑うことはありません。自分の希望する給与や地域から職場を検索することが出来ます。また、ハローワークの職員の方にあらかじめ生活相談員の職場を探していますと伝えておくことで、良い職場が見つかった時に連絡が来る場合もあります。職場に対する質問や要望などがあった時、職員の方を通して尋ねることが出来るのも利点の一つです。

② 職場検索サイトの利用

誰でも簡単に求人を探すことが出来るのが、インターネット上での職場探しになります。この利点は、空いた時間などに気軽に求人を閲覧することが出来る点でしょう。また、数ある求人の中自分で比較をすることが出来ます。求人の応募や質問なども自分で行う必要がありますので、計画性を持って利用しましょう。

③ 知人の紹介

福祉の現場で意外に多く見られるものが、この知人の紹介です。メリットとして、自分の知人が実際に働いている現場なことから、リアルな話を聞くことが出来ます。また、職場によっては自分の希望を聞き入れてくれることもあります。

 

生活相談員の求人を探せるサイト

ここでは、求人を探すことのできるサイトをご紹介したいと思います。

① インディード

このサイトは、福祉の求人や生活相談員の求人以外からも幅広く探すことが出来る大手求人サイトです。勤務地や条件から職場を検索することが出来ます。

② カイゴジョブ

介護関係や福祉関係の求人に特化したサイトになります。事前に登録が必要にはなりますが、電話で求人を検索することも出来ますし、求人情報の他に写真も載せられていますので職場の雰囲気を掴むことも出来ます。

③ ジョブメドレー

医療や介護に特化した求人サイトになります。求人情報の他にも、就職活動や実際の勤務で役立つコラムも連載されており、また転職者の体験談なども閲覧することが出来ますので、職場探しに役に立てるでしょう。

生活相談員の求人を探す時の注意点

まず、一番問題が起こりやすいのがネットでの求人検索です。気軽に探すことが出来るのが良い点ですが、自分自身でしっかりと内容を把握しておく必要があります。また、質問や疑問点があった時も自分で確認をする必要があります。ここできちんと解消をしておかなければ、面接で話が噛み合わなかったり、面接者に悪い印象を与えてしまう場合もあるので注意してください。それ以上に注意が必要なのが、知人からの紹介のパターンです。職場を紹介してくれる人は、自分のことを信頼して話を持ってきてくれています。面接を受ける際や実際に就職した後は、自分の評価に必ずその知人もついて来ることを忘れてはいけません。紹介してくれた方の評価も一緒に上がれるような仕事が出来るように努力しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
福祉の仕事の中でも、高いスキルが求められる生活相談員。資格をとるのは難しく、実際に働いていく中でも勉強することは多いでしょう。しかし、社会福祉士や生活相談員の方がいなければ福祉の現場は回っていきません。介護士や看護師などの職業とは大きく仕事内容は異なりますが、どの職業にも関わるお仕事です。

この記事を通して興味を持っていただけたら幸いです。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

デイサービスの求人ってどんなのがあるの?

生活相談員の資格ってどんなで役割?どうやったらなれるの?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら