社会福祉士の年収ってどうなの?賞与は?将来性は?

皆さんは社会福祉士という職業を普段耳にされることはありますか?ではソーシャルワーカー・スクールソーシャル ワーカー・ケースワーカーと言った職業は病院や役所で聞かれたことがあると思います。社会福祉士はそれら全体を称して言います。今回はそんな福祉・介護などのスペシャリストついて紹介させていただきます。

 

社会福祉士の待遇

まず社会福祉士はどんな仕事を行っているかをわかってください。社会福祉士が直接的にその名称で呼ばれない 他の名称で呼ばれる職種もあります。

[社会福祉士以外の名称の職種]

1.ケースワーカー

生活保護の申請受付窓口・生活保護受給者の管理

2.生活相談員

特別養護老人ホームなど公的介護施設で利用者又は家族からの問題や相談にのって解決策を導く

3.スクールソーシャルワーカー

学校内における数々の問題を専門知識は豊富なスクールソーシャルワーカーが問題解決の為にサポートして生徒が安心して学校生活をおくれるようにアドバイス、指導を行う

4.ソーシャルワーカー

身体や精神面での障害者や日常生活に支障がある人に対して的確なアドバイスや相談による問題解決を行っていきます。

このように名称が違っていても共通していることは、利用者の立場になって考えられたサービスを提供して利用者の心の声を聞きどれだけ利用者の本音が引き出せるのかが社会福祉士の価値に繋がりそれが利用者のためになったという対価報酬につながるものではないでしょうか。 社会福祉士の仕事は労働力に対しての報酬と違い利用者の悩みや問題を解決するため国家試験を受験してあえて社会福祉士となりその評価は最終的には利用者が相談してくれたことで「喜び」や「幸せ」を感じてもらった事に対して対価評価へと繋がっていきます。
その評価額の年収や待遇面では社会福祉士になるまでの道のりや合格後の現場での活躍に対しての評価としては世界の主要な福祉国家と呼ばれている国と比較しても十分ではないと思います。

 

社会福祉士の年収、月収

福祉3大国家試験と言われる「社会福祉士」「介護福祉士」「精神保健福祉士」とよく比べられる事があります。社会福祉士の利点は働く場所の要求が多いことで介護関連は勿論施設、病院、学校、一般企業など受け皿は現在もこれからの更なる高齢社会の中でも需要が低下することは少ないのではないでしょうか。特に福祉事務所などの公的機関に就職できれば給与は公務員対偶になる為に安定は保障されます

社会福祉士の対価評価

相談者へ「安心」と「幸せ」の与える業務を行った結果の報酬額について紹介します。

社会福祉士の資格を取得することで月収や年収に大きく影響する事に期待を持たれて取得を取得するのでしたら期待を裏切るかもしれません。上の資格手当の平均値や次頁の月収一覧を見ていただければ自分が社会福祉士の資格を取る目的は何だたのか年収を増やす為?勉強の為又は社会的貢献いづれを目的で国家試験に挑んだか、それをしっかりと考え気持ちを整理して現場へ出ないと相談者に冷静で的確な助言は不可能になります。社会福祉士の多くは、社会福祉法人や医療法人の職員として採用されるので、一般的な会社よりも安定性があります。また、社会福祉士の資格を有することで資格手当がわずかでもプラスされるケースが高い傾向にあります。社会福祉士は、公務員でも、社会福祉施設、病院の職員であっても、将来を有望視されている人材であり、経験を積むことで昇進の道も望めます。がんばり次第で、キャリアアップと年収アップの両方を叶えることが可能な職業といえるでしょう。

 

社会福祉士の賞与

社会福祉士の資格を取得されてその資格を生かして活躍する先は社会福祉士の場合かなり多方面での需要があることはおわかりいただけたと思います。待遇面で就活をやられるならやはり公務員対偶の公的機関の公務員への選択肢は社会福祉士の資格者だけではなく様々な国家試験を通った人も挑戦することにより競争倍率高くなることはよくわかった上で挑戦されることです。その狭き門をくぐり抜けて社会福祉士になって最初の給与や賞与(ボーナス)はやはり支給日近くになると気になります。ここで平均的な社会福祉士の資格取得者月収と賞与を紹介致します

社会福祉士の資格取得者の会社員待遇

 

図4

https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan1998/menu/03.html

■社会福祉士の資格取得者会社役職付きの賞与・年収推移■

図3
http://heikinnenshu.jp/fukushi/socialworker.html

ここで紹介致しました毎月の月の給与や賞与については、社会福祉士の資格取得者が前提条件で社会福祉士の資格料だけ見ると 資格を認めないところもあります。しかし大半の施設や行政機関では金額にして1万から3万の範囲で資格を評価している表しています。社会福祉士の資格以外でも介護、福祉には多数の資格があります。一番身近なところでは毎日訪問しくれる、介護職員初任者研修の資格のホームヘルパーが代表的です。やってもらえる仕事は生活援助から身体介護まで様々な身体の病状が違い、性格も違っていても、ヘルパーという仕事にやりがいを感じて利用者が1日でも早く元気になる為にお手伝いさせて貰っているという介護職の存在は有難いの一言ではすまないと思います。

 

社会福祉士の将来

これから 更なる 高齢化社会 向かっていく 中で 2025年までに 現在政府は 掲げている 高齢者対策として 「新オレンジプラン」「 地域包括支援システムの計画が実行されようとしています。 新オレンジプランは認知症患者に対してのプロジェクトで地域包括支援システムは高齢者問題への対応策として進められています。それらの運営の為の中心的なポジションにいるのがケアマネージャーや社会福祉士の豊富な知識とケアマネージャーのいまでには築いてきた色々な事業所との連携に関してのネットワークが必要になって来る事は明らかな事です。社会福祉士の仕事は介護、福祉に止まらず、最近特に増えて来ている家庭内暴力いわゆるDVと学校内でのいじめ等現在大きな社会的問題にもなっているこれらの相談者が増えて児童相談所と連携を密して子供たちの将来を安心させることが今後は更に増えて来る事だと思いたくはありませんが現実は厳しい事が待ち受けているようにさえ思えてきます。今後のかなり厳しい社会環境のなかでの高齢者対策がもっとも社会福祉士の豊富な知識が必要になり
しかし、現在の状況では社会福祉士の支援決定権は限られており、迅速な対応が必要なケースに対応しきれないジレンマがあるのも事実です。

■どうなる社会福祉士の将来性

これからの社会福祉士は売り手市場の状態で活躍する場は自治体や病院、社会福祉法人など多岐に渡ります。
そのため、仕事を選ばなければ将来にわたって就職に困ることはないといってもいいでしょう。また、転職の際には前職の経験を考慮し給与面で優遇される場合もあります。しかし、社会福祉士の就職で注意したいのはその仕事内容です。たとえば、福祉施設の生活相談員として採用された場合、現場で介護や生活指導を兼務する場合も多く、豊富な知識が有るだけに雇用する側は色々な業務を任せてしまいます。その為本来の社会福祉士の仕事に従事出来なくなるかもしれませんまた、資格手当があるものの、夜勤がないので現場職員よりも給与が低くなってしまうなどの給与面の落とし穴もあります。

 

まとめ

社会福祉士の国家試験の合格率が、他の福祉関連の合格率よりかなり厳しいのは社会福祉士の仕事の範囲がひろく相談者の内容もかるく済むものもあればDVのように一つ間違えれば殺人事件になるような事まで業務範囲があり相談者に正く的確なアドバイスや対応策などを相談者上は待っています。相談者が社会福祉士のもとに来る時は誰かに救いの手をさしのばしてほしい時です。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

社会福祉士は公務員なの?年収は?年齢制限は?

社会福祉士の資格ってどんなメリットがあるの?難易度は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら