社会福祉士の資格ってどんなメリットがあるの?難易度は?

Two men in living room talking and smiling

日常生活の中で地元の役所へ相談や申請などに行かれることがあると思います。例えば両親の介護 子育て 生活保護などについてどこに相談したらいいのか分からない時に社会福祉士に相談すれば細かな点まで教えてもらえます。そこで今回は介護・福祉のスペシャリストの社会福祉士について紹介させていただきます。

 

社会福祉士の資格とは

社会福祉士は、病気や障害、生活状況などさまざまな理由によって、日常生活 困難になった人の相談を受け、安定した生活ができるようにサポートする仕事です。
社会福祉士が受ける相談内容は、「高齢者介護」「障害者支援」「生活保護」「児童福祉」など福祉分野すべてが対象です。
・介護保険制度
・障害者自立支援給付などの補助金制度
・福祉施設の入居
・介護士の派遣
など、相談内容は多岐に渡ります。社会福祉士は、さまざまな問題を抱える相談者の悩みを聞き、その人に適した公的支援や地域のサービスを結び付け、解決法を提案していきます。特に最近多い相談が親の介護の問題で介護と仕事の両立が難しく、いわゆる「介護離職者」の相談や認知症の親の面倒が耐えられないような高齢者介護の相談が増えてきているようです。現在の高齢化社会のなかでこのような相談や問題の発生は今後も多くなってきます。社会福祉士は介護分野だけではなく「歩く福祉六法」と言われるくらいに福祉、児童相談、生活保護、障害者問題などの相談に対して適切な処置方法やアドバイスを法律問題も含め解決させるスペシャリストとして市民から期待される職種です。社会福祉士は日本初の福祉分野の国家資格で、「名称独占資格」にあたるため、国家試験に合格した人のみが「社会福祉士」と名乗ることができます。 社会福祉士の資格が最も生かされる活躍の場所が老人ホームをなどの施設で生活相談員として入居者や家族からたよられている人材です。

 

社会福祉士資格要件

社会福祉士の資格をとることで、相談者に安心感を与えて社会福祉士として多くの知識を持っていることで色々な方面と連携でき相談者へ的確な指導や回答が出来ます。更に転職などの場合資格に対しての評価は高く即戦力ができるとして雇用には有利になります。次のページで社会福祉士の資格がいかに難関で社会的評価が高いか他の介護関連の資格と比較してみてください。

介護関連資格 一覧表

試験 資格名 受験者数 合格率     特徴
国試 社会福祉士 44,064 26.2% 下記を参照
国試 介護福祉士   76,323   72.1% ヘルパーの指導者、安全管理者
国試 言語聴覚士    2,571   75.9% 言葉による接触や咀嚼関連のプロ
国試 精神保健福祉士   45,849   25.8% 精神保健分野と医療と繋ぐ役割
国試 理学療法士   13,719   90.3% 運動能力や生活能力向上のプ
国試 作業療法士    5,983   83.7% 日常生活で能力を復活させる
都試 介護支援専門員  124,585   13.1% ケアマネージャー
民試 介護職員実務者研修    不明   不明 介護への第1歩の資格(ホ-ムヘルパ-)
民試 介護職員初任者研修    不明   不明 介護福祉士への登竜門的通過点
民試 介護事務(ケアクラーク)    不明   不明 施設や医療機関でレセプトなど事務
民試 移動介護従事者(ガイドヘルパ)    不明   不明 聴覚や障害で外出をサポートする
民試 介護予防運動指導員    不明   不明 筋力の強化などで介護予防を指導
民試 サービス介助    不明   不明 正しい介助のしかたを指導

引用先:平成29年度実施国家試験合格発表より

国試(国家試験) 都試(都道府県所轄試験) 民試(民間の試験)各スクールごとの試験の為に合格者数は不明です。

■社会福祉士の国家試験までの要件

[受験のためのルート]

介護福祉士は特定のルートをへて国家試験を受検します。その一つが①「3年以上の実務を積む」もう一つが②「福祉系の高校を卒業する事」の2つが介護福祉士の国家試験資格要件です。①の場合規定の実務を終わらせた上で1.試験が筆記と実技 2.介護技術講習を受け、筆記試験を受験(実技試験は免除)3.実務者研修を受け筆記試験を受験(実技試験は免除) ②の場合1.平成20年以前の入学者は筆記と実技を受験2.平成21年以降の入学者は筆記試験を受験(実技は免除)3.特例高校など実務経験9ヶ月以上積んだうえで筆記、実技試験を受験するのが基本的な要件でもあります。更により確実性を求めるなら4年生の福祉系大学にはじめから進路を決めて4年間しっかりと勉強した結果受検資格は卒業時にもらうことになります。

[国家試験合格後の進路]

上の合格率でお分かりのように他の国家試験と違って合格率だけ見てもかなりハードルは高くなっています。それでも頑張って難関を乗り越したさきには多くの受け入れ先が「待っています。介護・福祉業界はもちろんの事、医療や公的なところなど難関を乗り越えた結果は自分が思っているよりも大きな結果を得る事になり、過去の実績では次のような
・老人ホームや児童福祉施設
・知的障害者施設などの社会福祉施設
・地方自治体の福祉事務所
・病院、保健所などの医療機関
・福祉サービスを行う民間企業
など活躍の場所はあります

 

社会福祉士の資格のメリット

社会福祉士になる為に高い壁を乗り越えた結果、社会福祉という仕事で活躍できる事で、自分自身のスキルも上がり福祉をはじめ多岐にわたり係われると言ってもいいのではないでしょうか。実生活でも役に立つ、「コミュニケーション力」を身につけることができる事や。カウンセリングの知識やコミュニケーションの方法を理解して今までできなかった「相手の話を聞く」という簡単で最も難し事に挑戦できることは自分のこれからの成長に大きな利点となります。社会福祉士はさまざまな案件の相談業務を重ね、問題を解決していくことで、常に相手の立場に立って物事を考えられるようになります。その優れたコミュニケーション力は友人や恋人、家族との関係でも発揮することができるようになり、実生活の充実にも繋がっていくことが出来ます。
今、目の前にいる相談者にとって何が重要か先回りして考えることができるので、気配り上手になることができますし、友人の相談や悩みを聞くだけで相手から感謝されたり、満足してもらえたりすることもあります。
また、社会福祉士として働くためには、医療や福祉の歴史、法律などに関する知識も必要になってきますので、日々勉強していくことで、実生活に役立つ多くの分野の知識が身につくというのも社会福祉士としての最大のメリットを得る事ができるようになります。
一般的には社会福祉士と呼ばれていますが働く場所によって、医療現場ではソーシャル・ワーカー、介護施設では生活相談員や生活保護ではケースワーカーなどの呼び名ですが、どの呼び名の職場でも共通している事は「目の前には何らかの問題をかかえている人」がいることで社会福祉士からの助言で人生が変わるよう事もあり得るくらい社会福祉士に期待されるものは重要な役割です。

 

社会福祉士の資格手当

社会福祉士の資格の特徴でもある「多機の分野で活躍できる」事で、例えば福祉分野でも介護分野でもさまざまな職域で活躍できる資格としての強みがあり、そのため職場や職種によって、年収や待遇に大きな違いがあるのもこの資格の特徴です。福祉業界では比較的恵まれた水準にあるといわれています。正社員でみてみると、自治体の社会福祉協議会、福祉事務所、児童相談所などの場合は公務員として採用されます。各地方自治体の公務員給与規定に準じた安定した収入を得ることができ、休日数や福利厚生面でも手厚い待遇を受けることができます。
民間の施設で働いた時の給与水準は、その地域での公共機関での勤務と同程度の給与となることが多いようです。
ですが、社会福祉士の多くは、社会福祉法人や医療法人の職員として採用されるので、一般的な会社よりも安定性があります。

また、社会福祉士の資格の評価はどこの職域でも高く評価され資格を有することで資格手当がプラスされるケースが大半です。 社会福祉士は、公務員でも、社会福祉施設、病院の職員であっても、将来を有望視されている人材であり、経験を積むことで昇進の道も望めます。がんばり次第で、キャリアアップと年収アップの両方を叶えることが可能な職業といえるでしょう。
では実際に社会福祉士になると資格手当はいくらくらいで給与はどのくらいか試算してみてみます。

[事例 初任給]

・大卒17〜20万円(年収約270〜310万円)・短大・専門卒15〜18万円(年収約230〜280万円)
手取りで考えると、額面から数万円が保険などで引かれるので10万円台前半〜15万円ということもあります。しかし先にも記述しましたが福祉事務所や公的機関へ就職先を求めると公務員対偶になり職域での対偶の違いという事がお分かり頂けましたでしょうか。

[事例 資格取得から2年目です]

社会福祉士2年目、勤続10年の特別養護老人ホーム生活相談員のケース(勤続10年目。在職8年目に社会福祉士を取得)
・基本給:26万円・賞与:4か月・役職手当:2万円(生活相談員)・資格手当:2万5千円(介護福祉士、社会福祉士)
・扶養手当:1万3千円(妻、子供1人)・住宅手当、保育手当等:2万円
合計年収:約510万円
モデルケースをみてもわかるように、新卒者の給与としてはけして高い水準ではありません。しかし、経験を積み重ねることで、昇進、昇給のチャンスがあるのが社会福祉士の魅力です。

図2

 

まとめ

最後の資格手当の欄で社会福祉士になるまで時間、国家試験など色々な壁を乗り越えた割に資格に対する評価額として低いと思われた事だと思いますが、社会福祉士の特徴でもあります職域が広い利点をいかして職場を選択して自分の条件にあったところで社会福祉士の魅力と相談者から期待される事をあじわう事ができます。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

社会福祉士の受験資格を教えて!資格要件は?

社会福祉士の大学って?国公立?大学を選ぶポイントは?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら