医療費控除の薬代について教えて!対象となるものは?ならないものは?

医療費控除は病院で処方された薬は対象ですが、それ以外に、風邪などの病気で薬局で購入した医薬品は対象になるにかわかりにくいですね。2017年から新しい医療費控除のセルフメディケーション税制も始まり、区別がつきにくいです。医療費控除の対象となる薬やセルフメディケーション税制ついてみてみましょう。

 

医療費控除の薬代とは

医療費控除とは

医療費控除とは、その年に支払った医療費が10万円を超えたとき、または200万円未満の所得の人は、所得の5%以上を超えた金額のときに、所得税や住民税が安くなる制度です。医療費控除は最大200万円まで受けられます。

医療費控除の計算式は次のようになっています

計算式

医療費控除額=生計を一にする医療費の合計額―保険金等の補填金額―10万円※
※所得が200万円以下の場合は所得の5%

医療費控除は、生計を一にする家族(配偶者及び子供)やその他の親族の医療費をすべて合計した金額なので、領収書やレシートを1年間残しておきましょう。医療費控除の幅は広く定められているので、どこまでが医療費控除として認められるかを知っておく必要があります。

この医療費控除の対象には、病院に行き医師の処方箋により薬局で処方された薬です。また、市販の医薬品で医療費控除の対象になる薬もあります。
ここでいう医薬品とは、薬事法第2条第1項の「医薬品の定義」に規定する医薬品のことです。

薬事法
第二条 この法律で「医薬品」とは、次に掲げるものをいう
一 日本薬局方に収められている物

 

医療費控除の薬代の対象になるもの

医療費控除の対象であるかないかの見分け方は次の2点です
治療や療養に必要な薬
一般的に支出される金額を著しく超えない医薬品

医療費控除の対象となるリスト

医療費控除の対象となる医薬品には次のものがあります。

 医師の処方によって薬局で購入した医薬品
 風邪薬
 胃腸薬
 痛み止め薬
 鼻炎薬
 動機や息切れの薬
 腰痛や捻挫の湿布薬
 整腸剤
 花粉やアレルギーの薬
 殺菌や消毒薬
 イボや魚の目の皮膚の薬や内服薬
 口唇ヘルペスの再発治療薬
 にきびの治療薬
 絆創膏など

 

医療費控除の薬代で対象にならないもの

 肩こりの湿布薬
 疲れ目のための目薬
 サプリメントや健康食品
 酔い止め薬
 ビタミン剤
 殺虫剤
 コンタクトレンズ液など

 

新しいセルフメディケーション税制とは

平成29年より始まった新しいセルフメディケーション税制は、正式には「セルフメディケーション(自主服薬)推進のためのスイッチOTC薬控除(医療費控除の特例)」といいます。
医療費が拡大することを受けて、自己管理をきちっとすることで、医療機関への受診を減らし、医療費削減になるようにセルフメディケーション税制という新しい制度を打ち出しました。この制度の条件は健康診断や予防接種をきちっとうけていて、健康の保持増進及び疾病の取り組みとして自己管理をしている人が、スイッチOTC薬を購入したときに、購入したOTC医薬品の合計額が年間1万2千円をこえたときに、超えた金額に税率をかけた額が安くなります。

スイッチOTC薬とは、医療用として使われていた効き目のある薬が、安全性が確認されたので、処方箋がなくてもドラッグストアで購入できるようになった薬のことです。医療費控除とセルフエメディケーション税制の両方を受けることはできません。

セルフメディケーション税制の所得控除の計算方法

(スイッチOTC医薬品の購入合計額―12,000円)×所得税率=所得税控除額
(スイッチOTC医薬品の購入合計額―12,000円)×住民税率10%=住民税控除額

例えば、スイッチOTC医薬品の合計額が5万円とします。所得税率が20%で計算をすると次のようになります。

所得税控除額(50,000円―12,000円)×20%=7,600円
住民税控除額(50,000円―12,000円)×10%=38,00円
所得税と住民税が合わせて11,400円安くなります。

確定申告は、医療費控除と同様に確定申告作成コーナーで作成することができます。

スイッチOTC医薬品とは

スイッチOTC医薬品は、処方箋がなくても薬局で購入できる市販薬で、OTC医薬品の中でも使われている83成分を含む約1,600品目がスイッチOTC医薬品の対象となります。対象となる医薬品はパッケージを見ると、セルフメディケーション税 控除対象と書かれています。

ただ、すべてのOTC医薬品にこのマークがついているわけではありません。発行されるレシートにもOTC医薬品であることが記されています。そうでない場合は、手書きの領収書をもらいましょう。

●領収書

OTC医薬品の製品名、金額、購入商品がセルフメディケーション税制対象のOTC医薬品であることを記載、販売店名、購入日が記されていることが必要です。

●レシート

製品名の前にマーク(例えば★)を付すとともに当該マークがついている製品がセルフメディケーション税制対象OTC医薬品である旨(例えば、★印はセルフメディケーション税制対象OTC医薬品)をレシートに記載されていることと対象製品のみの合計額を分けてあること

 

医療費控除の注意点

医療費控除の医薬品を購入するときに気になることが領収書をもらうのか、消費税は医療費控除に含まれるのか、交通費はどうかなど細かい点が気になる点です。

医薬品は領収書のみ?

お客が多い店で、領収書を出してほしいと言うのは言いづらいですね。平成2019年より医療費控除で、領収書の添付がなくなりました。そのため、レシートに医薬品の名前が書かれていれば、それをなくさないように保管しておきましょう。

レシートに医薬品の所に〇をつけておけば、確定申告のときにわかりやすいです。レシートを医薬品だけ分けてもらうとわかりやすいかもしれません。レシートに薬の名前が無記名の時は薬の名前を書いておきましょう。

市販薬の消費税は医療費控除に入るの?

診療で処方箋をもらい、薬局で処方された薬は消費税がかかっていません。しかし、医薬品にはすべて消費税がかかっています。消費税の分は医療費控除ではどうなるのか疑問になりますね。医療費控除では消費税分も入れても構いません。但し、医薬品にかかる消費税のみです。

薬局までの交通費はどうなるの

医薬品を購入する場合も通院や入院時と同じように、公共の交通機関を使った交通費を医療費控除に入れることができます。自家用車やタクシーでいった場合には交通費を入れることはできません。

医療費控除をするかセルフメディケーション税制をとるか

医療費控除で申告するかセルフメディケーション税制で申告するかは、1年間を通して使用した金額によります。それほど病院通いをしない人は、何かあったときにOTC医薬品を購入して治すと年間12,000円はすぐに超えてしまうでしょう。

OTC医薬品には、医療費控除もセルフメディケーション税制も適用されている医薬品があります。最終的にどちらを選択するかは利用した額によってよって得になる方を選ぶといいでしょう。

 

まとめ

医療費控除の対象となる薬は、診療や療育に使われる薬が対象で、一般的に支出される額を著しく超えないものです。
医師から処方箋をもらい薬局で処方される薬や市販薬でも治療のために購入した薬は医療費控除の対象です。セルフメディケーション税制の対象のスイッチOTC医薬品は、品目が決まっていてパッケージにもそのように記載されているものもあります。

医療費控除にするかセルフメディケーション税制にするかは使った額をみて決めましょう。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

医療費控除とふるさと納税は併用できるの?申告の流れは?

医療費控除の還付金はいくら?還付金計算方法は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら