自費診療は医療費控除になるもの?検査、治療は?

esthetic-dentistry

医療費控除は、一般に健康保険の診療の場合に医療費控除ができますが、自費診療の場合でも医療費控除の対象となる物があります。健康診断でも医療費控除の対象となる場合があります。これはどうかなと思う場合は、領収証を確定申告まで残しておきましょう。

 

 

自費診療と医療費控除

医療費控除とは?

医療費控除とは、1月1日~12月31日の医療費の合計が10万円以上(所得が200万円以下の人は所得の5%)になった場合は、税金から控除される制度です。計算式は次のように求められます。

●所得が200万円を超える人

医療費控除額=1年間で支払った医療費の合計金額―生命保険などで補填された金額―10万円

●所得が200万円以下の人

医療費控除額=1年間で支払った医療費の合計金額―生命保険等で補填された金額―年間所得×5%
例えば、所得が年間300万円ある人で、手術や入院等で医療費の合計が45万円になったとしま
す。生命保険から25万円が給付された場合の医療費控除額は、45―25-10=5万円です。
所得が年間180万円の人が手術、入院で医療費の合計が40万円、保険で25万円給付された場
合の医療費控除額は、40―25―180×0.05=6万円です。

医療費控除の対象となる人

医療費控除の対象となる人は、「納税者と生計を一にしている配偶者やその他の親族」です。生計を一にしているなら、大学生や親など別居していても医療費を合算することができます。また、納税者が単身赴任の場合も妻や子供と生計を一にしているなら、医療費に含められます。

自費診療で医療費控除に含められるもの

医療費控除で認められるものは、目的が治療のために用いた場合で、美容や予防のために治療した場合は医療費控除の対象にはなりません。また、医療費控除の対象者は、次の資格を持つ人です。

 医師
 歯科医師
 看護士
 按摩マッサージ師
 針きゅう師
 柔道整復師
 助産師

歯科の自費診療で医療費控除の対象となる物

歯科の自費診療で対象になる場合は、治療として必要と認められる一般的な治療です。美容目的のための治療は含まれません。

 インプラント治療でインプラントブリッジとインプラント入れ歯の治療費
歯科ローンやクレジットを利用した場合でもローン契約をした年に全額医療費控除に含められます。但し、金利や手数料は医療費控除の対象外です
 歯列矯正の費用
子供の成長を阻害する歯列の不正咬合などの場合の矯正費用は含めることができます。但し、美容目的の歯列矯正の費用は含まれません。
 金やポーセレン(セラミックなど)を使用した歯の治療費用
歯の治療では、一般的に使用されている歯科材料を用いた治療であれば、自費診療であっても医療費控除の対象となります。

施術の自費費用

 鍼や灸師の施術やマッサージ師によるマッサージ、柔道整復師による施術
治療の一環としての施術が対象で健康の回復や維持のための施術は医療費控除に含まれません
 カイロプラティックの施術費用
カイロプラティックの施術は対象者に含まれていませんが、治療として必要な場合は医療費控除に含めることができます。

妊娠や出産のための費用

 通院費用
 分娩費用
 入院のための寝間着や身の回りの品の購入費用
 助産師による分娩介助料
 助産師による保険指導料
 不妊治療にかかる費用や人工授精の費用
 母体保護法に基づく妊娠中絶手術

一般入院した時に医療費控除となるもの

入院費の中で、医療費控除の対象となるものは次の場合です。
 医師の指示による入院中の差額ベッド代
 入院中のおむつ費用(医師の使用証明書が必要です)
 病院の食事代
 病院のシーツのクリーニング代や診療に必要な氷のうや氷枕
 付添い人の付添い料や食事代と家政婦協会への紹介手数料
 遠隔地の診療を医師が指示した場合の旅費

他の自費診療費などで医療費控除の対象になるもの

 レーシック手術費用(視力回復するためのレーザーによる手術)
 近視治療のための角膜矯正療法(オルソケラトロジー)の費用
 交通機関を使用した通院費や付添い人の通院費
 海外で支払った医療費(著しく水準を超えないもの)
 医師の治療の一環として行う禁煙治療
 医師の指示によるクアハウスの使用

他にも介護費用や医薬品などで医療費控除の対象になるものがあります。医療費控除の対象となる物はかなり多いので、対象になっているかどうかを良く調べて確定申告をすると、思った以上に税金が安くなることがあります。

 

自費の検査、治療は医療費控除になる?

自費の検査、治療で医療費控除の対象になる場合は、次の検査や治療が対象になります。

 妊娠と診断されてからの検査費用や定期健診費用
 出産後の定期健診や検査
 自費の健康診断や人間ドッグの費用

健康診断は医療費控除の対象にはなりませんが、健康診断で治療しなくてはいけない所が見つかり、きちっと治療をした場合は医療費控除の対象です。人間ドッグでも同じ扱いになります。例えば、要再検査と診断されて再検査をした結果、治療が必要なところが見つかり、治療を続けた場合は健康診断や人間ドッグの費用や再検査費用が医療費控除の対象です。

ただ、要治療との判定でもその後治療を受けていなければ、健康診断や人間ドッグの費用は医療費控除の対象にはなりません。医療費控除の対象となった場合の例を考えてみましょう。

半日の人間ドッグを受けて胃カメラ検査をしました。人間ドッグ代は自費で3万円かかっています。そこで、要精密検査と診断され、再度検査をすると悪性のポリープが見つかりました。胃の切除術を行い、15日間の入院で胃がんを手術しました。

この場合は、人間ドッグにかかった費用の3万円と再検査費用、そして入院費用、手術費用などすべて医療費控除の対象です。

 

自費診療が医療費控除で対象にならないもの

 美容目的で行った治療
ほくろやシミ、しわの除去や美容目的での歯の矯正、ホワイトニング、美容整形などは対象になりません。

 脱毛症の育毛治療
但し、円形脱毛症の治療は保険診療になるので、医療費控除の対象です。

 予防目的のための自費診療
予防接種の費用、保険会社などへ提出する診断書の費用

 母体保護法によらない人工中絶費用
母体保護法による人工中絶費用は医療費控除の対象です。

他にも、疲労回復や健康維持のために購入したビタミン剤やサプリメント、通院や入院時の自家用車のガソリン代や駐車場代、通常の眼鏡の購入やコンタクトの購入費用、通常で購入した補聴器の費用など、健康の予防のためのものや医師の指示によらずに購入した物は医療費控除の対象にはなりません。

 

注意点

医療費控除の内容も年々変わってきています。平成28年の税制改正により、セルフメディケーション税制が導入されました。セルフメディケーション税制とは、医療用医薬品から市販薬に切り替わった医薬品で、その医薬品のことをOTC医薬品といいます.

医療費控除では年間の合計額が10万円以上ですが、セルフメディケーション税制では生計を一にする配偶者及び親族の合計額が1万2千円を超えている場合は、超えた額が最大8万8千円まで控除される制度です。

その場合は、市からくる特定健康診査や職場で行う定期健康診断、人間ドッグ、市町村が行うがん検診、予防接種を受けていることが条件です。確定申告の時には受けたという証明になる領収証または結果通知表が必要です。

セルフメディケーション税制で確定申告を行う場合は、医療費控除はできないので、どちらで行った方がいいか、考慮の上、控除を受けましょう。

 

まとめ

医療費をたくさん使ったときは、医療費控除をすると税金が安くなるので、確定申告をしますが、自費診療の場合でも医療費控除に含められるものがたくさんあります。例えば、インプラント治療や子供の歯列矯正、マッサージなどの施術費用、出産のためにかかる費用などがあります。健康診断のあと、治療をする場合は健康診断の費用も含められます。医療費控除は200万円まで受けられるので控除対象になりそうだと思われるものは領収証を保管しておきましょう。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら