お墓を英語で言うと?うまく伝えるためには?

もし、お墓のことを英語で伝えようと思ったときどのように表現しますか。英語圏の人と、お墓の話になった場合、間違えずに発音できるといいですね。
日本後で言うお墓の意味に最も近いのが、grave「グレイヴ」という発言が一番感覚的に近いといわれています。しかし、お墓の種類などによって名称が異なることもあるようであす。また、grave「グレイヴ」には「掘る」という意味もあるので、墓穴といった別の意味で解釈されてしまうかもしれません。日本語と英語では表現の難しさがある言葉がたくさんあります。また、単に英語が難しいということではなく、日本特有の言葉や文化など外国人である相手には全く馴染のないことなどは単に伝えるだけでは何を意味しているのかが伝わらないでしょう。
今回は「お墓」という言葉を英語で言うこと、伝えること、について詳しくみていきましょう。

 

お墓は英語で言うと?、お墓詣りに行った、行くは?

grave「グレイヴ」がお墓という意味に近いといういわれは、「お墓参りに行く」というフレーズを英語で表すと、visit a graveという表現になるためです。
アプリの翻訳などでも「お墓=grave」 と表記されることが多いです

ちなみに、他の単語で表すとすると以下のようになります。

■ tomb「トゥーム」

意味:皇族や王族の墓。偉大なお墓」や「遺体が箱の中に保管されたお墓」という意味。
例:ツタンカーメンのお墓= Tutankhamen’s tomb

参考までに日本で有名なアニメ映画「火垂るの墓」は英語タイトルでは「Grave of the Fiveflies」となります。

また、お墓参りに行くという表現はgoではいけないのでしょうか。

■visit a grave~お墓参りに行く

「参り」は、到着点を尊い所と認めた場合の移動を言う語とされていて、かなり日本語的な表現と言えます。
一方英語には、謙譲語や尊敬語といったものはないので、「尊い場所」などという感覚が表現しにくいのです。
そのため、「参る」=「行く・訪れる」

と表現するのが、一番妥当かと思われます。しかし、「行く」を「go」で表すと、意味合が「お墓に行く」ではなく。「お墓に入る」という意味合いにある場合があるのです。そのため、visitで表すのが良いでしょう。

 

墓地、墓標、墓場は?

では、墓地、墓標、墓場はどのように英語では表すのでしょうか。
見ていきましょう。

■墓地(墓場)

cemetery ・・・共同墓地
churchyard ・・・墓地、教会内の中庭・構内
graveyard ・・・墓地、墓所

■墓標

tombstone ・・・墓石、墓碑
gravestone ・・・墓石、石碑

お墓の規模や、宗教、墓地がどのような環境にあるかによって英語では表わす単語が異なってくるのですね。

英語で墓地を意味する言葉は「cemetery」です。
ギリシア語で眠りにつく場所という意味の言葉が語源となっています。また、「cemetery」は葬儀を執り行う場所という意味もあります。
日本では葬儀場と墓地は別に考えられていますが、英語圏では墓地と葬儀場は同じと認識されているという面があるといえます。それは海外ドラマや映画などのシーンを思い浮かべてみると想像しやすいでしょう。
また、日本語ではお墓の場所が違ってもお墓は「お墓」と呼ばれますが、英語文化圏では、お墓の場所によって言葉も違っています。
墓地(cemetery)は日本ではお寺にあたる教会や礼拝堂とは隣接しない物に使われています。教会や礼拝堂に隣接、併設されているものを墓所(graveyard)としています。
元々は教会の中庭にあたる場所を指している言葉であったchurchyardはデンマーク語では墓地を意味しています。
これはお墓の概念が文化や宗教、風土によって異なっているためでしょう。

また、「墓」は英語でgrave 、tomb などです。
graveは墓穴という意味をもっているということを先に述べましたが、亡くなった人を穴を掘って埋葬していた事からそのままお墓という意味を持つようになったと言われています。
tombはお墓自体を意味していて、墓石を指しています。
以上の2つの単語以外に「墓」をあらわす単語としてはsepulcherがありあます。これは、「埋める」、「埋葬する」という意味を持っています。これも死者を埋葬するという意味からお墓という意味を持つようになったとされています。
お墓参りするさいのお墓はgrave、会話の中でお墓を指す時はtomb、石やレンガで作られたお墓の事をsepulcherとして覚えるのも良いでしょう。

うまく伝えるためには

■相手が知っている物、知っている事を示してみよう

日本では「お墓」といえば迷いなく私たちが思い描くお墓を思い浮かべ、「墓参りに行く」も、「お墓に行く」も同様な意味で捉えます。そのため、わざわざ「お墓にお参りをしに行く」と言わなくても意味は伝わります。しかし、このことを外国の方に伝えるとなると歴史や宗教、文化が異なるため上手く伝えることが難しいのです。
ではどのような工夫をしたらよいでしょうか。
例えば、相手がすでに知っていることを示して表現するなどはどうでしょう。
英語では「例えば〇〇のような~」という意味で「it’s like~」が使えます。
先に説明したピラミッドのような偉大な墓は、日本では古墳のようなものであると考えられますね。
このことから、日本の古墳を説明するときは「ピラミッドのような」という風に説明すると相手は理解しやすいでしょう。
この、相手に意味ではなく感覚的にイメージしてもらえるような表現方法を「アンカーリング」と呼びます。
ここからはアンカーリングについて少し説明します。

■アンカーリング(記憶の根底に根付かせること)

アンカーリングの考え方でいくと、日本固有の言葉や表現を外国人に英語で伝えようとしても、見たことも聞いたこともない言葉自体を記憶すことは難しく、記憶が残っている時間は限られています。そのため、相手の知っていることや見たことがあると思われる言葉や事柄を示して伝えることが重要です。
日本人の私たちに置き換えて考えても英英辞典だけで、どんなに努力しても、見たこともなく、想像もできない事なら記憶に残るということはとても難しいです。必ず英和辞典で確認して日本語に結び付けておくことが最低限必要といえます。

~参考 営業でのアンカーリング~

営業の場面では、価格やマーケティングにアンカーリングが活用されることが多いです。たとえば、最初に高い価格を提示しておいて、その後、値引きをすれば相手に対して割安感を与えることができます。このように、最初に提示された数字が基準になるため、次に提示された少し安い価格に対して衝動買い等を誘発させることができるのです。
このような効果から、特に意思決定をする課題や知識が少ないことにほど、アンカーリング効果が強まる可能性が高いとされています。

まとめ

「お墓」を英語で言うこと、伝えること、についてみてきました。
英語で日本でのお墓の意味を伝えることは難しそうでしたね。異文化をもつ相手に言葉だけでなく意味も理解してもらうためには、事前に相手の文化や伝えたい言葉が相手の国では何を指すのかの下調べができると上手くいくのではないでしょう。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

高齢者って英語でなんていうの?高齢化社会の英語を学ぶ!

介護での英語を学ぶ!介護の英語のこれからは?

老人ホームなどを英語でなんて言う!?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら