訪問看護財団について教えて!入会メリットは?申し込み方法は?

少子高齢化の進む日本では今後益々、在宅介護・在宅医療があたりまえにできる社会の構築が進んでいきます。病気があっても、高齢になっても自宅で安定した生活をしていくためには時に医療の手助けが必要になり、訪問看護の存在感は増していくことでしょう。
訪問看護の活動を支える役割を担っている訪問看護財団について詳しく見ていきましょう。

 

訪問看護財団とは

訪問看護財団は、正式名称を「公益財団法人日本訪問看護財団」といい、1994年12月8日に日本看護協会が設立した「財団法人日本訪問看護振興財団」が2012年4月1日より公益財団法人化された組織です。
訪問看護財団は、訪問看護をはじめとする在宅ケアの質的・量的拡充を図り、病気や障がいがあっても安心して暮らせる社会を目指しています。そして、訪問看護等在宅ケアの事業に従事する人材の育成や事業運営等の支援、調査研究、訪問看護等在宅ケアの事業運営を通して情報の提供及び制度改善等の政策提言を行なうと共に、訪問看護等在宅ケアの推進に努め、もって国民の健康と福祉の向上に寄与することを目的としています。
日本看護財団によるとその事業内容は以下のようになります。

~日本看護財団の事業内容~

1 訪問看護等在宅ケアの質向上に関する教育等事業
2 訪問看護等在宅ケアの運営支援に関する事業
3 訪問看護等在宅ケアの調査研究並びに事業運営を通した事業等の開発・制度の改善等に関する事業
4 訪問看護等在宅ケアの調査研究等に対する助成
5 その他本財団の目的を達成するために必要な事業

 

訪問看護財団に入会するメリット

訪問看護財団に入会するメリットを以下に紹介します。
・財団主催の研修を会員価格で受講できます。
・財団発行・監修の書籍、帳票・記録用紙を会員価格で購入できます。
・財団の調査・研究報告書が無料で入手できます。
・ 機関紙「ほうもん看護」(月1 回発行 8 月のみ休刊)が届きます。
・ 訪問看護年報や、年間研修スケジュールなどを掲載した「財団事業のご案内」をお届けします。
・ 研修・講演会等への講師を派遣します。
・ 団体会員は「あんしん総合保険制度」への加入ができます。(賠償、什器備品損害補償、傷害、感染、サイバーセキュリティ)
・ 広告掲載が会員価格でできます。(機関紙「ほうもん看護」、「財団事業のご案内(THE HOME CARE)」)
・ 展示が会員価格でできます。(訪問看護サミット、財団主催研修会等)
・ 財団所有のDVD・書籍を無料で借りることができます。
・ ホームページ会員用サイト(よくある質問・各種ひな形等)を利用できます。
・ メールマガジン配信サービス・FAX サービス(FAX による最新情報の配信)を利用できます。

 

訪問看護財団の申し込み方法

訪問看護財団の申し込み方法は基本的にはFAXか郵送になります。入会金は振り込みになります。
以下の詳細を参考にしてください。

■訪問看護財団の申し込み方法

1.申し込み方法

ホームページに記載されているファームからの申し込み、FAX送信、郵送

2.入会金(会員の種類)

【専門職会員:年額8,000円】
在宅ケアや訪問看護事業、教育研究などに従事する専門職資格のある方(保健師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護福祉士、ケアマネジャー等)
【一般会員:年額5,000円】
一般市民の個人
【学生会員:年額2,000円】
学生
【専門職能団体:年額100,000円】
専門職を主たる構成員とする団体(看護協会、医師会等)
【法人会員:年額一口50,000円~ 入会金:一口500,000円~】
一般企業、その他
【特別団体会員:年額20,000円 入会金30,000円】
居宅サービス事業を行う専門職などで構成された組織(訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所など)

 

訪問看護財団の注意点

訪問看護財団の概要は前述したとおりで、手続きや、かかる費用が了解できれば特に注意する点はないでしょう。

最後に、訪問看護財団で取り扱っている賠償責任保険について紹介します。
日本看護財団は、あんしん総合保険制度を提供しています。
訪問看護の現場では、入浴介助中や車いすの乗り降りで利用者様に怪我を負わせてしまった、傷の消毒が不十分で感染症を起こしてしまったなどの場合に、訪問看護の損害賠償保険に入っておくと保険が適応されます。万が一の事態に備え、しっかりと賠償責任保
について把握しておきましょう。
訪問看護事業者、居宅介護サービス事業者、居宅介護支援事業者のために、業務上生じ得るリスクを総合的にカバーする保険制度です。

保健の内容は以下のようになりますので参考までにみておきましょう。

あんしん総合保険制度

①ステーション賠償責任保険

1.対人賠償
1名1事故1.5億円
2.対物賠償
1事故1,000万円(管理受託物を含む)
3.人格権侵害
1名/1事故/保険期間中1.5億円
4.初期対応費用
1事故保険期間中500万円
(うち見舞金・見舞い品)1事故ごとに10万円
5.年間保険料
1ステーション当たり10,500円です。
※ただし、免責金額(自己負担額)はありません。

②器・備品損害賠償

所有または使用している建物内に収容の什器や備品、建物内から一時的に持ち出されて火災・落雷・破裂・爆発や不測、かつ突発的な事故により損害が生じた場合に保険が適応されます。
現金や業務用預金通帳などは盗難のみ補償しています。
1.保険金額 1口500万の場合
免責金額1万円、耐火19,800円、非耐火49,400円
2.保険金額 2口1000万の場合
免責金額1万円、耐火301,400円、非耐火175,800円
※保険料は口数に比例しません。不測かつ突発的な事故による損害のみ支払われます。 ※保険金額が新価(再調達価格)に満たない場合は比例払いとなります。

③業務従事者損害保険

事業所の職員が職務に従事中、急激、あるいは偶発的な事故が原因での怪我の場合に保険金が支払われます。
障害入院保険支払い対象期間(支払い限度日数)180日、傷害通院保険金支払対象期間180日・支払限度日数90日、免責期間0日(入通院)

1口の場合

傷害死亡・後遺障害保険金額・・・316.6万円
障害入院保険金日額・・・・・・・3,000円
傷害通院保険金額・・・・・・・・2,000円
一時払い保険料・・・・・・・・・3,000円

2口の場合

傷害死亡・後遺障害保険金額・・・633,2万円
障害入院保険金日額・・・・・・・6,000円
傷害通院保険金額・・・・・・・・4,000円
一時払い保険料・・・・・・・・・6,000円

傷害手術保険金は入院中の手術・・傷害入院保険金日額の10倍
入院中以外の手術・・・・・・・・障害入院保険金日額の 5倍

④感染症見舞金保険

事業所の管理者あるいは職員が業務中に感染症に感染し、入通院した場合に事業所が管理者、職員を対象とした「感染症補償規定」に従って補償を行ったときは事業所に保険が適応されます。

皮膚感染症以外あるいは皮膚感染症で死亡の場合・・・・・・・・・100万円
皮膚感染症以外で入通院あるいは皮膚感染症で入院31日以上・・・・一時金10万円
皮膚感染症以外で入通院あるいは皮膚感染症で入院15~30日以上・・・一時金5万円
皮膚感染症以外で入通院あるいは皮膚感染症で入院 8~14日以上・・一時金3万円
皮膚感染症以外で入通院あるいは皮膚感染症で入院 4~7日以上・・・一時金2万円
皮膚感染症以外で入通院あるいは皮膚感染症で入院3日以内・・・・・一時金1万円
年間保険料は業務従事者1名につき840円

 

まとめ

訪問看護事業団では、開設間もない訪問看護ステーションが運営や経営、看護の質、関係者との連携など様々な課題を抱え、やむを得ず休止・廃止となるケースが多く見られていることを鑑みて、訪問看護認定看護師が現地へ赴き、直接話を伺い、改善のためアドバイスも行っています。訪問看護財団は、訪問看護の現場で働く個人、訪問看護事業所、在宅介護や在宅医療の分野においてもその活動を支える縁の下の力持ちと言えますね。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら