法事の三回忌について教えて!香典は?お返しは?

295e8e2019c0f07bbd854dfcfb495828_m-1024x683

法事とは、亡くなってしまった方の供養のために行うものです。お葬式にはたくさんの方が参列される場合がありますが、この法事は回数を重ねるたびに親しい方のみで行われる場合が多いとされています。皆様は、この法要はどれくらいの周期で行われるものなのか、ご存知でしょうか?今回は、法事・法要はどのくらいの期間で行うものなのか、三回忌とはどのようなものなのかをお話ししていきたいと思います。

 

法事の三回忌とは

まず故人が亡くなった後、いくつか行わなければならないことがあります。

①初七日

葬儀の後に、最初に行われる法要になります。場合によっては、葬儀の時に一緒に行う場合もあります。仏教では、人間は亡くなった後に七日ごとに極楽浄土へ行くか地獄へ行くか審判を受けなければならないとされています。この審判で良い結果が出るように行われる儀式が、この初七日の法要です。僧侶を呼びお経をあげていただく形になりますが、この初七日は一般的に家族や親族のみで行います。

②四十九日

この四十九日で、故人がどこへ行くのかが決まると言われています。この日が最初の区切りであり、自宅へ僧侶を呼ぶか、こちらからお寺へ出向いて法要を行うことになります。一般的に、遺族や親族で行うとされています。この四十九日を経て、遺族は忌明けとなります。

③年忌法要

この年忌法要とは、上記でお話しさせていただいた四十九日後に行う法要のことを指します。故人の死後、1年目が一周忌、2年目が3回忌、その後7回忌、13回忌、17回忌と続いていきます。ここで注意すべきことは、3回忌だからと言って丸3年目に行うものではないという点です。故人が亡くなった日を忌日とするために、1年目が2回目の忌日と数えるため、三回忌は丸二年目という計算になるのです。僧侶を呼びお経をあげてもらい、親族や知人に参列してもらいます。都合がつくようであれば、そのまま会食も行うのが一般的な流れとなります。そのため参列者の都合も考えて、家族側は遅くとも一ヶ月前からは準備を始めなければなりません。知人への三回忌の案内状や、もし御斎をお店で行う際はその予約、引き出物の準備などやるべきことはたくさんあります。一般的に、7回忌までは知人や友人にも案内状を送りますが、それ以降の法要の場合は遺族や親族で行う場合が多いようです。

 

法事の三回忌の意味、何をするの?

上記でもお話しさせていただきましたが、この三回忌で行うことは、一周忌と同じです。まず僧侶を呼びお経をあげてもらい、遺族や参列者は焼香を行います。その後会食を行う際は、自宅で料理やお酒の準備を行うか、お店で食事を行う場合は食事や席の確認を行う必要があります。本来であればこの三回忌は、故人の亡くなった日に行うことが望ましいですが、その日が平日で参列者や親族の都合がつかない場合などは、土日に行うことも検討しなければなりません。命日の1ヶ月前には、家族で日にちの相談を行う必要があるでしょう。その後、法要を行う場所を決めます。自宅で行うのか、お寺で行うのか、または会食はどこで行うのかを決めなければなりません。自宅で行う際は、料理は自分たちで用意するのか、外部にお願いするのかで準備の手間も変わってくるでしょう。また食事のメニューについても、お祝いを連想させるような食材は避けなければなりません。参列者の方の中には、高齢の方や小さなお子様など幅広い年齢層の方がいることと思います。自宅以外で行う場合は、負担にはならないか、食事のメニューは適切かということも念頭に置いて話をする必要があるでしょう。また、法要の後の会食ですが、こちらは必ずしも行わなくてはならないというものではありません。自分たちや親族、参列者の方の都合がつかない場合は、会食を行わないという選択も可能です。ただし、もし行わない場合については、最後にお酒とお弁当などを引き出物と一緒に渡します。

 

法事の三回忌の香典、お供えは?

では次に、この三回忌の香典やお供え物についてお話ししていきたいと思います。まず香典ですが、三回忌の前に一周忌に出ている場合は、だいたい同じくらいの金額を包むと良いでしょう。またこの時の香典の金額も、故人との関係性によって金額が変わってきます。故人が家族、または親族の場合は1万円から3万円。故人が知人の場合は5千円からとされています。また、この法要の後に会食があるかないかでまた金額がかわります。会食に参加する際は、プラス多めに包んでおく必要があるでしょう。また香典を包む袋ですが、こちらは包んでいる金額に合わせて選択してください。不祝儀の場合、香典袋に書く文字は薄墨とされていましたが、この三回忌では普通の墨で記入して良いとされています。しかし、香典にはふさわしくないとされている「死」を連想させる「4」、「苦しみ」を連想させる「9」という数字での金額は、引き続き避けるようにしましょう。
また、三回忌のお供え物ですが、こちらも必ず用意しなければならないという訳ではありません。もし用意される時は、果物などの食べ物やお花、お酒などをお供えすると良いでしょう。また、こちらのお供え物を仏壇にあげる際は、必ず家族の方に一声かけることがマナーとされています。花の場合は大きすぎないものを選び、花束で備える場合は花瓶があるかどうかの確認をしてください。果物の場合は、今は法事用のセットが販売されていますので、探してみると良いでしょう。

 

法事の三回忌のお返しは?

次は、家族側の話になります。お供えや香典をいただいた際のお返しですが、できるだけなくなるものが望ましいとされています。消耗品や食べ物、また参列者の方に持ち帰っていただくものになりますので、重くないもの、荷物にならないようなものを選ぶと良いでしょう。例えば、食べ物であればお菓子や日持ちのする乾物、お茶、消耗品では洗剤などが多いようです。引き出物の場合は、会食も行なっているので、だいたい相場としては5千円前後になります。
のしをつける際は、お店の方に三回忌の引き出物であることを伝えることで、適切なものを選択してくれます。現在、カタログギフトや商品券などのお返しも増えてきているようです。しかし、この二つはメリットとデメリットがあり、メリットとしては荷物にならないこと、受け取った側が自由に購入するものを選択できるという点です。デメリットとしては、商品券もカタログギフトも、ダイレクトに家族側の用意した金額がわかってしまうという点です。最近よく選ばれるお返しではありますが、デメリットのことも考えて選択する必要があるでしょう。また、お渡しする際はきちんとお礼の言葉をかけ、挨拶を怠らないようにしてください。人数の多い場合は、会食の挨拶の際に必ずお礼の言葉を添えるようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
このような法要は、故人を供養するためのものではありますが、この世に残された私たちが故人を偲び、故人のことを忘れないで生きていくためにとても重要なことです。回数を重なるにつれて参列者は小規模になっていくかとは思いますが、故人のことを想う気持ちは変わらないはずです。
そのためにも、きちんとしたマナーや挨拶は忘れないようにしましょう。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら