法事のネクタイってどんなのがいいの?ネクタイ柄は?結び方は?

皆様は、法事の際の身だしなみや服装についてどれくらい知識があるでしょうか?
近年は、家族側の方から、普通の私服で構わないという旨が連絡されることもありますが、当然きちんとしたマナーも存在します。社会人ならば、いつ呼ばれてもいいように正しい服装や身だしなみについて勉強しておくことも大切なことです。
今回は、この身だしなみの主にネクタイについてお話ししていきたいと思います。

 

法事のネクタイとは

ではまず最初に、法事の際男性はどのような格好で参列することが望ましいのでしょうか? 服装は黒のスーツが望ましいとされています。
家族側の方から、平服でと言葉があったとしても、できるだけスーツを身につけるようにしてください。シャツは白色が良いでしょう。また、髪の毛も短髪であればさほど問題もないかと思いますが、長髪、あるいは前髪が長い場合は、お辞儀をした時に目にかからないように、きちんと整えるようにしましょう。この時使用する整髪剤はツヤのないもの、また匂いの強くないものを選ぶようにしてください。
この時に履いていく靴ですが、こちらも基本的に黒です。男性の場合、黒の靴でもカジュアルなものが増えていますが、基本的にフォーマルなものを選択するようにしてください。つま先が極端に尖ったものや装飾の多いものはやめましょう。またキラキラと光るものも華やかな印象を与えてしまいますので、避けてください。次にネクタイですが、こちらは法事の回数によって変わってきます。四十九日などはまだ喪服で参列する場合が多いかと思いますので、それに合わせて黒のネクタイを使用すると良いでしょう。
しかし、回数を重ねるにつれて、三回忌頃からは平服での参列が認められる場合がありますので、黒色だけではなくグレーや紺色などを選択することもできます。ただし、あくまで「法事」であることを忘れてはいけません。お祝い事でも、プライベートの集まりでもないのです。この時に行う身だしなみは、自分を美しく見せるための身だしなみではないのです。故人を偲ぶための身だしなみです。そのことを忘れてはいけません。もちろん、派手なアクセサリーをつけてきたり、女性の場合は華美すぎるネイルや強い香水なども控える必要があります。「おしゃれ」と「身だしなみ」は異なります。
実際に法事に出向く際に、今一度自分の格好を見直してみる必要があります。

 

法事に合ったネクタイ柄

では、柄のついたネクタイをつけていく時は、どのような柄のものが望ましいのでしょうか? まず前提として、柄物のネクタイはどうしてもカジュアルな印象を与えてしまいますので、四十九日や一周忌までは避けた方が良いと思います。
どうしても用意ができない場合は、あまり派手ではないもの、目立たない地味な柄のものを選ぶようにしましょう。そして、いざという時のために無地の黒いネクタイを用意しておくようにしてください。やむを得ない場合で柄物のネクタイを選ぶ際、また一周忌以降の法事の場合であっても、基本は黒ベースのものを選びましょう。また、ネクタイを購入する際に、法事で着用することをあらかじめ伝えておくことで、店員の方が見合ったものを選択してくれます。
また、靴と同じようにキラキラ光り目立ってしまう光沢のあるものも避けましょう。では、どのような基準で選んでいいのかわからなくなってしまう方もいるかもしれませんが、デザイン性のあるものは避けた方が無難です。
なぜなら、デザインが凝った作りのもの、刺繍が派手なもの、柄が大きく目立つものは、自分のための身だしなみになるからです。そのために、葬儀や法事などでは地味な無地なものを選択するのです。

法事に合ったネクタイの結び方

では、法事の時のネクタイはどのような結び方をするのが適切なのでしょうか?また、ネクタイにはどのような結び方があるのかを紹介していきたいと思います。まず、法事の際のネクタイの結び方ですが、基本の結び方で大丈夫です。基本的な結びは、「プレーンノット」と言われるもので法事以外のビジネスの場合でも使用される結び方になります。上記でもお話しさせていただいたように、目立つ結び方や派手な結び方でなければ大丈夫かと思います。あまり存在感が出てしまうような結び方になると、ネクタイに目がいってしまいますので、注意してください。では、プレーンノットという結び方の他にはどのような結び方があるのでしょうか?
いくつかご紹介したいと思います。

②ダブルノット

こちらは、基本的な結び方に比べて結び目の部分にボリュームが出る結び方です。プレーンノットの結び方を、また二重にして作ります。

③セミウインザーノット

この結び方は、結び目の部分がバランスの良い綺麗な逆三角形になることが特徴になります。また、このセミウインザーノットよりも大きな結び目になるものがウィンザーノットと呼ばれるものです。この場合は、ネクタイが全体的に大きなイメージを出してしまいますので、それに見合った体型の方におすすめな結び方だと言われています。

また、女性の方には馴染みがないかもしれませんが、ネクタイを着用する際は、場合によって「ディンプル」というものを作ります。このディンプルとは、ネクタイの結び目の下に作るくぼみのことです。これを作ることで、ネクタイが華やかな印象になります。結婚式などの華やかな舞台にはふさわしいものですが、お葬式や法事に華やかさは必要ありません。このディンプルは作らずに、シンプルな結び方をするように心がけてください。

法事に合ったネクタイピン

何度もお話ししておりますが、法事の時は自分を目立たせる必要はありません。
よって、基本的に男性は装飾品は必要ないでしょう。どうしても必要な時以外は、ネクタイピンは使用しないとされています。やはり光り物ですので目だってしまい、華やかな印象になってしまうからです。もし、やむを得ない事情がある時は、ネクタイと同じ色の黒、目立たない地味な色のもの、光らないものを選択するようにしてください。くれぐれも、金色など目立つものは避けましょう。どうしても目立たないものが用意できない際は、ネクタイから見えないような工夫をすることが大切です。しかし、法事や葬儀において全ての装飾品が禁止されているという訳ではありません。指輪は基本的にNGですが、結婚指輪に関してはよしとされています。女性は真珠のものであれば、ネックレスをつけても構いません。真珠は「涙」とされているからです。
しかし、ここで注意すべきことは、二連のものは避けるということです。二連のものは、不幸が続いてしまうとされ縁起が悪いと言われているからです。男性と同じく派手なものは避けましょう。時計をされる方も、できるだけスーツに隠れるようなものを選んでください。
以外と腕元のものは目立ちます。くれぐれも、派手な装飾のついたものを選ぶことがないように気をつけてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
身だしなみは、自身の心の表れだと言われています。わからないだろうと思っていても、遺族は見ています。きちんとしたマナーを身につけておけば、どんな場面でも恥ずかしくありません。

今回は法事の場合でしたが、お祝いの場面でのマナーもあります。一度、きちんと確認しておくことも大切です。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら