法事の香典の金額はどうすればいいの?相場は?金額が変わる時は?

079146b303c4a3aa5101f2192c02517a_s

故人を偲ぶための大切な儀式である法事。皆様も、何度か参加されたことがあるかと思います。しかし、この法事でのマナーやしきたりなどを完璧にご存知の方は少ないのではないでしょうか?今はだいぶ変わってきたこともありますが、それでも一般的なマナーは知っていたいものです。今回は、この法事の香典金額についてお話ししていきたいと思います。

 

法事の香典の金額とは

法事の香典は、お金が関係することですので、非常にデリケートな問題でもあります。他の人にも聞きにくいことでもありますし、故人との関係によって多少金額が変わってくるものでもあります。ではそもそも、なぜこの香典にお金を包む必要があるのでしょうか?もともとこの香典とは、故人が亡くなり急な出費が増えてしまった遺族の方々のためのお金であり、また参列者から故人に贈るものでもあります。また、この「香典」という言葉の由来は、もともと昔は故人のためにお香を焚いておりました。このお香は、出来るだけ絶やしてはいけないとされておりましたので、葬儀がある際はこのお香を持ち寄っていたのです。後に線香が使われるようになってからはお香は必要なくなりましたので、このお香の代わりに金銭を包むようになったと言われています。この香典は、誰もが同じ金額を包まなければならないということではありません。後に説明させていただきますが、故人との関係性によって金額は変わってきます。
今はどこのお店にも香典用の袋が販売されていますので、間違えることはないと思いますが、白と黒の水引が使われているものを選びます。また、中に入っている金額によって、この香典袋を選ぶ必要があるでしょう。高い金額の場合は、相応の袋を選ぶ必要がありますし、比較的低い金額ならば、袋に水引きが印刷されているものでも構いません。袋に文字を書く際は、出来るだけ薄墨を使用してください。今はあまりこだわらないという方も増えてはいますが、この薄墨で書くことで、墨も薄くなるほど涙を流しました、という意味になるのです。今は普通の墨と薄墨がセットになっている筆ペンなども販売されていますので、いざという時のために一本用意しておきましょう。また、薄墨で注意しなければならないことは、文字が薄すぎて読めない、また文字が消えてしまって確認が出来ないということです。誰からの香典なのかわからないと遺族に迷惑をかけてしまいますので、渡す前に必ず確認するようにしてください。

 

法事の香典の金額の相場

では、この法事の香典金額は大体どのくらいが相場となっているのでしょうか?何度もお話しさせていただいたように、この金額は
故人との関係によって変わってきます。

①親族

亡くなったのが自分の家族の場合、喪主を務める場合は必要ないことが多いですが、だいたい2万円から5万円とされています。(今回は法事の場合です。お葬式などの場合はまた多少変わります)また、その時の法事が法要だけのものなのか、法要の後に会食も行うかでまた変わってきます。会食がある場合は、料理のこともありますので少し多めに包んでおくと良いでしょう。

②友人・生前親しかった知人

だいたい1万円から3万円が多いとされています。またこの場合も、会食に出る際は少し金額を多めに包みます。

③知人

この場合は、付き合いがあった程度の知人を指しています。あまり親交のなかった場合においては5千円から1万円が多い金額です。

お祝いのお金は、偶数での金額は縁起が悪いということで避けられている傾向があります。割り切れてしまう数字は、故人との関係も切れてしまうとされているからです。また、「死」を連想させてしまう4の数字、「苦しみ」を連想させてしまう「9」という数字も避けられていますので、お金を用意する際は気をつけるようにする必要があるでしょう。ただし、偶数の数字である「2」の数字、例えば2万円は認められている場合が多いようです。

法事の香典の金額は親族、孫など関係で変わる?

では、なぜこの香典の金額は故人との関係によって金額が変わってくるのでしょうか?実は、この香典の金額は明確に「この金額です」と決められている訳ではありません。上記で、香典金額の相場をお話しさせてはいただきましたが、必ずしもその金額を用意しなければならない訳ではないのです。なぜなら、この「香典」とは参列者の「気持ち」だからです。つまり、親族などの金額が高くなっているのは、そのぶん故人との交流があった、また故人にお世話になっていたという気持ちの表れでもあるということです。また、この香典の金額は自分の年齢でも変わってきます。若い方よりも、やはり年を多くとっている方の方が多く包む場合が多いようです。よって、「孫」の立場であっても自分の年齢や収入によって金額は変わってきますし、じぶんが故人と同居していた身ならば香典は必要ないとされています。親族ではなく知人の場合であっても、自分の年齢や収入、そして故人との交流の程度によって金額は変わります。

 

法事の香典の金額の注意点

最後に、この法事の金額の注意点をお話ししていきたいと思います。まず、香典は多い金額であればあるほど良いということでは決してありません。例えば自分が故人の友人だった場合、いくらお世話になったからといって親族よりも多い金額を包んでしまったら、遺族はどう思うでしょうか?自分が故人の友人という立場であるならば、友人よりも近い関係である家族や親族の金額は超えないようにする必要があります。また、この香典で使用する紙幣にも注意があり、お祝いごとではありませんので、ピン札では包まないようにしてください。こだわらない方もいますが、ピン札は「この日のために用意しました」という意味が込められているからです。もしピン札しか用意できなかった場合は、わざと折り目をつけるなどして包むようにしましょう。また、この時にきちんとお札を揃えて包むようにしてください。また、この香典を持って行く際は必ずふくさに包むようにしましょう。お祝い事の際のふくさとは異なりますので、こちらも注意が必要です。紺色や緑、グレーや紫などの寒色系の色が使われているものを選択します。このふくさに包むという行為は、故人に対する礼儀になりますので、忘れないようにしましょう。贈り物に汚れがつかないようにと使用するものです。しかし、急なことでどうしても用意ができないという方は、かわりに布やハンカチで包んでください。前もって準備ができそうな場合は、ふくさを用意するようにしましょう。当日は、勝手に仏壇に備えるのではなくて、必ず家族の方にお声をかけて渡すようにしてください。仏壇に手を合わせた時に、何も言わずにそのまま香典を置く方もいますが、それでは家族が確認するのが遅れてしまいますし、挨拶もなしではマナーがよくありません。たとえ自分の親族であったとしても、必ず一声かけるようにしてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
お金のことは、なかなか人に聞きにくいことです。しかし、事前にある程度の知識を持っていれば、急に参列しなければならなくなったとしても、余裕を持って対応することができるでしょう。

社会人として求められる大切なことでもありますので、しっかり確認しておきましょう。

 

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら