仏壇のコンパクト化が進んでいる!?メリットは?

仏壇の大きさやデザインに変化が起きています。仏壇は大きくて場所を取る。雰囲気が部屋に合わない。その仏壇のイメージは現代の仏壇とは違うかもしれません。今の仏壇はコンパクトなものが多くデザインも多様化しています。

 

仏壇のコンパクト化とは

仏壇の大きさの変化

仏壇の大きさと言えば大人の背丈かそれ以上の大きさで、豪華な装飾が施された観音開きの立派な仏壇を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。しかし近年の仏壇の大きさはその半分かそれ以下のコンパクト仏壇が人気になっています。仏壇のコンパクト化はどんどん進んでいて、より小さくシンプルな物が次々と販売されています。今なぜ大きくて豪華な仏壇より小さくてシンプルな物が好まれるようになってきたのでしょうか。現代の日本人が小さな仏壇を好む背景は様々なものがあります。

家庭環境の変化

核家族の増加が日本人の仏壇離れの要因の一つとして挙げられます。核家族化した家庭は実家に仏壇がある為仏壇を購入する必要がありません。こういった家庭が仏壇を購入するタイミングとしては親が亡くなった時です。高齢者の平均寿命も延びていますので実家の祖父母が亡くなるとき、核家族世帯の子供は成人し独り暮らしや結婚して家を出ているケースも多くなっています。こうした核家族世帯の子供は「仏壇」という風習や文化にほとんど触れる事無く、また新たに核家族となります。

宗教観の変化

日本は仏教の国と呼ばれ、生活のあらゆるところに仏教の教えや風習が残っています。しかし自分は仏教徒であると言う人はそれほど多くありません。核家族化により仏壇という文化、生活風習が薄れたことによって仏壇の考え方も変わってきています。元々仏壇は各宗派の本堂の中を再現した物で、お寺に行かなくても自宅で仏様に手を合わせられるとされていました。現在はそうした意味もほとんど無くなり、故人への想いやお参りなど故人とつながる為のものという考え方をする人が増えて来ています。その為「お寺の本堂」である必要がなくなり様々な形やデザインの仏壇が作られています。

住宅の変化

新築される住宅はほとんどが洋式でフローリングが多く、仏壇が部屋の雰囲気に合わないという話は良く聞きます。畳の部屋はどんどん減ってきています。畳の部屋があっても仏壇を置く為に作られていないので仏壇を置くスペースが無い等の問題が発生します。また人口は都市部に集まる傾向が強いため住宅が狭い場合も多くなっています。こうした住宅事情の変化からも場所を取らず、部屋や家具の雰囲気にも合う仏壇が人気になってきています。

 

コンパクト化だけではなくおしゃれにもなってる?

モダン仏壇

仏壇は本来、お寺の本堂を再現し、お寺に行かなくてもご本尊を祀りすることでお寺同様にお参りができるというものでした。しかし最近ではそういった考え方は変化して必ずしもお寺を模すことが必要とされなくなり、デザインが変化してきました。これらは総称して「モダン仏壇」と呼ばれ、伝統的な仏壇の様式にとらわれず様々な形やデザインのものが販売されています。家具に合わせた仏壇、スペースを取らない小型な仏壇、持ち運び可能な仏壇など多種多様なものがあります。

家具調仏壇

伝統的な仏壇は光沢のある濃い黒を基調として金泊や金メッキ等できらびやかに彩られています。しかしこのような仏壇は現代の洋間や住宅のデザイン、他の家具とも合わせにくく浮いてしまいます。家具調仏壇は家具に合わせやすい材質やデザインで作られた仏壇です。木目を活かしたものや薄い色合いで程よい主張性のあるものなど、家具や壁紙、部屋の雰囲気と合わせやすい仏壇が人気になっています。個性的な仏壇の一例としては「ヨーロピアン家具調仏壇」や「アンティーク家具調仏壇」といった洋風の家具に合わせた仏壇も販売されています。

デザイン仏壇

モダン仏壇の中には家具や部屋にも合わせやすい様々な仏壇が作られています。その中でも特にデザイン性が高いものがあります。例えばステージ型仏壇や写真立て型仏壇があり、これらは仏壇の形の基本である扉付きの箱という概念を変えました。洋風なおしゃれなデザインの物もあればしっかりとご本尊を祀ることができ、重厚な趣きもしっかりとあるデザインもあります。ニーズに合わせたさまざまなデザインの仏壇が販売されています。

携帯型

持ち運びできるほどコンパクトな仏壇が販売されています。仏壇というより故人を想い線香を焚く持ち運び可能な台。と言ったほうが分かりやすいかもしれません。本来の仏壇からすると大分違ったものに感じてしまいますが、仏教の信仰というより風習としての仏教から故人を想う現代のスタイルには合っているようです。

 

 

コンパクト化のメリット

場所をとらない

コンパクトである一番のメリットは場所をとらないということです。大きな仏壇は雰囲気や置き場所に困るという悩みが多く聞かれます。コンパクトな仏壇であれば棚の上やちょっとした空間に置けます。デザインも様々なものがありますので家の中で置ける場所とそれに合わせた仏壇を選ぶことができます。

部屋や家具などの雰囲気に合わせられる

仏壇の悩みの一つはその独特な外観です。洋間の多い住宅ではどうしても仏壇は浮いてしまうためどこに置いたら良いのか難しいものでした。仏壇のコンパクト化が進む中で様々なデザインの仏壇が販売されています。その結果、家具や部屋の雰囲気、ライフスタイルに合わせた仏壇を選ぶことができるようになりました。

掃除が楽

伝統的な仏壇はお寺の本堂を模しているだけあって外も中も複雑な構造や装飾がたくさんあります。掃除をする際は仏具を丁寧に動かしながら仏壇の奥や装飾の間など手も届きにくく大変なものでした。仏壇がコンパクト化しお寺の本堂を模すという考えが薄らいだ結果、仏壇の中もシンプルになり掃除もしやすくなっています。

処分が楽

仏壇の悩みの一つが処分するときです。親が亡くなった時、大きな仏壇は残された子供の誰が引き取るのか、大きな仏壇をもらってもどこに置けばいいのかなどからコンパクトな仏壇に買い換える人も多くなっています。元々コンパクトな仏壇であれば捨てる費用や手間も少なくて済みますし、受け継ぐ人も家に置きやすくなります。

移動が楽

大きな仏壇の場合一人で動かすことが難しく、また装飾や塗装を傷つけないように慎重に運ばなければなりませんでした。仏壇がコンパクト化することによって軽くなり移動しやすくなりました。高齢者でも持ち運びが簡単なものも多く、年齢とともに生活スタイルの変化に合わせて簡単に移動できるようになりました。

複数の仏壇を置く事ができる

コンパクト化により場所をあまり取らなくなったので仏壇を複数置くことも可能です。少子高齢化によりいま若者の世代で一人っ子同士が結婚した場合お互いの親から仏壇を引き継ぐことになった場合にそれぞれの仏壇を置くこともできます。

仏壇にも個性を出せる

コンパクトな仏壇は多種多様な進化を続けています。その為今までよりももっと所有者の思いや個性に合わせた仏壇を選ぶことができるようになっています。材質やデザインによっても様々な雰囲気や個性的な仏壇があり、所有者は故人への想いも含めて様々な個性を仏壇で表現することができます。

まとめ

日本人にとって仏壇は生活の一部です。戦後日本人の生活スタイルが大きく変わっていく中で仏壇に求められるものも変わってきました。仏壇がコンパクト化しているのもその一つではないでしょうか。仏壇がコンパクト化することによって現代またはこれからの日本人がより使いやすい仏壇へと変化しています。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

仏壇はモダンにしたい!

仏壇って買い取りしてもらえるの?買取手順は?店の探し方は?

仏壇を売っている店ってどんなところ?選ぶポイントは?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら