白内障って予防できるの? 種類は?ポイントは?

体のパーツの中で、大切な部位とも言える目。皆様は、どのようにケアをしているでしょうか?
近年、パソコンやスマートフォンの普及により、目のトラブルを起こしてしまう方も多いと言われています。また、若いうちは大丈夫でも、年をとり高齢者になった時に発症しやすい目のトラブルもたくさんあります。

今回は、その目の病気の一つである、白内障についてご紹介していきたいと思います。

 

白内障の予防とは

ではこの白内障は、どのようにして予防していけば良いのでしょうか?
その前に、皆様は白内障というものがどのような病気かご存知でしょうか?何となく、目の病気だということはわかっても、実際にどのようにして起こる病気なのかはピンとこない方も多いかと思います。まずは、この白内障というものがどのような病気なのかをご紹介させていただきたいと思います。この白内障とは、高齢者の方が発症する確率が非常に多いと言われていますが、早い方だと40歳から50歳で発症する方もいます。この病気は、目の水晶体の部分が、白内障という名前の通り白く濁ってしまう病気です。高齢者の方の、目の病気の中では一番多いと言われています。
きちんと治療を行わなければ、失明に至る場合もあるので注意が必要です。症状としては、視界が見えづらくなる、なんとなくかすんで見える、視力が低下したなど様々です。この白内障の原因としては、高齢者の場合は加齢が原因だと言われており、加齢性白内障と言われています。
もし、自分の目の状態に異変を感じた場合は、速やかに医療機関に相談することが大切です。白内障であったとしても初期の段階であれば、点眼薬で治療することができる可能性もあります。
しかし、視力を良くしたい、また日常生活に支障をきたす程度の進行具合であれば、手術をしなければならないこともあります。では、この白内障はどのようにして予防していく必要があるのでしょうか?

 

白内障予防の種類

では、この白内障を予防するための手段として、そのような方法があるのでしょうか?ここでは、種類別に見ていきたいと思います。

① サングラス

白内障になってしまう原因の一つとして、外からの紫外線を浴びたことによって眼球の水晶体に傷がついてしまうという場合も考えられます。そのために、自分の目を紫外線から守る必要があります。まず最初に思いつくのは、サングラスでの紫外線防止なのではないでしょうか?外を歩く時、紫外線が強い日などは、サングラスをかけて出かけることをオススメ致します。また、紫外線の他に、スマートフォンやパソコンなどから発せられている、ブルーライトも水晶体によくありません。今は、メガネにこのブルーライトをカットしてくれるものもありますので、これから購入を考えている方は、お店の方に相談してみてはいかがでしょうか?

② 食生活を考える

目に良い食べ物はたくさんありますので、毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?まず有名なものは、ブルーベリーです。このブルーベリーの、紫色のアントシアンという色素が、目に良いと言われているのです。視力低下や白内障予防になりますので、朝食などに取り入れてみてはいかがでしょうか?その他、果物や野菜に多く含まれているビタミンC、ドコサヘキサエン酸が含まれている魚なども良いと言われています。もちろん、これだけを食べていれば良いという訳ではありませんので、バランスの良い食事をとりながらこれらをうまく取り入れていく必要があります。

③ 適度な運動を取り入れる

適度な運動は、体に良い効果をもたらしてくれます。それは、もちろん目にとっても良い効果がある場合もあります。ウォーキングや軽いランニングなど、自身に負担がかからない程度の運動は、体の中の血のめぐりを良くしてくれます。ただし、外に出て運動をする場合は、紫外線を浴びないように注意をしてください。

 

白内障の予防のポイント

では、この白内障を予防するのに何かポイントはあるのでしょうか。
まず、上記でたくさんの予防方法についてお話しさせていただきましたが、そのどれもが毎日の日常生活で注意すべき点なことにお気づきでしょうか?白内障になってしまった場合は、専門医療機関で点眼薬を処方してもらうか、または手術という方法になります。しかし、予防の段階では、即効性のあるものはありません。外に出る時は、紫外線予防のサングラスをかける。極力ブルーサイトを浴びないように気をつける。またはブルーライトをカットしてくれるメガネなどを着用するようにする。毎日、無理のない運動を取り入れて、食事には目に良いと言われているものを積極的に取り入れるようにするなど、毎日の積み重ねが大切になるのです。加齢は避けられないことです。
また、年を重ねるに連れて、たくさんの病気にかかってしまうリスクはだんだんと大きくなっていきます。

しかし、予防は誰でも出来る事です。ある程度年齢を重ねてきた時、目の健康を考えるならば、これらの予防方法を自分の無理のない程度で続ける必要があります。

 

白内障の予防の注意点

では、この白内障予防について、何か注意すべき点はあるのでしょうか?
白内障は、症状が進行していたとしても、自覚症状があまりないものでもあります。それはとても恐ろしいことで、医療機関で発見される頃には、病状が進んでいた、という状況も少なくないのです。上記でお話しさせていただいた予防方法を取り入れることももちろん大切ですが、もし何か目に異常を感じた時は、必ず医療機関へ相談してください。目の病気は、なかなか自分では分かりづらいと思います。早期発見、早期治療のためにも、いつも目のことを気にかけておきましょう。自分自身の変化に気がつけるのは、いつも自分自身です。そのことを忘れないようにしましょう。
また、白内障になるリスクがあることとして、喫煙と糖尿病があります。喫煙は、よく言われることではありますが、百害あって一理なしです。よく、やめられないと嘆く方もいますが、今は病院で禁煙のお手伝いをしてくれる場合もあります。喫煙は、他にもたくさんの病気にかかってしまうリスクがあり、また自分だけではなく、近くの人にまで害を及ぼしてしまう場合がありますので、もし喫煙されている方は、これからの健康を考えているならば禁煙をオススメします。また、もう一つの原因の糖尿病ですが、こちらも自分自身の行いで防ぐことができます。適度な運動、バランスのとれた食事です。特に糖尿病で注意すべきなのは、自身の食事メニューです。よく暴飲暴食をしてしまう方は要注意です。今一度自分の食事スタイルを見直し、今の自分にはどんなものが足りていて、どんなものが足りていないのかを割り出すと良いでしょう。
一つ病気にかかってしまうと、その病気が原因となり様々な病気を引き寄せてしまいます。今以上、悪くならないように、また病気にかからないように、常に意識することが大切なのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
高齢になるにつれて、病気や怪我のリスクは大きくなってきます。ここで健康で入れる方と入れない方の差としては、やはり健康の予防をしているか、していないかになります。
5年後10年後も健康な体でいられるように、今からでも出来ることはあるのではないでしょうか。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

白内障について教えて!原因は?対策は?

白内障の症状について教えて!種類は?ポイントは?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら