くも膜下出血の原因ってどんなのがあるの?

皆様は、くも膜下出血という病気を聞いたことはありますでしょうか?一歩間違えれば命の危険も伴う、とても恐ろしい病気の一つです。名前は聞いたことのある方でも、詳しいことはわからない方も少なくはないのでしょうか?今回は、このくも膜下出血という病気の、主に原因についてお話ししていきたいと思います。

 

くも膜下出血の原因とは

では、このくも膜下出血に至ってしまう原因とはどんなものがあるのでしょうか?
まず、このくも膜下出血という病気についてご紹介したいと思います。この病気は、簡単にいうと脳の病気で、この脳を覆っているくも膜に出血がある状態のことを言います。なぜ出血が起こるのかと言うと、この脳にできてしまった脳動脈瘤や脳動静脈奇形が破裂してしまい、出血してしまうのです。皆様も、自分の親しい方やテレビのニュースなどで、このくも膜下出血や脳出血で急死してしまった方の話を聞いたことや、実際に家族で経験のある方もいるかもしれません。このくも膜下出血の恐ろしいところは、直前まで何の症状も出ない場合があるということです。脳の病気ですので、自覚症状として現れ始めるのは頭痛だと言われており、このくも膜下出血での頭痛は、我慢できないほどのひどい痛みを伴う場合があります。また、頭痛とともに吐き気などが見られる場合もありますので、注意が必要です。
では、このくも膜下出血はどうして起こってしまうのでしょうか?まず、原因の一つとして、外傷性くも膜下出血と言うものがあります。これは、自身の頭部に何らかの外傷が生じたことによって、出血する場合のことを指します。この理由として、頭部を激しくぶつけてしまった。また、交通事故などにより、頭部を激しく打ち付けてしまった。段差のある場所から転落してしまったなどがあげられます。

この場合は、一般的なくも膜下出血と比較すると、出血の程度は低い場合が多いと言われています。またこれに当てはまらないものが、非外傷性くも膜下出血と言います。こちらは、外傷性くも膜下出血のように、明らかな原因がなく突然発症してしまうものだと言われています。

この非外傷性くも膜下出血の原因のほとんどが、上記でもお話しさせていただいたように、脳動脈瘤の破裂だと言われています。

くも膜下出血の原因の種類

上記で、二つの原因についてお話しさせていただきましたが、この二つの種類について、詳しく見ていきたいと思います。
まず、非外傷性くも膜下出血についてです。

非外傷性くも膜下出血

倒れる寸前まで、原因がわからないことが多いものです。何の前触れもなく、激しい頭痛にみまわれてしまうことや、嘔吐、意識障害が現れる場合があります。この頭痛を軽く見ずに、何か異変を感じたらすぐに医療機関を受診してください。このくも膜下出血の原因のほとんどが、脳動脈瘤の破裂によって起こるものです。早めに治療に取り掛からなければ、後遺症が残る場合や、最悪の場合死に至ってしまいます。
次に、外傷性くも膜下出血です。

外傷性くも膜下出血

こちらは、頭部に外傷を負うことによって発症する場合です。この衝撃のせいの出血が、くも膜下に広がることによって起こります。症状として、交通事故や頭部の衝撃を受けた時、その場で頭痛や吐き気などにみまわれてしまう場合もあります。この場合は、すぐに症状が発生したことで、異変に気がつくことができるのですが、この外傷性くも膜下出血の怖いところは、頭部に衝撃を受けても外傷が見られなかった場合でも、実は頭の中では症状が進行している場合があると言うことです。もし、頭部に衝撃を受けてしまった、交通事故で頭を打ってしまった、高い場所から転落してしまったなどの状況で、病院を受診する際は、必ず医師に申告してください。また、少しでも異変を感じた場合は、すぐに病院にかかることのできるようにしておきましょう。事故からしばらくは、注意しておく必要があります。

くも膜下出血の原因のポイント

このくも膜下出血は、治療をしたとしても後遺症が残ってしまう場合もあり、また死に至ってしまうケースも非常に多い病気です。

では、この病気に予防する方法はあるのでしょうか?まず、このくも膜下出血を引き起こしてしまうリスクが高いと言われているのが、高血圧です。この病気以外も当てはまることではありますが、日常生活の食事の中で、塩分を摂りすぎないように注意しなければなりません。高血圧になってしまう原因が、塩分の取りすぎだからです。規則ただしい生活を送ることはもちろんではありますが、同時に適度な運動をすること、バランスの取れた食事をとることが重要になってきます。またこれ以外にも、喫煙もくも膜下出血のリスクが高いものです。
喫煙者の方であればご存知の方も多いかと多いますが、今はタバコのパッケージにこのことが明記されています。つまり、それだけリスクが高いものです。自分はあまり本数は吸わないから大丈夫だろう。たまにしか吸わないから大丈夫だろうと思う方もいるかもしれませんが、数や時間はあまり関係ありません。喫煙の行為そのものが、くも膜下出血のリスクを高めるのです。

リスクをなくすには、禁煙することしか方法はありません。またこれら以外にも、ストレスが原因となる場合もあります。

ストレスをためない、ということは難しいと思いますので、ストレスと上手に付き合えるように、また上手く発散できるような方法を見つけることが大切です。

 

 

くも膜下出血の原因の注意点

このくも膜下出血の注意点は、やはり最初の症状を見逃さないことです。いつもの頭痛と違う、吐き気が続く、意識が朦朧とするなどの症状が現れたら、速やかに医療機関を受診してください。これくらいの頭痛なら大丈夫だろうと思っていると、取り返しのつかないことになってしまう場合もあるのです。何度もお話しさせていただきましたが、この病気は突然襲ってくる場合が多いものです。手遅れになってしまう前に、少しでも異変を感じたらすぐに病院受診をすることをおすすめします。また、家族の命を守るためにも、家族に異変を感じた場合にすぐに対応ができるように、日頃から体調に目をくばっておく必要があるでしょう。また、この病気を防ぐためには、日頃から自分の健康に気をつけておく必要があります。上記でもお話しさせていただいたように、食生活は十分気をつける必要があります。塩分を摂りすぎないように、外食は控えて、自炊をすることをおすすめします。また、お酒が好きな方は、飲酒する量にも気をつけてください。大量に摂取してしまうと、リスクが高まります。また、喫煙も同じことです。一度喫煙を初めてしまうと、禁煙することは簡単ではないと思いますが、今は医療機関などで相談できることもあります。喫煙は、様々な病気のリスクを高めるものだと言うことを忘れないでください。また、ストレスを溜めない生活を心がけましょう。そのためには、発散できるように自分の趣味を見つけることも大切です。ストレスを感じる生活をしている方は、まずは自分自身と向き合うことが大切です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?くも膜下出血は、命の危険もある恐ろしい病気です。まずは予防することを心がけましょう。また自分の体のことを一番わかるのは自分自身です。日頃から気をつけるようにしてください。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

くも膜下出血てどうなるの?前兆は?原因は?
 
高次脳機能障害ってどうなるの?症状は?原因は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら