臨床検査技師の就職はどんなのがあるの?就職場所は?探し方は?

臨床検査技師はかなり専門性の高い職種ですが、実際どのような就職先があるのかあまり知られていません。臨床検査技師が希望の職場を見つけて就職するにはどのようなことに気をつけたら良いのか、手順やポイントをまとめました。

 

臨床検査技師の就職

臨床検査技師として就職するには

臨床検査技師として就職するには指定を受けた養成課程終了と国家試験合格が最低条件になります。多くの人が学校の卒業とともに就職しますが学校での就職活動中にこの条件は揃っていません。学生は学校の卒業(養成課程の終了)と国家試験の合格を目指しながらの就職活動になります。この最低条件をクリアしなければせっかく内定をいただいても臨床検査技師として就職することはできなくなってしまいます。

臨床検査技師の仕事

臨床検査技師の仕事は医療に関する各種検査が主となります。具体的には血液、尿、骨髄などの体液中の物質の測定、がん細胞の検査などの検体検査と心電図や脳波、聴力などの働きを測定する生理学的検査があります。単独で業務に当たる仕事ではなく、医師の指示の元または検査結果を医療チームで検討して病気の発見や健康状態の評価を行います。

臨床検査技師の就職状況

現在様々な検査機器が開発され臨床検査技師を必要としない検査が増えてきています。求人はやや下降気味とも言われていますが機械でできないこともたくさんあります。医療の現場ではチーム医療の考えが広まり、医師や看護師等との情報共有や連携など円滑なコミュニケーションが求められています。

臨床検査技師の就職場所

病院

病院といっても規模によって業務に大きな違いが出てきます。総合病院のような大きな病院は設備が整い様々な症例の人が利用します。手術や精密な検査など幅広い業務に関わる機会も多くなります。病院の規模が小さくなるほど基本的な検査や使える機器も限られやすくなります。

検査センター

検査機器を持たない病院や自施設では検査できないものに関して検査の代行をする企業です。検査の範囲は企業の規模や運営方針によりますが基本的な検査の他に遺伝子検査や病理検査、微生物検査などを行うこともあります。

健診センター

健康診断を行う医療機関や部署のことで、健康診断に必要な各種検査を行います。臨床検査技師は健康診断に必要な血液、尿・便、心電図等必要な臨床検査の実施を行います。

血液センター

安全な輸血用血液の確保(採血)、検査、精製、供給を行います。臨床検査技師は安全で有効な血液確保のために血液中の病気(HIV等)や血液型等の検査を行います。

医療機器メーカー

医療に関する検査や手術等に関する機器を開発、販売する企業です。臨床検査技師としての医療的知識や技術を活かした開発や販売等が主な業務となります。治療や予防のための検査を行う病院や検査機関とは異なり商品を売るというビジネス的な視点が強くなります。

製薬メーカー

医薬品や健康補助食品等の開発や販売を行う企業です。臨床検査技師としての医療的知識や技術を活かした開発や販売等が主な業務となります。治療や予防のための検査を行う病院や検査機関とは異なり商品を売るというビジネス的な視点が強くなります。

治験施設支援機関(SMO)

新薬や健康補助食品を開発する際に病院での治験業務を支援する企業です。医薬品開発業務受託機関(CRO)と似ていますが、大きな違いは治験施設支援機関(SMO)の臨床検査技師は実際に治験を行う施設での検査方法や臨床検査データをまとめたりします。立場としては病院側の視点で業務を行います。

医薬品開発業務受託機関(CRO)

製薬メーカーなどの依頼を受けて新薬等開発の臨床検査を行う企業です。治験施設支援機関(SMO)と似ていますが、医薬品開発業務受託機関(CRO)は新薬等開発・販売に必要なデータの収集、治験の実施や依頼を行います。治験施設支援機関(SMO)が実際の治験施設を支援するのに対して、医薬品開発業務受託機関(CRO)は製薬メーカーなどが新薬を開発・販売することを支援します。

臨床検査技師の就職の探し方

方向性を決める

臨床検査技師の仕事は就職先によって大きく変わってきます。病院などでの検査は実際に患者と接する機会もあり具体的な症例や治療などに関わることができます。各種検査機関は検査業務が中心になり業態によっては検体とデータ中心、反復的な作業の繰り返しという場合もあります。患者や症例との関わりは少なくなりますが、その分野の知識は深くなります。製薬や医療機器メーカーでは検査技術や治療に関わる機会は少なくなりますが新たな技術や製品の開発、販売に関わることができます。将来どのような仕事をしたいのか、どのような臨床検査技師になりたいのかによって進む方向性を決めます。

学校の就職実績を確認

入学前であれば学校を選ぶ際に各学校の卒業生の就職実績を確認しましょう。学校によって病院や企業とのつながりがあるので得意とする就職先の特徴があります。将来の方向性が決まっていればできるだけその方面への就職率が高い学校の方が就職に有利となります。

学校に来ている求人を確認

時期になると各学校に病院や企業等から求人がきます。学校に直接求人が来るということはある程度その学校に信頼やつながりがあるということになります。何のつながりもないところよりも就職時に有利となりますのでまずは学校に来ている求人を確認します。その中で希望となる条件に合う就職先をチェックしておきます。

いろいろなツールで求人を確認

学校に来ていない求人の中にも希望に添う好条件な求人が見つかることもあります。また社会一般的な求人の基準を知ることにもつながります。最近ではスマホアプリや広告、タウン誌などでも求人を知ることができます。学校に来ている求人だけではなくできるだけ広い視野で情報を集めます。

合同就職説明会に参加

学校の内外での求人を確認したら合同就職説明会を行っていないか調べます。希望の就職先が見つからず漠然としていても合同説明会で具体的に話を聞くことで希望の就職先に巡り会えたり、選ぶ基準の参考になったりします。合同説明会は各企業や病院・施設の人事関連の人が来ることが多く、就職先とのつながりを作るチャンスでもあります。

学校の就職課に相談

専門学校や大学等には就職課等の名称で就職に関する情報や相談を受け付けている部署があります。どうしても進路がわからない場合や希望の就職先が見つからないとき相談に乗ってくれます。またある程度決まっていても相談をすることで違う視点に気づくこともあります。就職活動の支援も学費に含まれていますので遠慮せずに活用して大丈夫です。

臨床検査技師の就職の選び方のポイント

見学に行く

実際にその仕事風景を見に行くというのは難しい場合もありますが、可能であればできるだけ見学に行くといろいろな情報を得ることができます。仕事は業務の内容だけではなく働いている人や雰囲気、運営の方針や理念も重要です。書面や話を聞くだけではわからないこともたくさんあります。実際に足を運び肌で感じることで言葉や文字以上に得られるものがあります。

雰囲気をチェック

見学が可能であればその職場の雰囲気や人を良く見てみましょう。離職する原因の大半が仕事内容よりも人間関係や雰囲気が合わないという理由です。働いている人の表情、態度、全体の雰囲気はどうでしょうか。良い雰囲気とは笑ったり楽かったりすることだけではありません。前向きに仕事をしているかという点も重要です。翌年度からは自分もその中の一員として働くことを考えながら冷静に観察します。

キャリアアップの支援体制をチェック

社会に出ても勉強は続きます。働いていてもスキルアップしなければもしその職場を離れなくてはならなくなったときに困ります。社会人の多くが働いて経験を積むとともに様々な研修を受講したり資格を取得したりしてスキルアップしています。そういったスキルアップをどの程度サポートしてくれるのかは就職先によって大きく違います。具体的には、研修費用は自費か支給か、研修や資格取得の範囲はどのくらいか、研修は休日を使うのか勤務として行かせてくれるのかなどです。この教育支援体制が少ないと、思うようにスキルアップできないことにもつながりますのであらかじめ確認をしておきます。

待遇を確認

社会保険や休暇日数、交通費の支給、ボーナスの支給実績など当たり前のようですが職場によってかあり違いがあります。就職経験のない人は気づきにくい点ですが仕事をして生活する上でとても重要なことです。直接聞けることは説明会などで確認し、聞きにくいことは求人情報などで確認しておきましょう。待遇の例として他に制服支給の有無、財形貯蓄の有無や退職金制度の有無と内容、昇給や昇進制度などがあります。

まとめ

就職活動ではできるだけ多くの情報を集めておくことが大切です。働く職種、業態、会社の種類、環境や待遇などを多く知っていればそれだけ比較ができます。また広く知っていれば一般的な基準を知ることができ、自分の理想と現実の釣り合いをとることにもつながります。後悔しない就職活動のためにもできることはやっておきましょう。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

臨床検査技師の難易度ってどうなの?合格率、合格人数の推移は?

臨床検査技師で大学ってあるの?ランキングは?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら