理学療法士の就職はどんなのがあるの?就職場所は?探し方は?

理学療法士でやりがいのある仕事を目指す人が増えています。理学療法士は多分野で必要とされていて就職先にもいろいろな可能性があります。迷わない、あとで後悔しない就職先を選ぶにはどうしたらよいのでしょうか就職先の選び方や具体的なコツとポイントをまとめています。

 

理学療法士の就職

理学療法士として就職するには
理学療法士の資格を取得するためには文部科学大臣または都道府県知事が指定した教育養成施設で3年以上の課程を修了し理学療法士の国家試験に合格する必要があります。指定を受けた学校は3年制の専門学校、3年生の短期大学、4年制の大学などがあります。まずは学校を選び、卒業と国家試験合格が最低限必要な条件になります。

理学療法士の仕事

理学療法士はADL(日常生活動作)の改善からQOL(生活の質)の向上を目指すことを目的としています。「中枢神経疾患」「整形外科疾患」「呼吸器疾患」「心疾患」「内的疾患」などの症状がある人に対して運動やマッサージなど理学療法を用いて治療や予防を行います。具体的にはケガをした人の運動機能や生活機能を回復するためのリハビリ、年齢・障害などによる機能低下の予防、スポーツや日常動作中の怪我の予防やリハビリ・トレーニングの指導などを行います。

実際の職場での仕事

どの職種もそうですが、専門分野だけが仕事ではありません。手続きや書類の作成、他分野の知識も必要になります。就職先によっては理学療法士の専門的見解は求められますが事務や手続きの仕事の方が多い場合もあります。これは理学療法という技術と知識をどのように活用する職場なのかということで変わってきます。

 

理学療法士の就職場所

医療施設

一般の病院、診療所、精神科病院、リハビリ専門病院などの医療機関での就職があります。対象となるのは各医療機関に通院、入院している人のリハビリや治療を行います。医療機関という職業柄から医学的な立場からの関わりや治療を行う傾向があります。病院によって老人から若者、子供、障害の有無にかかわらず幅広い患者が想定されます。

福祉施設

老人介護保険施設や障害者福祉施設、他介護保険のリハビリ系サービスを提供する事業所などへの就職があります。基本的には医療機関での治療と同じような仕事になりますが、福祉施設は治療より生活を重視する傾向があります。また福祉サービスは利用される人が限られていますので高齢者や障害者に特化した仕事とも言えます。

スポーツ関連

スポーツ関連の就職は幅広く明確な区分けはありません。スポーツ団体やダンサー・パフォーマ団体などの専属サポートチームやそういった関連と強いコネクションのある病院や診療所、治療院の他、ジムやフィットネスクラブなど理学療法士の資格と知識を活かして様々な就職先があります。

行政関連

保健所、地域包括支援センター、市役所、都道府県庁などでの就職があります。業務内容は一般事務やケアマネジメントのようなほかの職種の仕事も多くなりますが理学療法士としての見解や意見を求められます。また就職先によっては理学療法としての業務を専属して行う場合もありますが事業内容により異なります。

教育・研究施設

理学療法、運動療法、臨床療法等の研究所や理学療法士を養成する学校などへの就職があります。ここでの仕事は他の仕事と違い治療ではなく治療方法や指導・育成の研究や発展を目的とした仕事になります。

理学療法士の就職の探し方

入学前にすること

1.やりたいことを決める

?
理学療法士の知識はいろいろなジャンルで活かすことができます。代表的なのは病院や福祉施設でのリハビリや生活の支援ですが、スポーツや体を動かす人たちへのケガの予防、トレーニング指導、理学療法の知識を活かした公的機関、教育・研究分野など多種多様な働き方があります。まずは理学療法士を通じてどのような仕事をしたいのかを明確にしておきましょう。

2.学校の就職実績を確認

やりたいことが決まったら次は学校を選びます。就職先を個人的に探すことも可能ですが、学校によって病院や企業とのつながりがあり、求人数や就職にも影響してきます。例えばスポーツ分野で就職をしたい場合はスポーツ分野への就職実績やつながりのある学校を選ぶことはメリットがあります。過去の実績やその方面への就職を前提としているため希望の就職先が見つかりやすくなります。

すでに入学している人

1.進路の方向性を確認

入学前同様に自分が理学療法士としてやりたい職種を明確にします。まずはやりたいこと、方向性が定まっていないと面接などでもあやふやな回答になりやすく就職も決まりにくくなってしまいます。医療・福祉系、スポーツ系、研究・教育系、行政等相談系など大まかでも良いのでその特徴を知り方向性を決めます。

2・学校に来ている求人を確認

一般的に各企業、病院等から学校へ求人案内がきます。自分が就職したい方向性が決まったらまずは学校に来ている求人を確認しましょう。学校に直接求人が来ているといことは求人を出している方もその学校に信頼があるので就職には有利です。

3.いろいろなツールで求人を確認

?
スマホアプリや広告、タウン誌などでも求人を知ることができます。学校に来る求人以外の世間一般の求人状況を知っておくと選択の幅が広がり選ぶ際の基準にもなり、こうしたツールの検索で意外な就職先を発見することもあります。

4.合同就職説明会に参加

合同就職説明会は各企業や病院・施設の人事部が来て説明や相談を受けてくれます。各就職先の仕事内容や特徴を具体的に聞けるだけではなくその職場の人事職とのつながりを作るチャンスでもあります。
5.学校の相談機関を活用
多くの卒業生が初めての就職となります。学校の相談機関で相談することは分からない点を聞いたりするだけではなくいろいろな視点や考え方に気づくこともあります。学校が行っている就職支援も学費に含まれています。使えるものはどんどん利用しましょう。

理学療法士の就職の選び方のポイント

見学に行く

就職先を選ぶにあたって、その職場の理念や運営方針を知ることも重要ですが同時に実際の職場を見学することも大切です。いくら格好の良いリネンや方針を掲げていても全然現場に活かされていないこともあります。就職活動で現場を見せて欲しいというのはなかなか言いにくいこともありますが、できれば実際の職場を見て肌でいろいろなことを感じることが大切です。

雰囲気をチェック

職場の見学が可能であれば、その雰囲気を確認しましょう。働いている人、患者さん、お客様はどのような表情でしょうか。明るく元気に楽しそうでしょうか。笑顔がほとんどなくピリピリしていたり、働いている人が笑っていても患者さんやお客さんが暗い表情をしていたりする場合は何かがうまくいっていないのかもしれません。就職するということは自分もその人たちの中に入って同じように働くということです。全てが希望通りの職場というのも難しいですが、複数の職場を見学しその中で自分に合っているものを選ぶというのも選び方の一つです。

教育体勢をチェック

学校を出て就職しても勉強は続きます。どの職場でもさまざまな能力と成長が要求されます。もちろん勉強は自分で行うことが基本ですが、就職先がそれをどのようにサポートしてくれるのかというのは働く上でも重要になってきます。例えば能力向上のために必要な研修に行くのに自費なのか補助があるのか、勤務として研修に行かせてくれるところもあれば休日を削っていかなければいけないところもあります。こうした体制を知ることでその職場が職員をどのように成長させたいか、どのように扱っているのかを知ることにもなりますので確認しておきましょう。

待遇を確認

社会保険や休暇日数、交通費の支給、ボーナスの支給実績など当たり前のようですが職場によってかあり違いがあります。就職経験のない人は気づきにくい点ですが仕事をして生活する上でとても重要なことです。直接聞けることは説明会などで確認し、聞きにくいことは求人情報などで確認しておきましょう。待遇の例として他に制服支給の有無、財形貯蓄の有無や退職金制度の有無と内容、昇給や昇進制度などがあります。

まとめ

理学療法士はリハビリや治療だけではなくいろいろな分野で必要とされている資格です。どのような就職先があるのかがわかったら方向性を決めてしっかり情報を集めましょう。できるだけ情報を集めて選択肢を増やすことで、選ぶ基準や後悔しない就職活動につながっていきます。

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら