臨床心理士は通信でも取得できる?通信がある大学は?

young-man-on-reception-psychologist

臨床心理士は医療や保健、福祉、司法なさまざまな分野で活躍しています。日本では心理分野において明確な資格が確立されておらず、心理カウンセラー、サイコセラピストなどいろいろ呼ばれています。その中で「臨床心理士」を取得するにはどうしたら良いのか、通信教育でも取得が可能なのか説明していきます。臨床心理士を目指している方はぜひ参考にしてください。

臨床心理士とは

臨床心理士とは「臨床心理学」に基づいて心の問題に取り組む専門家です。具体的には公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が実施する試験に合格し、認定を受けることで取得できる資格です。心理カウンセラーが必ずしも臨床心理士の資格を取得しているわけではありません。臨床心理士の活躍の場としては、多岐にわたります。

医療・保険分野

小児科、心療内科、緩和ケア、高齢者医療などで患者本人や家族の心理相談などを行っています。主に病院、診療所、福祉センター、保健所、保健センターなどで働いています。

教育分野

学校では集団行動が難しい生徒や保護者の心理相談や教育センターで適応指導などを行っています。主に小学校、中学校、高等学校や教育委員会などでスクールカウンセラーや教育相談員として働いています。

福祉分野

発達や子育て相談、虐待についての相談、障害を持った子どもの療育相談などを行っています。主に児童相談所、児童養護施設や障害関連施設、女性関係施設などを行っています。

大学・研究分野

臨床心理学の研究や養成を行ったり、学生相談室などで心理相談を行っています。主に大学や専門学校、研究所や大学付属臨床心理センターなどで働いています。

司法・法務・警察分野

家庭裁判所では少年事件や離婚訴訟の調査官として関わったり、受刑者のカウンセリングなどを行っています。主に家庭裁判所、少年院や刑務所、科学捜査研究所などで働いています。

産業・労働分野

職場のメンタルヘルス対策などを行っています。主に企業内健康管理センター、公共職業安定所、障害センターなどで働いています。

私設心理相談

個人や組織で運営している心理相談機関です。さまざまな悩みに対応して課題解決に向けてカウンセリングを行います。

臨床心理士を取得するには

臨床心理士の資格を取得するには、受験資格が必要になります。

一般的な方法としては日本臨床心理士資格認定協会が指定する大学院を修了する形が多いです。大学院を受験するためには、四年制大学を卒業していなければ受験することができません。四年制大学の卒業は通学過程、通信課程どちらでも可能です。指定大学院は、大学院を修了してすぐに受験が可能な第一種と大学院を修了後、1年以上の実務経験を経て受験可能な第二種があります。

四年制大学を卒業後、第一種または第二種の指定大学院を修了後、実務経験が必要な場合は実務経験を経て日本臨床心理士資格認定協会が行う筆記・口頭試験に合格して臨床心理士の資格を取得することができます。
臨床心理士の資格取得後も5年ごとに資格更新審査が行われ、研修や研究が義務つけられています。

 

臨床心理士を通信での取得

臨床心理士の受験資格を取得することができる通信課程のある大学院の修士課程を修了すれば可能です。残念ながら国立大学院では臨床心理士の受験資格を通信課程で取得するできるところはありません。
私立大学院では臨床心理士の受験資格を得ることができる第一種大学院は全体で116校あり、そのうち、通信課程のある大学院は下記の4校になります。

通信がある大学

●東京福祉大学大学院(群馬キャンパス)
●人間総合科学大学大学院(さいたま市)
●佛教大学大学院(京都市)
●吉備国際大学大学院(岡山県)

基本は通信課程で勉強することになりますが、どの大学院も1年間で平均10日間程のスクーリング授業があります。通信課程の大学院は3年間学ぶことになるため、3年間で合計30日程度は対面での授業が行われています。その他、大学院によって実習を重視する場合は必要に応じて大学院に直接通うわけではないが、実際、臨床心理士が働いている現場で学習する期間も設けています。
放送大学大学院は第二種指定大学院となっています。臨床心理学プログラムを修了し、1年以上の心理臨床実務経験を経て臨床心理士の受験資格を取得することができます。
したがって第一種大学院、第二種大学院ともに通信課程があり、所定の単位を修了すると臨床心理士の受験資格を取得することができます。

 

臨床心理士を通信で取得する際の注意点

臨床心理士を取得するためには通信であれ、通学であれ、四年制大学を卒業し、指定大学院を修了して日本心理士資格認定協会資格試験の受験資格を得て、その試験に合格することが必要です。
指定大学院には卒業後すぐに受験資格が得られる「第一種指定校」と卒業後一定の経験を経て受験資格が得られる「第二種指定校」があります。そのため目指す大学院がどちらに属しているのかを知っておかないと卒業後すぐに受験することができない場合もあります。
また大学院に通う期間が異なります。通学課程であれば2年間で履修可能であっても通信課程の場合は3年間の履修が必要など同じことを勉強するにしても期間が長くなります。
通信課程であっても1年に数日間はスクーリング授業を受ける必要があります。現場での実習も行われます。学校によっても日数が異なりますが送られてきた教材のみの勉強だけで終わりません。仕事をしながら資格取得を目指す場合、数日間でも決められた期間にまとまった休みが取得できるかも気をつけておく必要があります。
費用面では通学課程に比べると通信課程の大学院のほうが安いですが、通学課程2年に対して通信課程は3年通う形になりますので確認は必要です。

まとめ

人は社会の中で目に見えないプレッシャーと闘いながら日々生活しています。このような複雑な社会の中で自分と社会とのバランスが保てれば良いですが、うまくいかないことも多いでしょう。心と身体のバランスが崩れてしまった場合、また崩れる前に手を差し伸べられるのが臨床心理士です。小中学校でも臨床心理士がスクールカウンセラーとして活躍しています。ストレスの多い現代社会において心の病に罹る人も少なくありません。臨床心理士は心に病を抱えた人たちの救世主といえるでしょう。通信教育の大学院を修了して受験資格を得ることにより臨床心理士は取得できます。ぜひ通信教育で臨床心理士を目指してがんばってください。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

臨床心理士での指定大学院って何?一覧は?学費と難易度は?

臨床心理士とはどんな仕事?年収、給与は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら