薬局で買った医薬品は医療費控除になるの?注意点は?

pexels-photo-143654-e1502995851953

医療費控除とは、年間でかかった医療費が多い方のために、医療費を税金から控除してくれるためのものです。
しかし、誰しもが対象になるわけではなく、自分や自分の家族の医療費が年間10万円を超える場合に申請をすることができます。実際に申請をしたことがある方は、申請方法や条件を知っている方もいるかと思いますが、意外に知らない方も多いのではないでしょうか?

今回は、医療費控除の中の、医薬品の部分についてご紹介していきたいと思います。

薬局で買った医薬品の区分

では最初に、医薬品の区分についてご紹介していきたいと思います。まず、薬局、ドラックストアで購入できる薬はいくつかの種類に分けることが出来ます。

① 要指導医薬品

まず、要指導医薬品と呼ばれる薬です。この薬は、名称どおり薬局にいる薬剤師の指導がなければ購入することが出来ません。そのため、薬局やドラックストアに出向いでも、簡単には手に届かない場所に保管されています。普通に購入することの出来る薬品に比べて、強いタイプの薬品が多く見られるため、購入を検討される際は薬剤師に相談をする必要があります。主にお店のカウンターに置いてあります。

② 一般用医薬品

この一般用医薬品と呼ばれるものは、大きく3つの種類に分けることが出来ます。

⑴ 第1類医薬品

この医薬品は、薬を服用する際に起こる副作用などに特に注意する必要があります。そのため、こちらの薬品も気軽には購入出来ない場所にて販売がされており、購入する際には薬剤師に相談をする必要があります。

⑵ 第2類医薬品

こちらも服用による副作用に注意しなければならず、厚生労働大臣が指定するものになります。

⑶ 第3類医薬品

こちらは、上記の医薬品とは異なり、購入する際に薬剤師に声をかける必要はなく、すぐに手に取ることの出来る場所に保管されています。服用による副作用などは少ない場合が多いですが、もし疑問がある場合や助言が欲しい場合はすぐに相談すると良いでしょう。

 

薬局で買った医薬品の医療費控除

では、これらの薬局で購入する医薬品は、医療費控除の対象となるのでしょうか? 答えは、イエスになります。
自分や家族の病気を治療するための医薬品は、医療費控除の対象になるのです。例をあげると、風邪を治すための風邪薬、怪我を治すための絆創膏、消毒薬、鼻炎薬、捻挫などのための湿布などは対象になります。ここで注意していただきたいのは、薬局で買える薬であれば全てが対象になるという訳ではないということです。医療費控除の前提として、ここで指す医療費とは、自分や家族の怪我や病気を治療するためのお金になります。反対に言えば、目的がこのことに当てはまらない場合は、対象外になってしまうということです。健康のためのサプリメント、また美容目的のサプリメントなどの薬などは対象外になりますので、注意してください。これは、医薬品に限った話だけではありません。病院の通院目的に関しても、このことが当てはまります。例えば、歯医者へ通った際の費用にしても、その目的が美容のための歯列矯正などの場合に関しては当てはまりません。
また、病気や怪我のために病院などの医療機関に入院することになったとしても、自分の希望での差額のベッド代金や、医療機関に通院するためのものであっても、自分の自家用車を使用した際のガソリン代金なども、医療費控除の対象にはならないのです。この部分に関しては、きちんと線引きがされていますので、気になる方は事前に確認しておく必要があるでしょう。また、この医薬品に関しては、2017年に新しい制度も開始されています。セルフメディケーション税制と呼ばれている取り組みで、こちらは予防接種や健康診断などをきちんと行い、自分や自身の家族の健康に努めている方で、医薬品の購入金額が年間1万2000円を超えた際に所得控除を受けることが出来るのです。
しかし、ここでも注意しなければならないことがあり、このセルフメディケーション税制の対象となる薬品も、きちんと決められている点です。まず、対象となる医薬品には、必ずセルフメディケーション税制控除対象と表記がしてありますので、こちらが表記されている薬品のみが対象内となります。詳しくは厚生省のホームページに表記されています。また、購入した際には、レシートなどを必ず保管しておきます。

確定申告の時に、必要になりますので、注意してください。

注意点

では、この薬局で買う医薬品に関しての医療費控除で何を注意すれば良いのでしょうか?
セルフメディケーション税制の取り組みが始まったことによって、結局自分はどの控除を選択すべきなのか悩まれる方もいるかと思いますが、自分がどれくらい通院しているのか、また薬品を購入しているのかを把握することが出来れば、それ程難しいものではありません。
まず最初に、控除は医療費控除かセルフメディケーション税制の控除かを選ぶことが出来ます。医療費控除は、控除になるものの間口が広いです。例えば、病気や怪我を治療するための通院交通費、治療費、医師による診察費などが対象になりますが、セルフメディケーション税制に関しては医薬品の購入金額だけが対象になるのです。医療費控除の場合は、かかった医療費が1年間10万円と高額にはなりますが、そのぶん対象となる範囲は広くなりますので、自分は医薬品の部分に目を向ければ良いのか、それとも医療費全体に目を向けるべきなのかを自分で判断してください。

また、医薬品を購入した際のレシートや領収書は捨ててしまわずに必ず保管をしておいてください。以前までは確定申告の際に、この領収書やレシートを提出する必要がありました。今現在はその必要はなくなりましたが、そのかわりに明細書を提出する必要があります。また、きちんと保管することが義務付けられておりますので、くれぐれも注意してください。また、レシートや領収書には、きちんと薬品名が表示されているかも確認しておきましょう。上記でもお話しさせていただきましたが、薬局で購入することの出来る薬であれば、全てが医療費控除の対象になるという訳ではありません。今回ご紹介させていただいた、病気や怪我を治療するためのものが控除対象となりますので、この目的以外のものが混ざっていないか、確認しておきましょう。また、医療費控除の申請は毎年の確定申告の時に行わなくてはなりません。確定申告は、2月16日から3月15日の一ヶ月が期間です。

申告する方は忘れないようにしましょう。また、もし申告の時期に間に合わなかった場合、医療費控除は5年以内であれば申告することが出来ます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。確定申告、医療費控除と聞くと、難しい、わからない、めんどうと思われる方も多いようです。しかし、もし対象であれば、お金がかえってきます。また、今はわかりやすく説明がされた、書籍などもあります。生きている間人間は、皆病気や怪我をするのは当たり前のことであって、なかなか避けられないことです。セルフメディケーション税制でもありましたが、病気や怪我をする前に予防することも大切ではありますが、もし病気や怪我をしてしまった場合は、きちんと完治するまで治療を続けることが大切です。これを機に、医療費について考えてみてはいかがでしょうか。

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら