セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について教えて!

medicines-and-syringe

皆様は、医療費控除という言葉を聞いたことはありますでしょうか?医療費とは、私たちが病気になった時や怪我をした時などに必要になってくるお金です。いつでも健康な状態を保つことは望ましいことではありますが、人間されしもそうはいきません。生きている限り、病気や怪我はつきものになります。今回は、この医療費と関係深い、セルフメディケーション税制についてご紹介していきたいと思います。

 

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)とは

では実際に、このセルフメディケーション税制〈(医療費控除の特例)とはどういった制度のことを指すのでしょうか?
実はまだ新しい制度なために、ご存知ない方も多いかと思います。セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、2017年に始まった制度です。
もともと医療費控除では。1年間に医療費が合計10万円を超えた場合に税金が控除されていました。しかし、中には医療費はかかったけれど、医療費控除を受けられる程の金額には満たないような方も多かったのではないでしょうか?そのような状態の方が、病気などを予防するため、一部の医薬品を買った時に、その購入代金を控除してくれるものが、このセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)になります。しかし、当たり前のことではありますが、買った薬品全てがこの対象となるわけではありません。セルフメディケーション税制〈(医療費控除の特例)となる薬品には、パッケージに(セルフメディケーション税控除対象)というマークが表記されておりますので、購入する前に確認しなければなりません。また、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)を受けることの出来る条件として、所得制や住民税などの税金をきちんと納めていること、健康を維持するための健康診断、予防接種、がん検診などを受けていること、セルフメディケーション税制〈(医療費控除の特例)の対象となる薬品を、一世帯一年間に1万2000円を超えて購入していること。これらをクリアしていない場合は対象になりませんので注意が必要です。

 

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の対象商品

では実際に、どのような薬品がこの税制の対象となるのでしょうか?いくつかご紹介したいと思います。

① 販売元・ゼリア新薬工業株式会社

アシノンZ・アシノンZ錠・アポスティークリーム・エスビヤンAC・コンドロビーEX・コンドロビープラス・サフィオAC・ジクターAGなど

② 販売元・大正製薬株式会社

ダマリンL・ダマリンL液・ダマリンS・ダマリンS液・ダマリングランデ・ダマリングランデX・ダマリングランデX液・ダマリングランデアイススプレー・ダマリングランデパウダースプレー・ダマリングランデパウダースプレーDX・メディリートメディリートクリーム・パブロンL・パブロンS・パブロンN・パブロンSC錠・パブロンSせき止め・パブロンS錠など

③ 販売元・ジョンソン・エンド・ジョンソン

ニコレット・ニコレットアイスミント・ニコレットクールミント・ニコレットフルーティミントなど

④ 販売元・ロート製薬株式会社

ロートアルガードST鼻炎スプレー・ロートアルガードクリアブロックEXa・
ロートアルガードクリアブロックZ・ロートアルガードクリアマイルドZ・ロートアルガードクリアマイルドEX・ロートアルガードクリアマイルドZII・ロートクリア・メンソレータム カブレーナ・メンソレータム フレディCCクリーム・メンソレータム フレディCC膣錠・メンソレータム メディクイックH・ンソレータム メディクイックHゴールド・ンソレータム メディクイッククリームR・ンソレータム メディクイッククリームSなど

⑤ 販売元・小林製薬株式会社

ルキノンKB錠・ルキノンエースα・ルキノンエース錠EX・ルキノンせき止め液・ルキノンせき止め錠・ルキノンファースト・ルグナン錠VCなど

⑥ 販売元・東和製薬株式会社

サンコリスIDパップ・サンコリスID液・サンツールDFテープ・サンツールIDゲル・サンツールID液など

⑦ 販売元・エスエス製薬株式会社

新エスエスブロン錠エース・新エスタックイブエース・新エスタックイブエースカプセル・新エスタックイブエース顆粒・スキンセーフAPクリームなど

今回ご紹介させていただいた薬以外にも、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の対象商品として1000以上のも薬品が公表されています。気になった方は、厚生労働省のホームページから新しい薬品の一覧を閲覧することが出来ますので、調べてみてはいかがでしょうか?

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の申告方法

では、このセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)はどのようにして申告すればいいのでしょうか?まず、申告時には、上記でご紹介させていただいた、対象商品を購入したという証明が必要になります。難しいようですが、要はレシートがあれば可能です。しかし、薬品の名称・購入した金額・購入した薬品がセルフメディケーション税の対象であることが記してある・購入した店の名前・購入した日にちが表示されている必要がありますので、必ず確認するようにしましょう。また、そのほかに健康診断などを受けたことを証明する書類やセルフメディケーション税制の明細書が必要になります。この明細書には、実際にどのような薬品を購入したのか、また最後には支払った金額などの合計を打ち出しておく必要がありますので、忘れないようにしましょう。これらの必要書類を準備し、確定申告を行うことで申請は終了になります。

 

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の注意点

では、このセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)では、どのようなことに注意すべきなのでしょうか?まず、上記でも説明させていただきましたが、この税制には対象商品があります。もしこの税制を利用したい方は、自分の購入する薬品がこのセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の対象商品であるのかを、必ず確認するようにしましょう。また、大前提として、このセルフメディケーション税制は医療費控除と同時に行うことが出来ません。どちらを利用するかを自分自身で選ぶ必要があります。よく、どちらも利用することができると勘違いされている方もいますので、注意してください。医療費が大きくかかってしまい、年間で10万円を超えるようであれば医療費控除を、医療費自体はかからなくても、対象商品の薬品を多く購入される方であればセルフメディケーション税制を選択しましょう。また、最初の方でもお話しさせていただきましたが、この対象薬品を購入しているだけでも、この税制の対象にはなりません。健康診断を定期的に行っている必要や、予防接種を行い、自分や家族が病気の予防に努めていなければならないので、そのことも忘れないようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、まだ作られて新しい取り組みですので、わからないことが多い方や戸惑う方も多いかと思います。しかし、今は厚生省で詳しく紹介がされていることや、病院などの医療機関、インターネットでもどのような取り組みであるのかが紹介されていますので、ぜひ調べてみてください。

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら