宅老所ってどんなところ?役割は?

皆様は、宅老所という施設を知っていますか?
高齢化社会に伴い、様々な福祉施設が作られていますが、この宅老所もそのうちのひとつになります。では、どのような形態の施設なのでしょうか。老人ホームや通所介護施設は認知度が高い施設ですが、この宅老所は名前も知らない方もいることかと思います。

今回は、この宅老所にスポットを当ててご紹介したいと思います。

 

宅老所とは

では実際に、宅老所とはどのような施設なのでしょうか?
この施設は、高齢者の方のために福祉サービスを提供するための施設です。しかし、従来の老人ホームなどの福祉施設とは、大きく異なる点が存在します。この宅老所は、民間が福祉サービスを提供しているという点です。そのため、高齢者の方のための福祉施設と言っても、外観や雰囲気は老人ホームなどとは少し違い、もっと高齢者の方や地域に密着した作りになっています。また、建物も本来住居だったものを改修して造られていることもあります。特別養護老人ホームなどのような大規模の施設ではありませんので、少人数の高齢者にしっかりと福祉サービスを提供することが出来ます。
また、地域によっては高齢者だけではなく、小さな子ども達や支援が必要な方も受け入れている所もあります。施設によって、福祉サービスの提供も様々で、利用者の方に通ってもらう通所型のものもあれば、泊まることも可能な施設、共同で生活するのを援助してくれる施設など、様々です。

大規模な福祉施設に比べ、家庭的な雰囲気の中で福祉サービスを受けることができるのが特徴でしょう。しかし、きちんとした宅老所の定義というものは確立されてありません。

 

宅老所の役割とサービス内容

では、宅老所はどのような役割を持ち、どのようなサービスを提供しているのでしょうか?
まず、最初にお話させていただいたように、宅老所は大規模な施設ではありません。
それは一見デメリットのように見えるかもしれませんが、裏を返せばひとりひとりの利用者の方に細かいサービスが提供できるということになります。
また、老人ホームなどの施設に入所した高齢者の方の中には、住み慣れた自宅から出て生活しなければならないことに、寂しさや不安を感じる方も多くいらっしゃいます。その点この宅老所は住んでいた自宅とまでは行きませんが、自宅や家庭に近い雰囲気の中でサービスを受けることが出来ます。また、宅老所によっては、他の福祉施設と同じようなサービスを受けることが出来ます。入浴介護や食事提供、他の利用者の方とのレクリエーション活動や機能訓練などを行なってくれる所もあります。また、家庭の都合や緊急の場合に宿泊も可能な施設もあります。高齢者の中には、自宅に閉じこもりがちになる方も少なくありません。

しかし、それでは家族以外の方と交流することが出来ず、生活の楽しみを見つけることが出来なくなってしまいます。そのような状態になることを防ぎ、たくさんの方との交流を楽しみ、また自分の生きがいを見つけるといった役割も担っています。

宅老所の料金と基準

宅老所の施設特徴の一つに、他の福祉施設とは異なり、統一されている定義が存在しないというものがあります。そのため、その施設によって、料金は大きく変わってきます。もし、入所を考えている施設がある場合は、対象の施設の資料を集めて事前に見学などを行い、詳しい説明を受けて考えていく必要があるでしょう。その時に、自分はどのような施設を探しているのか、どのような介護をされていきたいのかを、出来るだけ明確に伝えておきます。そうすることで、実際に施設に通うことになった時や泊まることになった時に、ギャップや不満が少なくなるでしょう。また、上記でもお話しさせていただいたように、宅老所には明確な定義がありません。そのために、施設内のスタッフ人数の基準や、整備的な基準はありません。施設運営が、施設の利用者、環境、どのような施設、雰囲気を望まれているのかを把握し、決定していきます。一例を紹介しておきますと、ある宅老所は入居費用はかかりませんが、月額10万円から12、3万円料金がかかってきます。ショートステイにも対応している施設や、看護方面のケアも充実している施設もありますので、自分や家族のニーズに合わせて施設を決定していくと良いでしょう。

宅老所と介護保険

では、この宅老所は介護保険の利用できるのでしょうか?宅老所は、今のような数多くの施設が建てられていく前に、民家などを改修し、地域の介護者や看護師のもと始まったと言われております。今は、介護保険の適用を受けている施設と、受けていない施設の二つがあります。また、最近はその二つを併用させている施設も存在します。そのため、介護保険利用での入所を考えている方は、事前にしっかりと確認をしておく必要があります。老人ホームなどはその施設の良さとして、24時間体制でプロの介護を受けることができるという点があります。対してこの宅老所は、スタッフや利用者はとても小規模なものにはなりますが、地域に密着しているために住み慣れた場所で介護を受けることが出来るという利点があります。利用者の数もそれほど多くはないため、きめ細やかな介護や看護サービスを受けることが出来るでしょう。まずは自分の住んでいる地域にはどのような施設があるのか、調べてみてはいかがでしょうか。

 

注意点

ではこの宅老所には、どのような注意点があるのでしょうか。まず、老人ホームなどの大規模な福祉施設に比べ、認知度が低いという点が挙げられます。自分や家族が介護が必要になった際に、老人ホームなどの施設は比較的選択肢としてあがりやすいものではありますが、対してこの宅老所は選択肢の中に入りにくいのが現状です。介護保険が適用されない施設があるということも、もちろん理由の一つではありますが、そもそも宅老所という施設を知らないという方も多いのです。まずは、自分で選択肢を絞るのではなく、福祉従事者に助言をもらいながら、どのような施設が存在しているのかを調べてみてはいかがでしょうか?また、上記で何度かご紹介させていただいているように、この施設は地域に密着した、小規模の施設であることが多いです。それはもちろん、ゆっくりと介護を受けたい、ゆっくりと生活をしたい方にとっては大きなメリットとなりますが、例えば重度の介護の方などにとってはデメリットとなってしまい、場合によっては施設側から受け入れられない可能性があります。このことを十分念頭に置いて、施設探しを行なってください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
宅老所という言葉を、この記事で初めて知った方もいるかと思います。
この宅老所は、何より利用者との触れ合いを大切にしている施設でもあります。少人数で、ゆっくりとお話しを楽しんだり、レクリエーションを行なったり、ご飯を食べたり介護を提供されたりと、自分の住み慣れた地域でこのようなサービスを受けることが出来るという点が、最大の特徴であると言えます。

もし興味を持った方がいらっしゃいましたら、自分の地域にはどのような施設があるのか、調べてみてはいかがでしょうか。そして自分や家族が、福祉施設が必要になった際に、選択肢の一つとなれば良いと思います。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

老人福祉施設ってどんなのがあるの?種類は?

地域密着型介護老人福祉施設ってどんな役割?サービス内容は?料金は?

介護の専門学校はどんなことを勉強するの?志望動機は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら