軽費老人ホームって何?対象者は?費用は?

高齢化社会に対応すべく、私たちの周りにはたくさんの老人ホームやケアハウスなどが存在しています。家族や知人に高齢者の方がいる人は、どんな施設があって、どのようなケアをしているのかだいたいご存知かと思います。老人ホームと呼ばれる施設は、実は様々な種類があり、利用者とその家族は自分たちの環境にあった施設を選択していくことになります。今回は、たくさんある施設のうちの、軽費老人ホームについてご紹介していきたいと思います。

 

軽費老人ホームとは

では実際に、軽費老人ホームとはどのような施設なのでしょうか?軽費老人ホームとは、別名「ケアハウス」というような呼ばれ方をしています。また。その種類は大きく分けて3種類あり、①軽費老人ホームA型②軽費老人ホームB型③ケアハウス(軽費老人ホームC型)に分けることが出来ます。ケアハウスという名前の通りに、この施設の目的としては、60歳以上の高齢者の方で、何らかの事情があり日常生活において誰かの手助けが必要な方が入所できる施設です。また、自分以外に家族がおらず介護が望めない方、家庭での介護を受けることが困難な方、身体的に自分一人での自立した生活が出来ない方が、この施設の名前の通り、比較的低額な料金で入所することが出来ます。家族がいる方は、場合によってはショートステイやデイサービスなどを利用しつつ自宅での介護が可能な場合があります。しかし、高齢者の方の環境によっては、難しい場合もあるのです。また、今は身寄りのない高齢者の方も少なくありません。また、金銭面でも厳しい環境におかれている方もいます。そのような問題を抱えた方のための福祉施設の一つになります。

 

軽費老人ホームの対象者と費用

ではこの軽費老人ホームは、どのような方を対象としており、またどれくらいの金額がかかってくるものなのでしょうか?上記でお話しさせていただいた、種類別にご紹介させていただこうと思います。

① 軽費老人ホームA型

この施設は、原則として60歳以上の方が対象となります。家庭環境において、身体的な理由や経済的な理由があり自宅での生活が厳しい方が対象になります。また、ここでは介護サービスを受けながら自立した生活を送ることが目標となります。食事の提供も含まれます。

② 軽費老人ホームB型

こちらの対象者は、基本的にはA型とあまり変わりません。ただし、こちらでは食事の提供はないため、自炊をしてもらう必要があります。その分費用を抑えることは出来ますが、ある程度自立度は高い状態である必要があります。

③ 軽費老人ホームC型(ケアハウス)

このケアハウスとも呼ばれるC型は2種類あり、介護型と自立型と別れています。介護型とは、その名前の通り介護サービスを受けることが出来ます。このケアハウスと上記のA型、B型の大きな違いはここで、上記のA型B型は基本的には自分で生活できる能力のある方が対象となっているのに対して、このケアハウスは介護度が高い状態であっても入居できる可能性があります。細かい規定位ついては施設によって若干異なりますので、事前に問い合わせておく必要があるでしょう。
では次に、費用面について見ていきたいと思います。
まず、3つの施設とも入所する際に一時金が必要になりますので注意が必要です。この金額は施設によって異なりますが、数十万程度かと思われます。また、月々にかかる金額ですが、だいたい軽費老人ホームA型が5万円から15、6万円程度。軽費老人ホームB型が、A型と比較するとぐっと下がり、だいたい5万円前後になります。この大きな違いとしては、A型は食事の提供があるために食費の代金がかかってくるという点です。最後にC型、ケアハウスですが、だいたい5万円から20万円前後だと言われています。この金額は、上記でお話しさせていただいたように、介護型か自立型かで金額に差が出てきます。介護型は常に介護スタッフがいますので、その分費用もかかってくるでしょう。

 

軽費老人ホームのメリット、デメリット

ではこの軽費老人ホームには、どのようなメリットやデメリットが存在するのでしょうか?

メリット

まずメリットは、高齢者の方の中には家族がいない方、家族の介護が受けられない方など、様々な問題を抱えた方がたくさんいらっしゃいます。また、金銭面に不安がある方も少なくありません。軽費老人ホームは、そのような問題を抱えた方に対し、比較的低い金額で福祉サービスを提供しています。これは、この軽費老人ホームの最大のメリットと言えます。

デメリット

しかし、一方デメリットにもなってしまうのです。どういうことかと言うと、この軽費老人ホームA型、B型は、家族の手助けが得ることの出来ないことと、収入が少ない方が対象になります。反対に言えば、ある程度収入がある方や、家族からの介護が望める方、一緒に生活が出来る方は対象外になってしまうということです。また、A型、B型はある程度の自立が出来ることが条件となっていますので、介護度の高い方は入所することが出来ません。また、入所中に介護度が高くなった場合は、退所しなければならない場合もありえます。まず、福祉施設の利用を考える際は、今の自分や家族がおかれた環境では、どのような施設を選択すべきなのか相談しておく必要があるでしょう。また、介護度が高くなればなるほど、かかる費用は大きくなっていきます。軽費老人ホームの一番のメリットである費用面が、どんどん高くなってしまう場合があるのです。また、施設によって提供されるサービスが異なる場合もありますので、もし利用を検討される際は、しっかりと確認しておいてください。今の施設は、ほとんどのところが見学可能になっています。

自分たちの意見だけではなく、高齢者の方と一緒に考えながら施設を選択してください。見学では、その施設の雰囲気や施設の設備、スタッフの様子などを知ることが出来ます。高齢者の方ときちんとコミュニケーションをとりながら決める必要があるでしょう。

軽費老人ホームと介護保険

この軽費老人ホームの中には、特定施設入居者生活介護の指定を受けて介護サービスを提供している施設もあります。
では、この特定施設入居者生活介護とはどのようなものなのでしょうか?
これは、高齢者の方や対象者の方が、自分らしい生活を送ることができるように、この指定を受けている施設が食事サービス、入浴サービス、また身体訓練などのサービスを提供することです。
また、利用者の状態によっては、介護保険での在宅介護サービスを外部より受けられる場合もあります。この指定を受けていることで、高齢者の方が介護が必要になった場合でも、施設で生活することが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
このように、福祉施設や老人ホーム、また福祉サービスは、私たちが思っているよりもたくさん存在しています。しかし、ほとんどの方は、自分や自分の家族がそのサービスを利用する機会にならなければ、どのようなサービスや施設があるのかを知らない方も多いのではないでしょうか?いざ必要になった時に、最初にある程度知識があれば、選択肢は増えていきます。

もちろん、地域施設やケアマネジャーに相談することもできますが、いずれ必ず必要になることです。事前に調べておくことも大切なのではないでしょうか。

介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス?

会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】
そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します!

空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら!

jojoschatbanner

関連記事

老人ホームの料金について教えて!各種類では?介護保険は?

老人ホーム、介護施設について教えて!種類は?特徴は?

介護相談の相手をして報酬がもらえる!

介護に困っている働いている人向けの介護相談、マッチングアプリ【JOJOS】 相談に乗るだけで報酬がもらえるので空いてる時間で自分のスキルを活用できます。

登録はこちら